--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

アンパンマン…子にせがまれていきましたよ。
アンパン*バイキン路線の腐女子視点で見るつもりが…なんと。
いつものような絡みが殆どなかった・・・。まあ、度を越えたいたずらをしでかして、というバイキンマンですが、何故か皆に許されているという愛すべきキャラクター?というのは変わりなかったです。

しかし今回はいつもと違ったパターンのネタでこられたなあと思います。
映画では大体主要キャラが力の無い、もしくは能力の発揮できない猫だったり、芋虫だったりに変えられてしまい、皆で力をあわせてアンパンマンの顔を焼き、顔を変えて・・・アンパ~ンチなわけなんですが。
今年は少し違う。
アンパンマンは一度死んでしまうので。
それを助けるのがいのちの星で生命を貰ったアンパンマンと同じようにして人形から人間になることのできていたドーリィというわけ。
どう考えても大人にはタイトルでネタばれてる、とか思ってみていましたけどね・・・。


さて私も子供がアンパンマンに嵌ったおかげでこれまでの17本の映画はすべて見ているわけです。親としては子がアンパンマンに嵌った理由は、わかりやすいネタでありキャラクターの面白さ、バイキンマンのドジなところとか、アンパンマンの正義感にきっと惹かれていたんだと?思っていたわけです。
だから、子は面白おかしいキャラクターに惹かれてストーリーは割と二の次なのかとか思っていたわけですが。
どうやら今回は制作側の伝えたかったことを正確に受け取ったようです。
「何のために生まれて、何の為生きるのか。答えられないなんてそんなのはいやだ」

人形から人間になったドーリィを通して↑のテーマを語っていたわけですけれど。
やりたい放題我儘放題な彼女がアンパンマンに身を呈して助けられそこで自分の生き様を見直す。死んだアンパンマンにドーリィが自分の命を差出し、生きる、生かされているという意味を知る・・・。
それを4歳児が漠然としてでもいいので理解でき、感動してか共感してか映画を見ながら泣いて感情を表せた、ということに親としては行ったかいがあったかな?と思った次第です。
ちゃんと理解できてるじゃん!
アンパンマンって結構独りよがりな正義感と正義という名で問答無用に力を使うところがどうなの?といつも思っていたわけですがアンパンマンなりの理由も描かれていましたのでなかなかによかったですね。

来年はさすがにアンパンマンは卒業してるでしょうね~これが子供の心に少しでも残っていればいいなあ、と思いました。
(ぴかり)






 ...READ MORE?
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(1) TOP
Categorie映画・TV
Genre映画 Themeアニメ

2006’07.27・Thu

萌力 1

入院してました。
上の小さい人が。。
上や下と長患いで仕事もクビです………たかがパートの一人しかたありません。。。
そして倒れる母………薬疹に苦しみ、過労で倒れ、点滴しながらの介護に家の事(下は病み上がり)と、………死ぬかと思った…いや、さずがにな、、
そんな私を復活させたのは「鋼の錬金術師」第14巻 シャキ~ン☆☆
ちなみに、、そんなボロボロな状態での心の支えが不覚にもシャンバラ~の、あの!あの!ロイとは!! はぁ~?(´Д`)あたしゃ大総統主義なんだよ!?熱でおかしくなってたかも…
まぁ、それはさて置いて、、
ひゃっほ~(小踊り)でた♪でた♪新刊♪待ってたよ~ん★★★私もぴかりさん同様単個本派なんで(だから家に本が増えるのか?)予約した時からこの日を楽しみにしてました。
此処からはみんな読んで終わってるモンとして、、―――――暴走ON

かっこいい(@_@)※信者の目
さっ すっ が!大総統(鼻血ブーッッ)
卑怯!冷淡!高圧!絶対的!これぞTHE権力!!!総統の地位ここにあり!!!!(歓声)
そしてお父様……何?あの総無視の力?
強い!強いぞ!お父様!!そして存在がこれ又いっちゃてて すごい!すごいよ!お父様!!!

祭だよ~おっきな花火が二つ上がったよ~カ~ッッたまらんね。夏祭りだね~
特に大総統は後半からそりゃもう大筒の連発花火
大佐・兄弟とで円卓
魅せてくれた剣さばき
憤怒で破棄捨てたセリフ…どれもよかったですが(涎)
一位は「斬って捨てるまでだか?」★★★
ハウッッ (☆ロ☆)ス・ストライク!ホールインワン!ダンクシュート!一撃必殺!天下無敵!……プルプル こ、これだよ~カッコよすぎる。。こーでなくっちゃ!こーでなくっちゃ!(握り拳)これが大総統の魅力なんだよ~だよ~だよ~(エコー)

あ、ちなみに本編でのロイに癒しも萌もない。

そしてもう一つ…
私には大ヒット萌~がある。これも癒し大
つー事で暴走ONのまま次回に続く―――――続くんかいっ

ぶいぶい

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorieアニメ・ゲーム

2006’07.24・Mon

興味あります

最近気になるモノがあります。
それは…
10th Anniversary Complete Visual Collection of T.M.Revolution『1000000000000』-billion-

なぜって…ビデオクリップが好きだから…
=MTV全盛の頃の世代ですから…。
MTVってもので曲のイメージを映像化して宣伝する。そんな時代を楽しんできた世代の私にとっては今でもビデオクリップとかプロモーションビデオとかって言うのは興味あるものです。
その昔、驚いた事も沢山あります。
映像の綺麗な事だけでなくその技術…見せ方…それにアーティストの何気ない素顔やその日常、歌だけでないダンスの技術…もう夢中でしたね。
その頃の作品は完成度の高いものも沢山ありますよね。今でも楽しめる…。

そんな時代を満喫していた訳で、今でもビデオクリップは興味持って見てます。そんな中で楽しんで見させて貰ってる一人が彼…西川くん。
彼を初めて知ったのもビデオだった…『HOT LIMIT』…一番ビックリしたのはあの衣装…ビデオだけでなく実際の番組でもアレを着て歌っているのを見た時には…衝撃しかなかったわ。
それ以来、結構気になって見ている彼ですが…衣装と演出には毎回楽しませてもらってます。
前回CDでB★E★S★Tが出た時も興味がありましたが…この年齢になると…さすがに買い難いんです。だって、置いてあるコーナーって若い子ばかりでしょう?!だから行き難いんだよね…。
でも今回はDVDでビデオクリップ集でしょ…ただのCDより気になる、興味あるんだよね。
ミーハー(死語???)ポイけど…音楽だけより映像付だと得した気になりません???同じ映像付でもライブはあまり好きじゃ無い…雑音多いから…。
好きなんだよね、HOT~のビデオ…背後で爆発で海水噴き上げるのとか、WHITE BREATHのビデオとか…今では見たくても見れないからね。
興味あるし欲しいけど、CDよりさらに買うのが照れるよね。子供をダシにするにもまだチビだし…。でも、今回逃すと無いかもしれないよね…。
他に欲しい音楽DVDもあるし…この際ネットで…なんて考えてます。
欲しいよ~興味あるよ~
見た人…よかったですか???

こんな事で悩んでる私って…


               (ポンチ)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie音楽
Genre音楽 ThemeT.M.Revolution・西川貴教

読みました・・・!コミックス派なので現在の雑誌進行は知りませんのであしからず。
読んでる人向けです、更にぶ~が大総統については語ってくれると思うので、私はそのほかの事を。

まず、「お父様」ってホーエンハイムじゃ無かった!
同一人物かと思ってましたよ・・・。
「子供何ぞ作っておった!」ってお父様が驚いてましたけど・・・ホムンクルスでも子作りOKなんか~??とかやっぱ謎。というかホーエンハイムってホムンクルス?これもまたわからないところ。
それに今まで思わなかったけど、エルリックって母親姓なんだな。父親嫌いなんで母親姓を名乗っていると思ったてけど違うんだな、あの兄弟。ってこんな細かいことはいいかもしれないがちょっと意外な感じでした。

リン・・・どうなるの?でも最後に勝つと思うけど、グリードが空いているって・・・じゃあこの後誰かにラストとかも植え付けのか!?
と思ったりしましたけれど。え~どうしよう中尉とかだったら。

それにしてもスカーつえ~なあ。
お父様とは違う傾倒の錬金術だったから使えたのか?まだよく分かりませんけれど、スカーの錬金術とかも今後研究したりしてエドは錬金術を極めて、真理に近づいて行くんでしょうね~。

大総統の・・・卑怯万歳!!
ロイもエルリック兄弟も人質取られてる…非情なところが魅力ですな。印象として14巻はお父様と大総統祭りだったと思います。


しかし。
最後のショートのホーエンハイム・・・何時までトイレに座ってるの??ろくでなしな父らしくてい~な・・・。

 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie漫画・小説の感想
Genreアニメ・コミック Theme鋼の錬金術師

2006’07.18・Tue

貴腐人の読書

夏休み直前、学校の行事とか子供の学習の課題と…追われているのか?追い込んでいるのか?微妙なギリギリの状態のポンチです。
子供は私ほどに焦ってはいないんですけどね!
思わず、君達の課題だろう!!と叫びたいのを耐えている日々です。

そんな中でも貴腐人根性は捨てられずに昨日までの3連休で購入した専門書?????は計5冊になります。
内訳は、小説4冊に漫画1冊…シリーズものあり、続編ありの取り合わせです。
この中での今回のお薦めは…

ドラコミック 「それでも強く抱いてくれ」 隆巳ジロ 著

朝の通学中に気分を悪くしてゲロした少年A(受け)と居合わせてその被害を被った少年B(攻め)。
二人は同じ高校の同級生、Aは落ちこぼれと言われる建築科の生徒、Bは秀才集団の特進科の生徒だった。
AはBにその時ダメにした制服の代金を請求される。その過程でAはBはトンでもなく猫を被った俺様ヤロウだと知る。
Bはそれを他人に知らされないように口止めにAに無体を強いてその画像を携帯に残す。
ココから始まる主従関係にも似た二人の関係。
でも、Aは意外なBの優しさや気遣いに居心地の良さを感じ、BはAの素直さや努力家の面を知って互いに何となく一緒に過ごすようになる。
しかし、Bは自分の感情の中にAに対する欲望を自覚して距離を置こうとするが…相変わらず無意識に自分を挑発し無防備に煽るBに対してとうとう無理やり関係を結んでしまう。
ところがそれに対してAは…

と言うよくある設定と展開ですが、ポンチ的にはモロにツボ!
私が攻め好きなのは何度も書きましたが、眼鏡、二面性、鬼畜、俺様…とくれば大好きです。
攻めが自分の手の平で受けをコロコロと転がして弄ぶ(愛ある遊びよ!)受けはそうと気付かずに攻めの術中に嵌る…。
好みです。攻めが受けにベタ惚れなのがまた最高!!
イラストも攻めの体格に対して受けがスッポリその腕の中…てのはいいですね~。
子犬のポチと飼い主様のようで楽しかったです。
   

                          (ポンチ)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(漫画)
Genreアニメ・コミック Theme腐女子の日記

2006’07.14・Fri

まとめ読み

今月に入っていろいろ忙しくてなじみの本屋のレジ後ろの本棚でプチ書庫作ってたわたし。
さすがにいかん、と一昨日とりにいきました。

・デスノ13巻
・艶悪(遠野春日)情熱シリーズ番外編
・エグゼクティブの恋愛条件(水上ルイ)
・フジミシリーズ最新刊(秋月こお)
・from701号室(藤崎こう)

・・・まだあったり買ったりしたものもあったけど、計11冊か12冊?ほど持って帰ってきて一昨日昨日とまとめ読み・・・。
今回は一言感想…読んだ人向け。

*デスノ13巻
終わったねえ・・・。ミサミサの最後はアレカ?でもあの子長生きできないんだよね、きっと。取引しちゃったしさ~。

*艶悪(遠野春日)
押しが強いけど無口で不器用で、男気のある攻めは大好きで大好物です。この情熱シリーズは主人公CPの攻めの遙もこの本の主人公の攻め東原、どちらともそんな攻め、久しぶりに攻めに惚れてました。無口でなかなか大事なことを言えずでも自分ペース(笑)そして男の色気オオアリ…よかったです。

*エグゼクティブの恋愛条件(水上ルイ)
水上ルイワールド、安心して読みます。がやっぱりゴージャスメニューは???で、庶民の自分が悲しい。

*フジミシリーズ最新刊(秋月こお)
プチ桐ノ院がでてきて、人間関係引っ掻き回しそう、ですが主人公CP(圭*悠季)が安定しまくって…最近もの足りんとか?思うのは私だけでしょうかね??

*from701号室(藤崎こう)
ハードなHありの傲慢攻めなら最近はこの人が好きです、わたし。
兄とその後輩のリーマンモノがよかったですね。Hのあと家に帰さないためにとにかく床上手な自分で相手を疲れさせる、その健気さが(笑)。体壊してまで頑張らんでいいよね、毎日じゃあ大変よ。特にこの作者の攻って底なしでスゴイと感じさせる(いやBLの常識なんだけれどもね、コレ)から。他社の獣シリーズもいいけどコレも面白かったです。作者のワールド確立してたし・・・。


は~い。
なんのこっちゃな感想書き晒しです~今回はこの辺で。(ぴかり)




トラックバック(0) コメント(1) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Themeボーイズラブ

2006’07.11・Tue

それが一番大事♪

元気ですか~!?
元気があればなんでも出来る!!!
ご存知アントニオ○木の名台詞

―――――本当…只今健康のありがたみ実感中

週末から上の小さい人が熱にやられて休日から今現在までしっかり移ってしまった母…。。
いつもの順番は小さい人が順に成ってからの旦那→私のはずなのに二人跳ばしていきなり私?しかも腫らしたことない喉をやっちまってこのクソ暑い季節に水分が取れなくなるとは!!
仕事し始めたせいで小さい人の病気を疑った罰か?体力を使いすぎた結果か?確に声も使ったしな。。。

そんな踏んだり蹴ったりな○日間結構DVDな毎日
懐かしのマジンガーや小さい人大好き戦隊モノ他観てみたかったバットマンビキンズと無論七泊のしか借りない中二泊三日のZの星を継ぐ者・恋人達を借りて来た。(旦那が)
つっか~っっっ チョイ前にTVシリーズ借りて挫折(旦那が)したと思いきや映画に逃げたよ。。
「ガンダム世代はこれだから」と旦那に悪態をつかれながらもよし最終まで借りてこいよ!
そんな瀕死の鳥みたいな息子と声が出なくてもメールや紙で会話って出来るよね!な嫁の情熱がやっと通じたか、哀れんだか、、
私…………鋼の錬金術師の、、大総統のファンなんです!ご承知でしょうけど!旦那にゃ言ってない。ないけど゛シャンバラを行く者″去年から借りてこいつったべ!
やっと昨日借りて来たよっ(旦那が)
ぎゃ~エドが~アルが~ロイが~そ・そして大総統が~萌ゝゝゝゝ
…………病気万歳

で、、何が大事って?
そりゃ大総統でしょっ!!!!!

ぶいぶい

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie携帯投稿

2006’07.08・Sat

貴腐人の読書

久しぶりにBLモノの紹介をしたいと思います。
今回は漫画です。
最近読んだ小説はこちらで紹介してます。(興味のある方はどうぞ…)

ドラコミック 「愛と欲望は学園で」 梅沢はな 著

現在3巻まで出ている続き物です。

時は2×××年…
性に対する価値観が変りそれを専門として仕事をするには知識、技術供に高度なものを求められるようになった時代。
将来、性を売り物にする者のために作られた学園(男子校)が物語の舞台。
その学校にはAV科、アブノーマル科、ホスト科、ペットメイド科があり各科とも3年間のカリキュラムがある。実技、講習ともに各科の特徴を生かした内容が組まれている。時には学年や科を取り交えた講習もある。
そんな学園の校則は厳しくて、学内恋愛禁止=バレたら退学の上に二人は引き離される…とか、時間外外出禁=破ったら独房入り(制服の看守付き)…等などBLの要素としては腐女子の好みをきっちり抑えている。
当然、学園内で生徒同士、生徒と教師…でカップルは出来ていくんですが…。これがまた学園を舞台にしてるので取り取りに揃ってる訳です。

ホストとペットとか実技と称してお気に入りの生徒を独占する学園長とか…シュチュエーションも様々で甘いのもあればちょっと痛い感じもあり…。
学園を舞台に色んなカップルの色んな恋愛パターンが楽しめます。

私はこんな風にある舞台を中心にして色々なカップルが出るのは好きです。
1度で2度美味しいって感じ!?
一組だけで話を進めると段々とキツクなるって感じで色々展開あった方が好きです。
受けのハーレム状態なら一組だけでもいいんだけどね、それでも脇に別カップル欲しかったりします。

次はどんなキャラでどんなカップルになるのでしょうか?とても楽しみです。

                       (ポンチ)

トラックバック(0) コメント(1) TOP
CategorieBLレビュー(漫画)
Genreアニメ・コミック Themeボーイズラブ

行ってきました。
簡単に感想を(ネタバレあり)

原作とは色々違う点多々ですが、面白かったというべきか予想よりはよく出来ていた。
というか。
藤原竜也演ずる「夜神 月」の黒さのパワーが原作よりも増していて…良かった、という印象ですかね。藤原くんが思い入れのある役だと言ったので気合も入っているんでしょう、歪んでいく正義感が良く表に出ていました。
だからか、Lがなあ。
原作に忠実な感じで飄々として不思議ちゃんなところを出したかったのかな?、イメージなんですなんですけれど。月が徐々に黒さを増していくのでもう少し押しの強い感じでもいいとか思いました。

そして問題のリュークですが。
CGの出来はいいでしょう、とても。CVの獅童はいいんだけど可も不可もないといった感じでした。

ミサミサも次にはでてくるぞ、という布石があって。お馬鹿にノートを使うだろうな、という感じの子が出ていてこれもなかなかに雰囲気でした。

お話は。
原作で言う2巻辺りの南空(元FBI女捜査官)と月の対峙が前編のラストになっているんですが、映画のオリキャラとしてでて来る月の恋人詩織がその南海に脅されて月をおびき寄せ、南空が逃げようとした詩織を誤って撃ってしまう、そして詩織は死ぬ。南空は自殺。

というシナリオ、これは月がデスノートに書いたものだったんですけれど。

(詩織はキラの裁きには否定的でして)彼女は今はキラに否定的だが自分がキラだと知ったら必ず認めてくれる、と信じていて。二人は相思相愛の知的な恋人同士と描かれていたのですが。
目的(キラとして自分)のために結局キラはノートに恋人の名前を書く・・・。

そのキラとしての冷静さ、それと本当の自分、月がキラだとを知らないうちに彼女を殺してしまったこと。それを考えると、結局知られるのが怖かった、このまま自分を愛している彼女でいて欲しかったという気持ちがあるような…そんな演技で引き込まれましたね。
そしてLに負けたくない、自分の野望のための傲慢な黒さが際立っていて見ていて小気味良い感じ。

そこへキラを突き止めるためなら自分の部下を死なせても構わない、ある意味キラと同じのLがやってきて・・・。

後編は「キラ対L」だぞ、という引きで彼らが出会い終了。

ラストは「誰も知らない」お話に。という予告がありましたので、さてどうなるかですけれど。
次のキラ対Lではさらにドキドキする感じの追い詰め合いがいいなあ、と思う次第にございます。
原作を知っているせいか今回は緊迫したドキドキ感が得られなかったかなあと思うので。(ぴかり)

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie映画・TV
Genre映画 ThemeDEATH NOTE

2006’07.02・Sun

垂れ目

仮面ライダーカブト
見てます?

特撮ではやはりウルトラマン・戦隊・ライダーとお茶の間のチビッコの三大ヒーローとして長く親しまれてますよね。
戦隊好きな私ですがライダーもはずせない。幼い頃はストロンガーの真似をよくしたものです。懐
以下分かる人にだけ届け!熱き魂!!!

そして現在。。元モデルだなんだと母親にターゲットを絞ってるのは大概の家のオカンが財布を握ってるせいか?ダントツいい男満載の仮面ライダー
響では鬼と異色ぷりを発揮して楽器が武器と冒険したのはファーストを創ったせいでしょうか?1号2号とTVシリーズで助監督していたのが遂にこんなにもクオリティーの高い映画を創ったのは感動の極であります。が、うちの小さい人は親程ではなかった………これはね、大人のライダーなのさ(泣)こんな線の細い本郷はちょいとイメージ違うな~なんて思いながらもアクションは涎モノです!痺れモノです!あ~ロケ班してぇ

今回のライダーは子供大好きカブトムシ!他にも蜂(頂点なんだからコレは外せん)トンボ(カブタックのキャプテンテントンボーグにしか見えない:爆)蠍(すでに死相が:笑)クワガタ(やはり出たか…)とストロンガーより進んだな~と感心感激

さて、、腐女子にはたまらん設定もミエミエ★隠れてない!のに、まったく主人公カッコイイ~だけでまったく話が噛み合わない園ママとたまにライダー話
が、、私が言いたいのはあの垂れ目!
気付いてたわよあんたがタダ者ぢゃないって!お馬鹿な過去あり腹に一モツニモツあり、あり、あり!ロングでの悪魔の囁きシーンは萌た(笑)そして分かってくれるのはこのメンバーしかないないから取敢ず園ママには当たり障りなくしとこう!も理解したワンシーン。。あ~すがるザビィのこは今一つ私の基準受には外れてますが下半身にすがったのは合格です。おめでとう。そしてありがとう。そしてさらなる活躍あれと願ったらヒーロータイムで垂れ目がシメルとは!!!
俺様の攻美学でこれは微妙~
他にもヤバいくらい美味しそうなのありありで今後も目が放せないライダーと垂れ目でした=腐

ぶいぶい

トラックバック(0) コメント(1) TOP
Categorie仮面ライダーカブト
Genreテレビ・ラジオ Theme仮面ライダーカブト

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。