--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2009’10.22・Thu

懐かしい・・・。

と思えるものを時々堪能したくなるこの頃・・・。
ああ、やっぱり年取って来たなあ、と感じる。
子供の頃とか学生時代に見たアニメとか、読んだ本とか、紐解いてみたくなったりする。
でも、子供の頃に見たアニメって、マイナーなのはなかなか見れなくて・・・記憶も曖昧・・・悲しいかな加齢。

・・・そんな時役立つ、CSでの再放送。

今週から「無敵超人ザンボット3」が始まったので、録画して今日やっと見てみた。
初見は再放送で中学生か高校生位のときに見たんだけど、あの「人間爆弾」がもうリアル怖くてさ。
思春期だったんだろうな~半泣きだった・・・確か・・・。
若かったあの頃・・・感受性も・・・ね。
まだ1・2話しか見てないんですが、確か13話あたりで来るその話を、ン十年位経ってみたら自分がどう感じるのか・・・楽しみにしていたりします。
そう考えると、古い作品を再放送してくれるのは貴重。
来月からは「未来ロボダルタニアス」とか、放送が始まるのでこれも楽しみ。
・・・昔の合体ものって素敵だな~。
ロマンが・・・あるよ、うん。


それと、まだ懐かしいという表現は合わない最近の作品(2~3年前位?かな)なんですが。
「シュヴァリエ」(沖方丁原作・アニメ)がこのところ、ずっと見たくって時間もないのに、ここのところの睡眠時間を削って1週間の間に全話見直しました。
・・・沖方脚本は、ファフナーの後半展開の怒涛の致死率で「うわ~うわ~」だったのを思い出すんですが、この「シュヴァリエ」も半端ない。
「はじめに言葉ありき」というキーワードがあり、これが話の謎を引っ張っていきます。
フランス革命ちょっと前の時代設定で革命教団とか、騎士とか忠義とは・・・とか。まあ、生温い内容ではないハードなものなのですが、とても好きなオトナな作品です。オススメしてみたり。

・・・と色々回顧しているうちに10月も終わりに近づいていたりして。
更新遅くてすみません。

ぴかり


スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieアニメ・ゲーム

エヴァ・破がもうすぐ公開。
我が田舎は遅れて公開なので、気持ちもまだまだついてこない・・・・盛り上がってくる感じなし。
ん~ん~。
なんというか。

・・・盛り上がりは多分ない。
はっきり言って「カヲルの出番はどの位か・・・」という位しか注目はない。

今日、このBLOGを始めた頃、4人のリレーで書いていたわけですが・・・そのメンバーが久しぶりに顔をあわせてお食事会なんぞを開催。
そのうち、3人が一緒にエヴァ映画を鑑賞するつもりでいるので、その話になった。

映画情報の中で世間的には注目な、
「アスカの苗字が変わったらしい」
我等→どうでもいい。
「メガネのドジッコ?らしいのが新キャラででるらしい」
我等→これ以上、女の萌えタイプを増やしてどうするつもりか!もう十分たりているのよね。

という反応が即座に帰って来た、その通り。

次に
「増やすなら、オトコの萌え属性だろう?あ?」
という論議になった。

だって女はもうミサト・博士(母娘ともども)・レイ・アスカ・シンジの母も・・・もういいだろ?
全部違うタイプじゃん。これに新しく追加?もういらね~よ・・・・!!
逆にオトコはロクなのイネ~だろ。
特に、ゲンドウ・冬月・・・ミサトの彼氏だって(名前度忘れしたわ)声は山ちゃんだが、あのキャラは・・・ごめん。ないわ・・・と。
恋に生きるなよな~↑3人のいいおっさんが!。

「女は恋に生きてもいいが・・・」←よく言った!!

シンジもね、カヲルといるときはとてもいいカオしてると思う。
それ以外のあのネガティブさは、父親のせいなので・・・。本人ではどうしようもないと思う。
自信のない子ども・・・愛されていないというね・・・はああなってしまうと思う。それを自分の意志が弱いだの気の持ちようだのって一概には言えない。それだけではない複雑な環境とかがあるのだろうと思うから。
私はシンジをみていると子どもに大切なのは、やはり親の愛情とか環境なのだと痛感する。
ゲンドウは最低・・・私の中ではあんなオトコは最低。結果がどうでようが本当に最悪な父であると思う。アレをみてるとシンジの不憫さ・・・頑張ってると思うんだけど報われないあの子が切なくてさ・・・萌え属性というよりあの子は痛すぎでね・・・。

だからね、出すならば、メガネ・普段は天然・戦闘時最強(いろんな意味で)♂・・・がよかったなあ・・・・。
とか、思うのですよ。

(ぴかり)




私信;るうさま↓
 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorieアニメ・ゲーム
Genreアニメ・コミック Theme新世紀エヴァンゲリオン

ハガレン・・・10話。

原作どおりに来てるんだから、とうとうこのときが来た、来てしまったなあ~という心構えをもって臨んだんです・・・。
ヒューズの死は物語上大きい。
ある意味、この人が死んで話は始まるんだし。
やっぱりね・・・子どもを持つ親になって見るとここのシーンはクるわけです。ヒューズの気持ちとか、残される家族の気持ちとか・・・重いんです。
またボロ泣きコースなの?
原作を読んだとき、前にアニメになったとき・・・2回やられてんだけど、またなの?
と、泣かされる気満々で見たのがいけなかったのかな~
あれ?
あれ?
と感じてしまったヒューズさんの死。

なんだろう、ね~。
一つの事象、というか。
なんだか凄く薄っぺらく感じてしまったんですよ・・・。
演出の方法なんでしょうか?比べてはいけませんが前作と比べるとさらりと経過してしまったなあ・・・。と拍子抜けしてしまいました。

にしても・・・ハガレンに作品は変わったのに、キャスティングがOO過ぎて・・・なんだろう。
どうにもねえ・・・。今後でてくる人もOOキャスティングで来るんじゃないの?という不安があります。
役者側に文句はありませんが・・・ちょっとねえ・・・。

・・・とハガレンの話はこれ位で。

もう6月なんだよね。
7月から始まるアニメがいわゆる男性が萌え~な、美少女系というか・・・のアニメばかりのラインナップで引きました。
絶望先生の3期・・・もねえ・・・。
まあ、関連商品も売れているみたいだし、今が旬の人が多くキャストされてたりするからあるだろうと思っていました。けれどもあれってどう考えてもネタアニメ・オタ向け過ぎという印象が私には強くて、もう2期までの盛り上がりで萎えたというか・・・。
でも見るんでしょうけれども・・・ね。
だからなのか・・・古臭いとも言えるかも知れない、あだち充原作のクロスゲームの青春ストーリーが新鮮に感じたり・・・見ていると優しい気持ちになれたりする。
・・・今日この頃です。

(ぴかり)




トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieアニメ・ゲーム
Genreアニメ・コミック Theme鋼の錬金術師

春休み後半、家を空けていたのでまたまたHDDいっぱいだよ~攻撃にあい・・・新学期の落ち着かない雰囲気の息抜きになんとか1月始まりアニメの最終回&4月新番組視聴を消化しております。

今日、やっと「鋼」を見ました。
まあね、キャストからいうと、山寺さんをフルで使うんか?オリキャラをどう使って??という疑問はあったんですよね。
なるほど、そういうキャラでしたか。

お話の世界観を見せ興味を引っ張り、、また主要キャラの顔見せに位置づけ・・・全体的問題提起という話を構築していくのにはいい1話のもって行き方になっていたと思います。
その上、漫画を知っている人から見ればこのアニメ版1話は「もしかすると番外編でこんなエピソードもあったかもしれない」と見せているので世界をうまくつなげるとも・・・。
氷結の錬金術師という「水」使いはそりゃ~強いでしょうよ。んで国家錬金術師のメインどころを出し技を使わせ、大総統の闇的なところ強さ、そしてエルリック兄弟の秘密をちょ出だし・・・漫画を知らない人でも・・・。
「なに、次どうなる?」
ということで引っ張ったし。
最後はお父様関連の人たちがしっかり不気味やったし(キンブリーもさ)・・・想像していたよりも良かった。期待できそうかなと思いましたね~。

あと新番、といっても田舎なここでライムラグなしに見れるのは少ないんですよ。

殆どが今週から始まるんですよね。
それでも「バスカッシュ」、テレ東関係の深夜放送以外のとかは始まり、NHKBSで始まるやつはタイムラグないから見れるんですが、録画したけどまだ見てない状態←何だか気が乗らん。
「咲」は今日からだが多分見ない。ああそうそう、「7ーGHOST」の放送があるそうで・・・びっくりしました。あの局の深夜アニメは今までこっちでは放送なかったのにな・・・枠増えたか・・・。

そんな中、実は鋼より先に見た「クロスゲーム」
こっちもあだちの世界観がうまくでていて青春で切なくて・・・いい滑り出しでした。


1月始まりのアニメでは(そんなに数をみたわけではありませんが)私の中では最終回まで見てみれば「鉄腕バーディ02」が良かったかな。うん・・・ナタル~!!

(ぴかり)



トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieアニメ・ゲーム
Genreアニメ・コミック Theme鋼の錬金術師

2009’02.19・Thu

続くのね。

アレだけ3月末で終わるって引っ張ってた(ネタにしてた)「銀魂」・・・4期決定だとう!?
なんだよ、もう!
「地デジ関係ねぇだろ」的なのは・・・どうなったんだ?
打ち切りネタで相当自虐したはずだが今度は続投ネタで引っ張りやがったか・・・やりすぎだよ。
ごめ・・・ファンだが4期決定が素直に喜べなかった・・・オレ。
原作を脚色、ぐらい??のスタンスできてたから・・・もう原作に限りなく追いついたんで「銀魂」は潮時と思っていた私。
吉原編微妙だったがラスト1ヶ月は銀さんらしい話でしめる、んで最終話は30分、グダグダな万屋3人トーク(背景は万屋の外観&こたつで語らう3人で)とか思ってたのにぃ~。
オリジナルか、やんのか。
ジャンプ系がアニメ化されると尺が足りなくなってくると「アニメオリジナル」が来る・・・それが問題。
銀さんが説明してた通りなんだが・・・逸脱したら・・・やだなあ・・・。
ま、どうせやっちゃうなら「過去編」とかシリアスなのどーんと交えつつやってくれんか、と思うんだが。
製作サンラ伊豆、だからなあ・・・ケロロみたいにうまい方向にやってくれたらいいけどね。しかしキャスト陣もあのとおりうまい人たちなのでノリはかわらずでしょうな。
頼むからがっかりさせないでね~。



さて、吉原作品ファンの皆さん「つむじ風のラプソディー」読まれましたか?

・・・・・・・え~と。
私は・・・・。
買ってからかれこれ1週間、一日10ページ位読んだらなんとなくやめてしまう。
なんだかね、読んでると「これ書くならさ、くされ縁~のほうを書いてくれ」と思うんですわ。
・・・間違ってますかね?私。

それから「二重螺旋」を待っている私にしては、もう一つ唖然情報。
20年ぶりくらいになるらしいが「間の楔」アニメがOVAでリメイク、その上途中まで出してるはずの小説もまた出版社を変えて(挿絵の人も変えて)初めから出しなおす・・・だとう!?
もう、何が何だか。
わっけわからん。
OVAって13巻予定らしいじゃん、脚本、本人が書くのか?・・・ま・さ・か・・・ね??

あ~今年も「二重螺旋」への夢は終わったな・・・早・・・。


(ぴかり)



トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieアニメ・ゲーム
Genreアニメ・コミック Theme管理人日記

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。