--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

読みました↓
豪華客船で恋は始まる〈7〉 (ビーボーイノベルズ)豪華客船で恋は始まる〈7〉 (ビーボーイノベルズ)
(2009/12)
水上 ルイ

商品詳細を見る


疲れてるときには最適だ・・・水上センセのはね。
一定のパターンでこれだけのバリエーション・・・安心して読めるのがいいんですよね。
最後は絶対幸せであまあまだから。
ちょっと癒される・・・だから止められないシリーズだったりする。


さて、読んだ人にしかわからない感想。
 ...READ MORE?
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Themeボーイズラブ

うちのBLOGのやり方としては掟破りなんですが。
ぴかりが連投記事をしております・・・が、今語っとかないとイカンと思って。
Charaの2009全員サービスがうちにも来ました。

二重螺旋の掲載があるっていうことで、応募してたんですけど・・・すっかり忘れていた。がしかし、頼んでおいてよかったとか、思ったよ~。

↑こっちの「二重螺旋」は先に発売された雑誌での番外編「紲」のほぼ雅紀視点での話!わ~やってくれたでセンセ。

でも、なんというか・・・全員サービスならではのサービスな感じの話で、いいんだけどちょっともったいない感じがしたんですよね。雑誌とか単行本に載ればいいなあ~今後。こういう話はみんなに読んで欲しいというか。
なんか変な感想なんだけど、応募した人しか読めないから・・・こんなに甘いのかとか?思ってみたりもした・・・。
妙な切り口からはじめてしまってすみません。
が、私としては雅紀の。
(本文中)<野上事件のあとのこと>
尚人は逃げなかった。(中略)そんな尚人が、愛しくて。慕しくて。溺愛しくて。

・・・という3段活用的、いとしくてたまらない、という雅紀の心情が・・・すっげ響いてきて「ああ本当に可愛くて仕方ないのね」とか思ってね。雅紀が可愛く見えてしまいました。

↓読んだ方対象の感想です。変な視点の細かいツッコミ、感想じゃない気もしますが3点ほど・・・。

◆何故、水族館?
尚人の好みそうなところが水族館なのか~だから雅紀は選んだんかな~?とか思ってたのですが。
あれ?
尚人も「え?水族館」って。
・・・雅紀・・・思い切りデートコース選んだんやな、定番行きたかったんやな!
夜の水族館って・・・!そりゃ・・・盛り上がるだろうていろんな意味で。
ナオの前ではなんだろう・・・ただの男つか、そういうのになれるんだな~雅紀は。
プライベートダダ漏れの写真にもなるって・・・!
可愛い奴。

◆加々美、何者?
キタよ!まさかの『白鴎邸』読んだ瞬間フイタ。ちょっと書いてみたら(前回の記事)ホンマにでてきた・・・。
いや~ここってなかなか泊まれないんだよね?一見さんはお断りなんだよね?会員さんになるのも厳しいんだよね?
・・・加々美さん・・・何者よ?
加々美があっちの人たち(どこかの麻原の、主に夜に生きる人たち)と繋がってて・・・ちら、でもでてきたら・・・って思った。
ナイナイ。

◆死んで来い、高倉。
・・・と思ったのは私だけでしょうか?



前回の記事で拍手、またはコメントありがとうございました。
お返事は↓に。


 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Themeボーイズラブ

ご無沙汰しています。
色々煮詰まっていたので・・・しばらくネット生活をOFFしていました。
ですが、やっと日々の活力をいただいたので・・・。
コレで↓↓
小説Chara(キャラ) 2010年 01月号 [雑誌]小説Chara(キャラ) 2010年 01月号 [雑誌]
(2009/11/21)
不明

商品詳細を見る

二重螺旋の番外編「紲ーきずなー」が掲載されています。
表紙でまず突っ込みつつ・・・ナオちゃん・・・アニマル柄っぽいニーソ?的な、恥ずかしがってるよ!
何があった!?
みたいなノリでレジにもって行きましたよ!
もう今年はこのシリーズ読めないだろうと(進行中の間の楔のアニメ脚本とか・・・センセは書いてるんでいそがしいから?)思っていたから、どんなに短くてもいいや!読みてぇ~って。
発売日を軽くカウントダウンして・・・待ち望んでたんでちょっとテンション上がった感じです。

予告どおり、裕太視点のお話でした。その感想をちょこっと。

(ネタバレあり)

 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(1) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Themeボーイズラブ

2009’07.23・Thu

日蝕で思い出すのは。

今週は日蝕とかなんとか・・・色々と世間も騒がしかった。
うちも夏休み開始で騒がしい・・・。
この記事も22日に書いてたのに・・・下書きフォルダに入れられたままUPを忘れていた(涙)
もう日蝕ネタは古い・・・。が晒しておきます。
日蝕で、何故か「王家の紋章」のバビロニアあたりのエピソードを思い出した。
あの話は月食?だった??
学生の頃いやと言うほど読んでたはずだが、思い出せない。
老化は辛い。

ま、そんなこんなで日蝕は見れました。
日蝕グラスを買っていたので親子で見ました。最大日蝕になる時間の少し手前で奇跡的に晴れた、我が地方でした。


さて。話はうって変わりますが・・・。

12周年らしいChara文庫(徳間書店)のバースディフェア・・・乗せられてみました。
コミック3種・小説3種の小冊子、ねらいは一つ!小説の小冊子A。
載ってるのが「二重螺旋」の番外編ですよ?
手に入れないとね!つうことで、対象の文庫を何とか選んで買って読みました。

「密かなジェラシー」

まだ読んでいない人がいると思うのでネタバレはしませんが。
もうタイトル読んだだけでさ、雅紀よ・・・ってな感じになりました。
話を一言で言えば、尚人が電話してる相手に嫉妬。けれどその相手が桜坂だったため・・・。
尚人が自分以外に向ける言葉や気持ちに対してどうしても嫉妬してるし・・・みたいな。
雅紀もどうしようもないんですなあ・・・。

最近、「二重螺旋」尽くしだったんですけれどまた次までは遠いんだろうと思うと、4巻とこの番外編のヘビロテで自分的にはしばらく頑張れそう?かな?とか思うこの頃です。

(ぴかり)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Themeボーイズラブ

遅ればせながら感想を。
相思喪曖―二重螺旋〈4〉 (キャラ文庫)相思喪曖―二重螺旋〈4〉 (キャラ文庫)
(2009/06)
吉原 理恵子

商品詳細を見る


なんというか、全体的な感想としては次への布石が詰まった一冊だったなあということがまず上がるのですが、なんにしてもこの話に出てくる女性陣の無神経さが・・・痛かった。
痛いと感じるのは多分、女性としてこういう思考がわかるからなんでしょうとも。
姉ちゃんにしても、真山姉妹にしても・・・。
雅紀にしてみればもう視界外になって久しい人で意味のない人だし、切り捨てられてしまって、哀れだったなあ・・・とうとうラスボスは父か!という感じになってきたと思うのですが。
今後は父の逆襲がどう来るか。
感想というか、次巻の予想になりますが、次の話は生々しくえげつない・・・んでしょうね。
だってね、夫婦間のことって当事者しかわからんもんなんですよね。母は死んでしまったからあることないこと書き放題、何でもありで、事実が捻じ曲げられて雅紀を筆頭に兄弟のことがどう捏造されようと、母のことをどう貶めようとも・・・父の声は認められる・・・世間的にはね。
ま、しかし・・・。
普通に考えれば、その暴露本での攻撃相手は妻か雅紀かと想像できるんですが。
父の攻撃相手は尚人、に向くのではないかと私は思います・・・。
血の繋がりは確かであると思うので、尚人だけが腹が違うとかそういうことはないと思いますけど、これまで尚人は親戚関係にもあまり可愛がられていない設定。その辺りがここで生きてくるんでしょうかな?
もしそうなると父は、雅紀の地雷を思い切り踏む。
踏んだが最後・・・だな。
あ~雅紀がどんだけ鬼畜か、期待したい。

さて、その他の展望とか希望。
・裕太が、なんともたくましく復活してきましたなあ・・・。といっても尚人中心なところが(笑)だけど。世界はまだまだ狭いんですがこの子はパソコンで何をするんだろう、したいんだろう。何かのフラグに違いない。父の暴露本への逆襲の一歩??に使用か?

・番犬3人、いいわあ。ぜひこの3人+尚人で同じ大学に進んで欲しいのですが。
しかし尚人にあんなに甘くなるとは・・・桜坂・・・あなどれん。

・加々美はやっぱり独立→雅紀を誘うんでしょうかね?

にしても、尚人ハーレムだよね。いろんな意味で、うん。
そして兄弟の秘密は世間にはバレない方向でお願いしたいなあ・・・う~ん。
これからも困難がいっぱい、わ~わ~な1冊でした。

(ぴかり)




トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Themeボーイズラブ

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。