--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2009’10.04・Sun

気になること。

相変わらずグダグダな日々を送っています。

最近はBLを買っても特に小説を読む気がしないんですけど・・・重症かな~。
漫画はさらっと読むんですが、どうもどれを読んでも何だか・・・。
BLってばさ~飽和状態がさらに進んできて、なんだかいけませんな~。
こんなふうに思うのは私だけなのでしょうか。

それにこの頃は、昔の新書版の小説版が多い印象もあったりでね。
文庫版になって書き下ろしあり・・・ってのが定番だしな~でももう一冊っていうには経済状況的にも、心情的にも、相当気に入った話でないと無理ですね・・・。


そんな中、「間の楔」。
徳間のChara文庫版はまた買っていたりするんですが・・・なんというか、3回目の書籍化(ハードカバー→クリスタル文庫→Chara文庫)で全部持ってたりしますが、本当に最後にして欲しいよね。
でもさ、中身がちょいちょい違うし、キャラの印象がかなり変わってきた。
それがいいのか悪いのかは置いておき・・・。

比べて読んだり熟読しているわけではないのですけれども。
今回のリキの扱い(?)というか、リキのセクシャルなところの表現に「え?」と思ったことが・・・多々。
特に2巻辺り?だったかどこかで、リキってば最後までを(こういう書き方はどうかと思うが)はガイと・・・してなかったりした?んだな?あれ?
あれれ??
リキってバリバリ誘いうけで、と言うイメージが凄い先行していたから、思わず二度見した。
やっぱりB的な快楽しか知らなかったの?みたいな感じにしか読み取れなくて。
「マジ?」
「ヲイ」
「!んぎゃ~」
とか心の中で喚いたんですよね。
え?じゃあ、ちょ待て、もしかしなくてあの~イアソンさんが・・・?
お初?
わ~~!!
うっそ!
読んでたところが、子どものスイミング中の待合室だったものですから、他のお母さんいっぱいで。
思わず何だか罪悪感にかられ、ばっと本を閉じた・・・。
それ以降、↑は間違いではなかったのだろうかと確かめようと思って開くんですが、どこだったのやら・・・。
いや、はっきりさせない方が私としては、いいのではないかと思いつつも、気になる。
最近4巻も出たし、もう一回確認がてら・・・読むかな~。
でも、あんだけ(性的には)スレてる人間の多いスラムっていう舞台設定とか煽りが基本にあって。
でさ・・・リキってば・・・マジか?
どんだけ姫?どんな女王様っぷり?いや~わかってたけど。
ガイ偉いわっ。

・・・・・・・・・・・やっぱり見間違いかな。
最近どうにも気になっていることでございました。

(ぴかり)
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie漫画・小説の感想
Genreアニメ・コミック Themeボーイズラブ

2009’05.26・Tue

仕入れてきた!!

先週末、そして今週末の方もいるとは思いますが。
父兄の皆さん、運動会乙、その後発生する代休も乙。
あ~春の一大行事が終わってやっとこさ、ほっ。
そしてあっという間に夏祭り準備に(泣)・・・今年は去年より出張らないといかんポジション。
ショボーン・・・。


さて、そんなこんなでバタバタしていたので今日は気晴らしを兼ね、久しぶりに大型書店に行ってまとめ買い!!
ちょっと満足。
BLやら少女漫画やら少年漫画やら仕入れ・・・!
20090526215013

なんで一言感想的なものを。

・「DOLLS⑦」&「鵺射」(naked ape)
作者が一緒なんでこういう企画も出来るんでしょうが・・・。
まず本の中身より帯!帯の「全プレCD応募券」的な告知に目が行ってしまって・・・ダメだ私。
本屋で「ナニ~!?」と言ってしまったよ。
声フェチなもんでそっちが気になって仕方ない。愛しの人もキャスティングされてるしね~。
で、肝心の本編の方は。
「鵺射」・・・これ続きがあるんだろうな?あ?という感じで終わってしまったので不消化・・・なんですが、兄弟設定は好き。この方々の描くお話は退廃的なのでね。今後破滅に向かいそうだけども・・・。
「DOLLS」・・・羽沙希があの二人を含む職場環境(というのかな)にもまれどう変わっていくのか、そこを楽しみにしているんですが、どうやら現在は桜澤関係の話で笑太メインの話が続いている。
今回出番は少なかった・・・。
しかしね、作品の一つのキモでもある笑太の正体、珠緒は最初から気づいてるだろ・・・!

・「しゃにむにGO 31・32」(羅川真里茂)
あ~!!終わった。完結してしまった!
でもね、ずっとずっと留宇衣勝って欲しかったの。この子の心理状態が本当に心配で仕方なかったからね。太陽のような伊出くんはこれから何しても大丈夫なような気がするんですが、留宇衣はね・・・。
ここまで執着したテニスで頑張って欲しいって思ってた。だから前巻で駿に勝ってマジで嬉しかった。そして伊出と戦って大事なものを見つけられて、良かったよ~。留宇衣にとっても伊出にとっても本当にいいラストだったと思う。読み終わって感動したというよりもほっとした、という感じが強い。
でも駿のエピソードがもう一つあればよかった、留宇衣に負けた後はちょっとだけナディアとの絡みがあってフェードアウトしちゃって・・・そこは残念、番外編に期待?

・「逆視線①」(石原理)
お~これ好きかも。「あふれそうなプール」以降久しぶりにキタ感じ。御樒がトランスすると出てくる八咫鴉がツボだわ。アレを攻略せんといかんわけだな・・・!これからが楽しみです~。

とりあえずこれだけ読んだ。これからまた読書します!
内容には殆ど触れない感想でいつも不親切ですが、今回も同じですね~すみません。
・・・失礼しました。

(ぴかり)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie漫画・小説の感想
Genreアニメ・コミック Theme管理人日記

すっかり週一BLOGになってしまって申し訳ないです・・・。
日常ネタばかりを書いていいものか・・・とか思ったりするとネタがね・・・。

でもその日常でちょっとした変化。
goodな情報をリアルにいただけて、私は幸せ者です。
これも拙い二次創作を続けているからこそなのでしょうか・・・。

HPの拍手で、メールフォームで、「二重螺旋」の4巻発売情報をくれたぽにゃこん様をはじめ皆々様がた、本当にありがとうございました。
こんな形で反応があった事も含めちょっと驚きでした・・・皆さん(涙)ほんとにありがとうぅぅぅ!
続きを早く出して!とか作者には届かないだろうボヤキを書き続けたかいもあった!
んで、こりゃ、6月までに中途半端な連載を終わらせねえと!
とも思ったりしたのでした。

そうですか、二重螺旋出るんだ~じわじわと喜びがこみ上げ中。
どんな兄とどんなナオちゃんが・・・読めるんだろう。
今から期待度↑↑です。

さてそんな吉原さん原作な「幻惑の鼓動⑱」を読みました。
雑誌派ではないので初見だったわけですが、いよいよ過去の情念が深~く絡んでキレてきた淳くんです。
こわいなあ~どかん、とキタが最後。葉月やべぇ・・・喰われそう。
あと、どっか家族的な晃一塔谷葉月の言い合いシーンに和んでしまった私・・・兄弟っぽいというか小姑的な葉月が(←そんな可愛いものでもないけどなあの執着はよ~)・・・おもしれえ。
しかし岡島・・・ホント~におかあさんだ!
だがこんな日常が続くわけもない。淳があの通りだし、一族の存在価値なんて既に意味なし、と断ち切ってしまったところが塔谷にどう影響するか・・・。
話は佳境なんだな・・・多分・・・な。
過去を客観的に見れている晃一がどれだけ冷静にいられるかが鍵のような気もします。晃一からみる3人への想いの違い・・・土壇場でどうなるんでしょうか。全部を救済(という言葉を使うべきかどうか悩みますが)できるわけでもないので、そこは見所でしょうね。

ではまた(ぴかり)



ぽにゃこんさま(以下RESです)
 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie漫画・小説の感想
Genreアニメ・コミック Theme腐女子の日記

2008’03.06・Thu

D灰14巻

アニメから入った漫画は読んでいるとどうしても脳内で「声」がついてしまっていけません。
特に神的キャスティングの場合には・・・。

D灰はキャスト豪華だし皆さん演技派でばっちりあってるし、脳内変換しつつ今回も読みました・・・特に千年伯爵のインパクトって鮮明だから。滝口御大・・・脳内でばっちりアノ声になります。活躍されるほどにディープに再生されてしまうので出番の多い所は特にアニメになるのが待ち遠しかったりしますね。

そんなこんなでコミックス派の私、14巻を読みました。

江戸に至るまでの話も箱舟の話も何気に痛かったのですが、「奏者」の謎を抱えたまままた新しいステージで更なる悲劇の幕開け・・・といった感じの話で・・・ほんと大変だな皆。
いつまでも痛いや・・・。

ですが一度皆教団に帰ってきたので、その時のホーム的なほんわかさが・・・今回はよかった。
過去がまだよく見えない神田とリナリーが幼い頃から教団にいたことや、ティエドール元帥のおやじっぷり、教団の暗部も見え隠れしてきてキャラの関係性がもっと親密に見えてきたので話に深みが出た気がしました。

で、私的萌えキャラはアレンの師匠クロスなんですが。
女好きで酒豪であの傲岸不遜ぶりな大物度が・・・想像通りキタ~。
あの師匠の下で何年か一緒に暮らしていたアレンが黒くなるのもあたり前・・・。
師弟コンビ・・・ツボった。
珍道中つか破天荒だったろう旅、過去編が読みたいぐらいだって!

その弟子のアレンでさえ何考えてるか分からない師匠・・・敵に回したくないキャラだわ。監察に来てる人もやなオッサンだが、ああいう人が身近にいると確かに疑いたくもなるだろう気も分からないではないね。

収録のラスト・・・攻め入られてしまった教団、戦える人が少ない状態なのに・・・。
ラビも神田もイノセンス粉々だよ・・・クロウリーは寝てるし・・・リナリーのイノセンスは休息(というのかな)中だしな。まあ元帥がいるけどね。
んで、展開的にはどう転んでもリナリーは寄生型のイノセンス適合者になるんだろうし・・・そうか寄生型は寿命を削っちゃうのか。
アレン~クロウリー~も寄生型~悲しいなあ。フラグが確実にたってるよね・・・。ま、エクソシストは皆そうだけどもさ。

何にしても先が見えないと思う展開だから今一番続きが早く読みたい漫画なのです。
ですがまとめてじっくり読みたいから、ジャンプで読むのはなるべく自重・自重。
早く次の発売月(6月)になって~!

(ぴかり)







 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie漫画・小説の感想
Genreアニメ・コミック ThemeD.Gray-man

2007’11.27・Tue

いろいろ絶望

このところWEBラジオがきっかけになり原作やアニメに手を出すという日々が続いてます。
最近「さよなら絶望先生」(久米田康治・講談社刊)に手を出しました。
背景にこまごまと書かれる時事的なシュールなツッコミがツボです。私は漫画や小説では場のインパクトとかで大笑いするギャグものよりも「ぷ」と少々笑える位のが好みです。もしくは納得してじわじわ来る笑い・・・。この作品にはそれを感じますね。また適度に腐女子ネタへのツッコミがあるんでそれがおかしいです。種ネタもあったりしてワロタ。もともと少年漫画はあまり読まない方なので(特にマガジン系とか・・・イニDぐらいなので)新鮮なのもありました。

でもまあ読もうと思った始まりは某WEBラジの声優さんからっていうのが動機だから不純?な気がします。
WEBラジにを聞いてみようという理由が声優だしね、前回記事書いたの彩●国も然りだし・・・。でもこっちは原作には手は出さなかった(このライトノベル中高年の女性にかなり人気らしいですね~新聞記事で見ました)

さて、絶望先生。
ラジオ中でもよく聞く「絶望した!」な神谷声に惹かれたという理由で→原作へ。何で急にというとOOのキャストに入った神谷氏に興味ありで聞き始め、最近ティエリア声がお気に入りでマイブームでもあったし。

残念ながらアニメ第一期を見損ねたんですが・・・。
神谷氏の声の張りようつかこの方のカツゼツのよさというか・・・ラジオの雰囲気で演じてられるだろうから興味倍増。その上この方素のトークも結構黒+ドS風味?だしね(でもBLCDは受多い、そこがいいよね~)
少年誌が出発の女子率多しのアニメも漫画もいつもは食指↓なんですが、その女子がかなり攻めてきてるしな~思えば結構な望ハーレム・・・?な気がするから・・・アニメも見ようと思う。
第二期も来年から始まるしそれまでには済ませておきたいんですが・・・まだDVDは発売され始めたところか。


しかし最近どこまで声ヲタ(つかフェチ)か。
それでもBLCDには手を出さない(出したら最後だと思ってるから)ンですが・・・聞きたいのはいっぱいあります(今は清澗寺シリーズ聞きたいわ・・・↑冬貴で出てるじゃない?ふふふ)


嗚呼、そういやまた記事が声優ネタだ・・・最近ヤバイ・・・。

で、つい先週ぶいぶいと会った時盛り上がった声優ネタを思い出しました。
それは電●でのキャストのことなんですが。ここまで声優出したらもう最後はこの人でシメロよなって気持ちで同意。
「・・・ラスボスの今ジンなり何なりがでるならば、声優は●安氏でね。だって関俊さんにはこの人って決まってるじゃんよ!」

それはシュラトからのお約束(古)。

自分に絶望している最近、どこまで腐・・・。

(ぴかり)

トラックバック(0) コメント(3) TOP
Categorie漫画・小説の感想
Genreアニメ・コミック Themeマンガ

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。