--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2005’11.15・Tue

DAY WHEN YOU KILLED ME

「き、今日は新しい商品のご案内に…」
 銀行員、間崎九朗はおずおずと部屋を覗いた。190センチはあろうかという上背で胸板の厚い威丈夫だが、かもいも無いのに四六時中、腰が低い男だった。
 勢いよく頭を下げた拍子にずれた銀縁眼鏡を直して見ると、家の主が陣取るその部屋にはもうもうと紫煙がたちこめていた。タバコが苦手な間崎の眉が下がる。できるなら近づきたくはなかった。

 不機嫌を人の形にしたようなその人物は、上井誠という流行作家だった。普段は渋みのあるいい男で、用も無いのに週刊誌に写真を載せられたりする。サスペンスやホラー系を得意としていて、容姿のよさも手伝って、ついたあだ名がダークナイトだ。
 だが、間崎の目の前に居るのは、無精ひげで睡眠不足でどろりとした目の、煮詰まって限界に達した得体の知れない物の怪である。居業と思えぬ鍛えられた体が恐ろしさを倍増しにしている。

「アレは?」
 上井は間崎を見ると横柄に聞いた。すかさず銅鑼屋の饅頭を差し出す。この中年にさしかかった男は左党のくせに甘い物もやる両党だった。それを利用して懐柔しなければこの上得意の家に出入りはできない。
「お茶」
 フロ、メシ、ネル…大昔の亭主関白のような命令だと思いながら、間崎は黙って用意の急須に緑茶の葉を入れた。上井は饅頭とタバコ両手でパソコンに戻り、ぎらぎらした目で画面を見詰めて唸っている。
 間崎が出した茶を啜り、饅頭をいくつか貪った後に、ようやくキーボードを連打する音が響き渡り始めた。調子がのっている間は気を抜くことができるが、しかし間崎が帰ることはできないのだった。

 そういえば初めてこの家に営業に来たときも、上井は締め切りに追い詰められていた。間崎にとって非常に運の悪いことに何かが気に入られ、わけのわからないうちに大口の契約が取れた。そして、差し入れをするのはともかく、いつの間にか食事を用意したりするようになっていた。
 果ては編集もどきに下読みをして本物の編集に届けたり、打ち合わせをしたりとマネージャーのような事までしている。プライベートの時間を割いてまでだ。

「失礼しま…あ、間崎さん。お世話になります」
 担当編集がやってきて、小声で間崎に挨拶する。彼も慣れたものだった。二人でそっとソファのある隣の部屋へ移動して、間崎の煎れた茶で一息をつく。
「しかし、間崎さんも何の因果か、大変ですね。もう一年ぐらいになるんじゃないですか?」
「ええっと……そうですね。ちょうど一年だ」
 編集者の苦笑いに、指折り数えて頭を下げた。
「この先生のところでこれだけやれれば、間崎さんは優秀な編集になれるかもしれないな。なんてね、銀行屋さんの方がもっと大変ですよね」
「いえいえ、私どもはきまりがあって、その上でやってくだけのことですから。読者のいろんな要望に答えたり、作家さんを後押ししたりする方がよっぽど難しいことですよ」
 世間話に花を咲かせる間も、キーボードの音が淀みなく続いている。

「……ひょっとして、そろそろご栄転とかあるんじゃないですか?」
 ふと編集者が尋ねた。悪戯めかしに笑って付け加える。
「でなければいいお嬢さんとのお話とか。失礼ながら間崎さんは三十行ってますよね? 男ざかりで仕事が出来て、これだけイケメンなら縁談とかバンバン来てるんじゃないですか?」
 間崎は赤くなって首を振った。テレビや、小説のようなお話の発想ではあるが、なまじ身に覚えがないでもなかったのだ。
「いやっ……あの……。そう、そういうお話は、まだ私には早いのでお断りを。未熟者でして……」
 相手が縁談を勧める上司でもあるかのように、しどろもどろになってソファの上であとじさる。 
「おっ! あったんですね? どんな話だったんですか?! ひょっとして電撃結婚、年明け栄転とか!」
 ネタに食いつく好奇心の強さで編集者が盛り上がったとき、隣の部屋から激しい物音が聞こえてきた。イスをひっくり返した音だった。
 間崎と編集者が腰を浮かしてそちらを伺っていると、2、3回乱暴にキーを押す音が響いた。やがて印字された用紙を手に、上井が姿を現した。

 ...READ MORE?
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie11月お題『記念』
Genreアニメ・コミック Themeボーイズラブ

2005’11.14・Mon

今日の良き日?

「・・・いい結婚式でしたね」
「そうだね」
「新郎の先輩も笑顔が固まってましたけど」
「まあ仕方あるまい、普通では考えられない方が妻だ」
「そうですよね、僕も職場の後輩ってだけで呼ばれましたけど…正直、参列して良いのかどうか、とかご祝儀とかも~そりゃ悩みましたもん」

平日、大安。
やんごとなきお方と結婚される先輩の職場の後輩、それから直属の上司ってことで僕らは披露宴に呼ばれた。も~緊張の一言。お料理の味はわからない、酒は上等の一級品なんだろうけどそんなこともそっちのけ。立食だったんでちょっと楽だった、お席が用意されてたらカチンコチンで微動だにできなかったかも。僕らと同じように戸惑いながら参列した人たちと壁の花になれてよかった。新婦様(ってへんないい方だけど)のご親族の方々とは直接は対面、というかあの方々は御隣室でいらしたようでお会いできなかった。ほっとしたような残念のような。

で、立食パーティの中ご挨拶に回られた新郎新婦の。
新婦さんがとても嬉しそうで。あの見慣れた笑顔よりもとても綺麗で。
新郎の先輩も凛々しくて。
それを間近で見れて、それで良いかっていうお式だった。

ああ~幸せになりたいな、と思う瞬間があって。
それで心が温まったら良いや。

最近の結婚式の引き出物はこんなに重くないんだけど、なんか今日は重い、これにも決まりとかあるんだろうし、帰ってあけるのがなんかとても楽しみだ。
庶民だからね重い袋を引き摺るように電車に乗り込み、同じの駅で降りるこの部長とポクポクと歩く、知らなかったけど僕たちの住んでる所はとても近いみたいだから帰る方向も一緒。なんかそんな些細なことも嬉しくて。だってこの人なんで地方公務員?って言うぐらいの切れる人、語学も堪能だし学歴も凄いし…キャリアでバリバリやってそうな人。
みんなの憧れを一身に背負う、って感じかな?それに容姿も端麗だしさ隣の背の高くて、ダンディで、部下思いで、非の打ち所の無い上司で僕も憧れてる。そう改めて思うと結婚式に出るよりも、ドキドキしてきた。
(あ~今二人っきりだ)
どうして結婚して無いんだろ、この人不思議だな。ま、彼女はいるだろうけどね。
なんか考え込んでるようだけどこんなとき、この人もあの結婚式に当てられて「結婚したいなあ」なんてしんみりと思ってるのかな?ん。そうだよね。

あ~いい恋したい!

「いい記念になりました」
としみじみ吐き出して見た。僕も後に続きたいって感じ?
「そうだな、私もいい記念日にしたいな」
そうですよね、はい。
「だから、うんといって欲しいな」
「はい」
なにを?
「私と付き合わないかね?」

え?


今日の良き日、いい記念日になりそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ごめんなさい!宮●庁、●庁、関係ありません。
ですが参列者の中でこんな人いないかしら???大妄想

フライングですが紀宮様御成婚おめでとうございます。(ぴかり)
本気で脱兎!





トラックバック(0) コメント(1) TOP
Categorie11月お題『記念』
Genre小説・文学 ThemeBL小説

2005’11.12・Sat

早いもので…

早いもので、私達がブログを始めて一年になります。
今日がめでたい記念日です。

「やってみる?」的な乗りで始めて…今日まで来た訳ですが、アッと言うまでした。
元々、学生時代にも居たよな事をしていた私達…。
私としては、萌えの捌け口、日々の活力、日常からの解放…そんな感じで過ごしてきました。

自分の思う事やなんかを文章として残す、それを公開すると言うのには抵抗あったのも…忘れて楽しんできました。
有意義な時間をありがとう…仲間達。
これからも楽しもうね!

さて、楽しむ上で最近思う事
始めた頃は、自殺サイトとかが注目されてたけど、今は殺人日記とか殺人予告日記、毒物混入観察日記と随分嫌な事が出て来ています。
うすら寒い世界ですね。ホント怖いと思います。

そのためか、手軽に利用しているブログも規制の話もチラホラ出ていますね。
でもね、一番は個人のモラルだと思うんだよね。それに、実名登録とかも言われてるけど…それは問題でしょう?

今だって個人情報漏れまくりじゃん。漏れても対して罰則ないし…「すいませんでした。」って言って頭下げて…また直ぐ同じ事で「すいません。」って言う繰り返し。
何を反省して対応したのか?良く分かりません。
そんなので利用者側に情報は実名で…みたいな事だけ義務にされても…信じられない。
情報漏れで何か被害になった時、責任取るくらいの気持ちが欲しいよね。それくらいのバランス取って貰わないと…と思います。

これからの一年…どんな事になるのでしょうか?

私達は、楽しく萌え萌え発散しようね。
これからもよろしくってことで…。

                  (ポンチ)

トラックバック(0) コメント(1) TOP
Categorie11月お題『記念』
Genre日記 Theme日記

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。