--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

放送中の世界バレー放送があると見ています。

女子バレーもいいですがやっぱり男子の迫力が好きなわけで。
昨日の中国戦もここぞのサーブでミス。ブロックは合ってない・・・。勝っていた試合を・・・などと文句たらたら見ているわけです。
それでもやっぱりドカン、と高い位置からのスパイクやブロックで点が入ると盛り上がるもので、見てしまうわけですね。

今夜はプエルトリコ戦第4セット36-34って言うスコアでセットカウント3-1で日本が制しました。ま~白熱した試合でした。
選手と一緒で1点決まれば家族中が喚き、やられると意気消沈なわけです。

がしかし・・・。
いつからか監督の喜怒哀楽もTV前面に出るようになって、女子の柳本監督も、今回の男子の植田監督もとにかくよく映る。
選手よりも多い?抜きでのショットにはやり過ぎ感もちらほら感じて、今日にいたっては勝った喜び?でコートに大の字の植田監督が・・・。

いや、監督そこは選手に駆け寄ろうよ・・・。

まあ、いいのですが。
ちょっと表現過剰だなあと、と思うこともありつつ。難しい顔して微動だにしない監督よりは随分と親近感はあるので、つい監督の方に目が向いてしまったりもします。


何年か前からバレーの大会マスコットに○ャニーズとかを使い始めてからショー要素が格段と上がって昔の泥臭さがちょっとなくなってきたのが残念つうか懐かしい。
といつも思いますが。
他の国の選手、日本で試合前にアイドルが踊ったり選手の紹介が派手だったり・・・は引かないのかな、という疑問もあります。
しかし、それも日本がいい成績なら盛り上がるけど、ね。善戦するのが前提にあるだろう構成だろうから試合以外の余分なプレッシャーも選手にはかかってるだろうね~。

けど今日みたいなラリーの多い均衡した試合が見ている分には面白い。
またアツイ試合見せて下さい、選手の皆様お疲れ様でした。
(ぴかり)
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieスポーツ
Genreスポーツ Themeバレーボール

2006’06.01・Thu

いよいよです。

6月になりました。
いよいよですね、W杯…

優勝はどこでしょう?
ブラジル本命、イタリア、アルゼンチンはどこまで喰いつくか?
ってこんな事が言いたいんじゃないんです。

所詮、貴腐人ですから…

各国揃いのスーツを持ちながら…それを人目に曝すのは少ないと思いませんか?
折角いい男達が揃ってるって言うのに…残念ですよね。
カッコイイスーツも作ってるのに…。

個人的にウットリしたのは、やはりイタリア!
さすが伊達男の国!!
見ましたか?彼らのスーツ…カッコイイのなんのって…惚れ直したわ!
=当然、デルピエロ様!!

すべて濃紺なんです。
スーツのジャケットもパンツもシャツもネクタイも…すべて濃紺です。
ちょっと生地の感じを変えてあるんですよね。光沢のある生地使ったり…ステッチ入れたり…。
普通の人が着たらダサいと言うか…まずそんなセットUPはしないだろうって言う感じだけど…。
彼らは違う…着こなしてるんです。
アルマーニか?ドルガバか?って思ったら…やっぱりドルガバでした。
う~ん、いい男が着ると素敵ですわ!!

だからね!ここで提案…
五輪みたいに各国の選手がスーツで行進しません?
お披露目で見せてくれる程度でいいから…
きっと受けると思うわ、一部FANに…
=個性的なFANかもしれないけど…私みたいに…

何はともあれ楽しみです。
ついでに、開幕戦ドイツ×コスタリカ戦の前に大好きな「IL DIVO」が歌います。
これも楽しみ…来週のこの時間はウキウキしてると思います。

皆様もそれぞれの楽しみ方で盛り上がりましょう。

私はあくまで貴腐人的に妄想フィルターかけて盛り上がろうと思います。

                        (ポンチ)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieスポーツ
Genreスポーツ Theme2006年FIFAワールドカップサッカー

明日W杯国内最終調整の試合・・・決まるんだなあもうすぐ代表23名。

この前の試合は流し見るしか出来なかったんですが明日は少しゆっくり見れそう。
他国の代表も決まっていく中、初戦オーストラリアのFWの背の高さって、不安が過ぎる。
本当に今の日本のDFで大丈夫なのかと、水曜日の試合でも思ったので余計に・・・。
背が高いの日本FW(180cm以上)って、今は中沢だけ?
松田・・・一回も招集されなかったし。
ジーコとはあわないらしいし・・・。
幾らトルシエの時、中田がその立場で松田が間に入ってて今回はその逆で中田が松田を推してるらしいと言っても。
もうジーコの頭の中でのメンバーは決まっていて、召集云々や試合がどうであろうともうその決定はジーコの中で覆らない様に思うのは私だけかな?
相手のチームがこうだからってもう考えは変えないような気も・・・そこがちょっと不安だったりもする。

明日はこの前とは違い試合もベストメンバーに近い様子。選手の皆さんはかなり気合い入ってるでしょうが村井のようなことにならないでよ!
選手の皆さんはどうか怪我なきよう、本戦で最高のパフォーマンスを。我々の胸をまた躍らせてください。

こちとらやがて来る眠れない日々に今から体力つけないとね・・・。
祝杯の準備も・・・(ぴかり)

トラックバック(0) コメント(1) TOP
Categorieスポーツ
Genreスポーツ Themeサッカー日本代表

団体競技では野球は好きなほうではないので普段は見ませんが、今日はたまたま家にいたのと2回も韓国に負けるという不甲斐なさに腹立って「イー加減にしろよ」って気持ちで見てましたWBC。
2敗したって言っても別に選手が全面的に悪いわけではないように思います。
行く前からメジャーリーガーの誰かが出る出ないで揉めたりさ~。
どうにか出場への交渉をできなかったのかよお偉いさんたちは、と思いつつ一つになれなかった日本には期待はしてなかったわけだし。
大体野球はプロとアマの溝が深いし、そういうところからして変なスポーツ団体がなんか偉そうに「日本は強い」とか豪語してるからあまり好きになれないスポーツなんですけれど。(選手とかがどうのということでなくもう選手養成からしてバラバラの感があるってことがダメだといいたい)

負けの原因はこの大会に賭けて準備してきた韓国が素晴らしかったわけだし一致団結できていたしその強さはぴか一だった。
ただ今日は気持ちの面では彼らはもう兵役免除の確約をもらったわけだし、昨日投手の一人がドーピングで処分受けたらしいし・・・で精神的にはちょっと揺らいでるだろうからこれで勝てなきゃ帰ってくんな!って、選手が悪くないって気持ちはあるけどさすがに3回も負けるのは許さんって思ってたのは確か・・・。

あ~勝ってよかったと思う。

何がよかったって、あんなにこの大会にかけてきたイチローと色々なことに板ばさみになっても踏ん張ってた王監督が報われたと思った事ですよ。
も~それに尽きる。
皆頑張ったし嬉しいですが、どうしてもこの二人を祝福したいというか・・・、よかったよかった。
決勝戦は松坂ですかね?
ここまで来たら優勝してほしいと思います。頑張ってね~!(ぴかり)

トラックバック(0) コメント(1) TOP
Categorieスポーツ
Genreスポーツ ThemeWBC

始まって3日?
もう競技はいろいろ始まり終わっています。
が、日本人選手の吉報なし。

いいんです。
皆あそこに行って競技すること、参加することに意味がある。
日本人が勝つとそりゃ嬉しい、けど負けたってその努力を称えたい。
冬のオリンピック。
花形はフィギュアやスピードスケート、ジャンプ、最近はスノボ、でしょうか?
勿論楽しみですが、私は見ていて楽しいなあ、と思うのはクロスカントリーにバイアスロン、カーリング・エアリアルです。
ちょっと地味なのもあるし日本人があまり活躍できない競技なんですが、特にクロカン・バイアスロン好き(放送も大体録画なんだよね)でもやってると見ます。
クロカンなんて30キロスキー板はいて、クラシカル走法15キロフリー走法15キロで…どんな体力なんだ、と思います。
雪国の人たちはスキーはいて出勤とかする?っていうように南国育ちには信じられないようなことが生活の一部なんだとかで、北欧陣にスイス・ドイツが強いあの競技、やっぱ何かが違うなんて素人評価をしつつ、今回もドラマがあったクロカン、感動しました。開始早々コケてしまった優勝候補が、遅れに遅れてしまったのに猛攻で結局2位に・・・。そういうドラマが30キロの間にあって人間の思いの強さとか底力を感じていました。どんなことを思って30キロ走ったんだろうかって。
勿論どんな競技も選手の強い思いはあるのでしょうし感じます、自分との戦いを終えた選手は順位に関係なくとてもキレイですね。
色々な涙もありますがどんな涙でも称えたいです、悔しさや嬉しさの中にその人の人生があると思うので。
たとえ、ジャンプの原田サンが過失で失格していようと、あの年まで現役でいたことの素晴らしさ、人知れず衰えていく体を鍛え食事制限に耐え、頑張ってきたんでしょうからそれは評価すべき、と思います。確かにがっかりはしたけど、有名な司会者が全国ネットの朝の番組であそこまで罵倒することはないと思ったり・・・。
ちょっと真面目に書いてしまいましたが、選手の皆さんには頑張って欲しい。
遠い日本から時差に耐え、早朝から観戦しつつ応援中です。
(ぴかり)

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorieスポーツ
Genreスポーツ Themeトリノオリンピック

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。