--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

とうとう終わってしまった「地球へ…」。

ジョミー派な私にとってはジョミーに痛さが足りなかった…!なんていう感想がまずあったりするんですが。
痛さ、というのは原作でのナスカ事件の後自分に閉じこもってしまい聴覚視覚など失いジョミーの心の弱い部分が描かれていた、ってところが気に入ってたのよね。閉じこもり自分を見つめ、仲間とも隔絶した世界に行ってしまっていた感じのあるジョミー、心の葛藤が感じられたんです。孤独というものに晒され自分を見つめなおし(ミュウとして人類との狭間に生まれたジョミーとしての苦しみやブルーから受け継いだものの重さや、ナスカで失った仲間のこととか一人で背負っていた)が彼を強くしていったと思っていましたから。
勿論原作はあんなに長くブルーが手を引いてくれなかったしね・・・独り、というところが結構強調されてたからああなってしまったんでしょう。
でも今回のアニメの方の強いジョミーもまたいいのはいいんですけどね。仲間とともに突き進む、という形で自分を強く持ちミュウをまとめ次世代に繋いでいこうとするものがありましたから。
しかし全般的にみてキースの話になってしまった感が私にはあり・・・ちょっと残念だったかな、とか思うわけです。

でよ。
真面目に語るのは置いといて。
あのキースとジョミーのラストよね。
ぶっちゃけ、ちょっと引いた・・・。

私的腐目線が吉原センセの某小説のラストが被っちゃって・・・大変!
某小説って言うのは、センセの代表作ですが・・・。
並んで座ってて何だか語らって・・・お互いの孤独を癒せる存在というか人類とミュウでも理解しあえるということ最期になって体現した二人の間には過去の憎しみもなかったわけですね。
お互いが特異な存在として生まれ背負ってきたもの、それぞれが人類やミュウたちのために捧げた、ある意味自由に生きられなかった人生も・・・色々なものの共通点そんなものを全て理解しあった二人は同じものと戦うことで得た・・・
究極的愛(←妄想入り)
そして最期は心中かよ!(つかさ、ジョミーマジテレポートする力無かったのかよ?と思うと心中だよやっぱ)

それがなんだかね~煙草こそ吸ってなかったけど・・・被った。
被りましたとも!

ま、キースはジョミーに好き好き光線出っぱなだったような気がするからね・・・ラストは特にだし。無自覚な純愛って感じ?(ミュウも攻撃してきたけどそれってやらされていたこと・・・に近いしね。憎しみと愛の裏返し~ってな感じだから最期自由となればそりゃ・・・ね)が漂ってたし・・・。
ジョミーが先に逝った後に「独りなのか」とか呟いたあたりもね・・・せめてもっと愛を語らいたかったというか世界に二人って感じを満喫したかったというか・・・腐腐腐。
いや、そんな目でみちゃいかんわけですが。見えたって!

ああ・・・感動の最終回妄想まみれでどうにも感動が・・・!
今回ほど自分の腐心に呆れたことはありませんよ。


しかしあの世界の未来は。
トオニィへと時代を繋いだミュウとは対照的に自由は手に入れたけれど人類はその指標も無く、長らく自分達で考えることもなかった彼らに未来はやはり感じられない気はしました。がキースは「最期に自由になれた」ことで自分もミュウも好きになれたと思う。時代を継ぐミュウを描いた話でもありましたが、抑圧された時代の中で自分を探し最期に手に入れることができたキース、彼のための物語だったなあ、と思ったり。

しかしこの半年新しい解釈という面でも演出面でも声優面でも。
特に声優の方は魂こもった演技で話も盛り上がり、楽しませてもらえましたね。
竹宮作品が色褪せてないことも嬉しかったりしましたが。

さ、10月からはガン●ムか・・・。
やっぱりGが始まると心躍っちゃうなあ・・・。


(ぴかり)



スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieアニメ・ゲーム
Genreアニメ・コミック Theme地球へ…

2007’09.21・Fri

スイッチON!

恒例〔貴腐人の集い〕
今回は朝一ケーキに始まりぴかりさんのお宅にお邪魔して電王を観る楽しい時間でした。
( ̄▽ ̄)あ~なんか落ち着く~

そんなマッタリした一時を貴腐人が連打!
俺のスイッチ連打!!洞察力があるからか、俺がだだ漏れしてるからか、…………どっちにしても心を読むのはヤメテくれ。。(笑)

だけどヽ(´ー`)ノハレルヤ
デネブって、、、いいよね★
旬です。旬。。

あの時ああしとけば…
あの時ああ言えば…
あの時間に還りたい。あの時間に還ってやり直したい。
人間は誰しも‘岐路’にたつ‘選択’している‘後悔’している
その時間がその人を捕らえて離さない。
いや、離さないのは人間か…
だからこそイマジンは過去へ翔べる

桜井侑斗と名乗る彼も又契約した‘時間’に捕らえられた一人だった。

「侑斗…」

今、正に最後のカードが彼の手から消えていくのをデネブは黙ってみているだけしか出来ない。

侑斗と契約したのは随分小さい時からだ。
何処でどう間違えたのか金使いが粗く素直じゃなくて友達もいない侑斗を心配していたがそれも少しは明るい兆しが見えていた頃だけに
デネブは焦っていた。
我が儘や無茶なら何度もあったが野上に出会って友達になって…
やっと…やっと…
可愛い侑斗に!理想的な侑斗に!なってきただけに……勿体無い

よくよく考えてみれば小さい頃は泣いてすがりついてきたのに「これではいけない」と強くあれと諭してきたのが悪かった………多分…
甘いモノが大好きでウッカリ虫歯を作ってしまったのもその頃………な、気がする。

やり直したい!

一からとは謂わないが過去に跳んであの時泣いてマントの裾をはなさなかった侑斗を抱きしめてあげたい。
大きくなってしまった侑斗は強がりばかり言って…………顔をあげるその仕草は泣かない為だ。此方を見ようとしない。

「侑斗…」

今、正に最後のカードが彼の手から消えようとしているのをデネブは黙って見ていた。

侑斗は絶望の淵にたっている…のに――――ホッとしている自分いる。
コレで頼るのは自分しかいない。そんな優越感が自然と口元をほころんでしまうのを何とか押し殺す。

何時からか泣くまいと空を、星を、見上げるのが彼の癖になっていた。
今も顔を上にあげ背を向けたまま動こうとはしないでいる。

可愛い…侑斗。愛しい侑斗。私だけの侑斗…
無理に振り向かせて抱きしめたい。
思いっきり泣かせたい…なかせたい……鳴かせたい………
この世界は侑斗を傷つけるものばかりだ
僅かな光であった野上愛理も今となっては彼を傷つけるだけだ
いっそ光など入りようもない地下深くまで連れ去ろうか
いっそ星しか見えぬ深い森の岩に縛りつけてしまおうか
そこなら好きなだけ―――ナイテ、ナイテ、涙モ、嗚咽モ、ソノ苦シミヲ受ケ止メテアゲルノニ
間違えたのなら何度でも過去に跳ぼう。そうすれば永遠に侑斗はワタシノモノダ………

振り向いた瞳が泣くまいと睨んで邪な考えが読まれたのかと固まる。
コレが彼の最後のプライド。コレが彼の最後の砦。
堅く閉じた口が全てを求むているくせに拒んでいる。
…誰を?私を?自分を?

「侑斗…」

泣けずに………抱けずに………
二人は向かい合ったままただ立ち尽くしていた。

これは基盤で出来れば月夜に××や鎖で××なんてハァハァハァ(●д●)俺的にはデネブ二重人格~~
壊れろ~デネブ~~~
侑斗は生まれてくるはずだった姫の甥っ子(笑)で~デネブはジーク状態・な・ワケよ、、成功例ヽヽヽ
で、育ててきたオカンデネブと凶暴なイマジンであるブラックデネブ★がいて攻めぎ合い?みたいな?
どう転んでもヘタレ攻……………イヤン★なんか甘そう
誰か俺の欲望を形に…………してるんだろ~な~ハッハッハ~

先ずは日曜の朝はツンデレで幸せになって欲しいよ~なもう不幸畳み掛けも甘そうな…

これも攻めぎ合い==ぶいぶい

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie携帯投稿

2007’09.17・Mon

貴腐人の読書

最近…某映画の宣伝で「あなたと合体したい!」などと言う言葉に対し
『オイオイ…この時間帯からその台詞…問題ないわけ?』などと一人で突っ込んでおります。
そしてアレって…時間帯によって映像違うの??って…
いや~チラッとだけど別の映像見たもんで…

そんな事をボ~ッと考えながら過ごす私は今…『萌え不足』です。
最近…思いっきり嵌れるものがなくてね~寂しい事です。
それでもポツポツは何かと読んでいる訳ですが…って事で今日は久しぶりに漫画のご紹介をしたいと思います。

BBC 「ホネヌキにされたい」    北上れん 著
この著者の作品は絵的に好きです。
カッチリした体格・色気のある口元(上唇薄めの下唇厚め…)・骨ばった手…。
ついでに煙草と背広の似合うお年頃…。
そんなキャラがいっぱいで目に美味しいです。

さて、作品の内容ですが…
表題作は犬系年下攻めとツンデレ系リーマン受けと書き下ろし他は勘違い同級生にひねくれ系大人二人医師×研修医と出会って突然落ちる二人
の短編集になっています。
ポンチの好みは…表題作と医師編ですね。

どの話も甘~い作品となっています。
そしてラストはちょっと後引く感じ?もの足りなさやこの後どうなるのよ~って気になる終り方です。
=上手いよね~この終らせ方!

短編の話ですから…じっくりと二人が結びついていくような話が好みの方はもの足りないと思います。
単純に出会って好きになって相愛になるって事で満足できる方にはお薦めです。
BL…所詮は腐女子の妄想・お伽話の世界ですから…
なぜ問題なく受け入れる?なぜ何がきっかけでそうなるの?とかって疑問は不要…
=ある意味少女漫画よりも単純だと思う。
でも…BLはそれでいいのよ!

前作の「ひとり占めセオリー」も素敵な作品でしたが今回も素敵な作品になっています。
ちょっと後引く感じ… これが堪らなく好きです。


                 (ポンチ)



トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(漫画)

2007’09.11・Tue

電薔廃園拍手RES

いつもご来訪ありがとうございます。
2ヶ月超・・・更新がない・・・ぎゃ!すいません。

特に2周年企画を放置しているポンチとぴかりと致しましては・・・。
特に吉原センセ作品の過去のCDを聞いたりして気分を盛り上げ(←??)誠意執筆(準備中?)です。
あ~萌え足りん。
早く全サ来ないかなあ~。

そんなボヤキはココまで。
WEB拍手へのコメントありがとうございます。遅くなりましたがお返事です。


8/27 9:58 吉原作品目当てでお邪魔しました。特に「二重螺旋」の「夏休み」カラミが楽しくて。   のアナタさま!


ありがとうございます~吉原作品・・・やっぱり原点っぽいんですよね、私のBLの。
さて「二重螺旋」シリーズ、早く次がでないかと思いつつ、やはり次は姉絡みなんだろうからシリアスハード免れないな、という感じで。ナオが追い詰められたりするのはセンセ~に期待の鬼畜ファンな私。
だから妄想部分で自分は兄×ナオの甘~いのが書きたいし。
ということで。
加々美は二人にとってどんなスパイス?
・・・ガンバリマス。
コメントありがとうございました。


8/28 4:26 二重螺旋目当てで通ってます。2周年企画の続きも楽しみにしてますので、どうぞ宜しく御願い致します!   のアナタさま!


二重螺旋ファンのご来訪・・・嬉しい限り!ありがたいです~。
もっと交流できないか、などと考えたりもしていますが・・・。
それより、2周年企画ですね。
はい、お待たせしています。半放置状態ですが・・・どうにか終了させてできればこのサイトを作る時にポンチと考えていた、二重螺旋ネタのリレー小説(勝手に未来編)まで行けたらいいなあ・・・とも思っていますので・・・。
今後ともマッタリ更新ですがお暇なときに遊びに来てくださいませ。
コメントありがとうございました。


二重螺旋に関しまして。
甘い話を書こう、なんてポンチとの合言葉ですが。
最近ぴかりは「愛情鎖縛」で退院してきたナオがトラウマ発作を起こし、雅紀が薬を・・・というシーンから出た妄想。
あの発作は少なくとも初めてではないはずなので、兄の存在がきっかけでまた忘れかけていた兄との過去&事故のことを絡めた・・・入院中に起こった発作とか・・・の話を書きたい気持ちがあるんです・・・。
ええ、身内にも「それどうよ」と引かれ気味なネタですが・・・。
今の連載が終わったらちょっと書こうか、とか思ったり。
でもやっぱり甘い二人がいいですよね?

では近いうちに更新・・・頑張りたいな~と遠い目で呟いておきます。
(ぴかり)



トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie電薔廃園拍手RES

2007’09.11・Tue

メタモルフォ~ゼ

メタモルフォ~ゼというテーマで最近感じたことを2発。

①「YES!プ●キュア」
前回初めて見た・・・腐だ・・・腐が転がってた。
ココとナッツ・・・?
なんてこったい小動物&変身後先生&主従関係??てんこもり萌えネタか!
なんと!王子のCVは草●さん!ぎゃ~!!
いやね、たまたま見たし・・・なんとなくそこに腐ネタがあるとはわかったたけどね、ちょうどナッツがココを庇ってどっかにとばされてしまい不安なココ・・・みたいな回だったせいもあって・・・。
色黒な家来(何だかわからないが)と王子はムフフだな、と妄想オン!
(ヲイ、日曜の朝は濃厚だな。)
と一人呟いてましたよ・・・ふふふ。
来週からは8時半からテレビ東京系にチャンネル変えないと思います・・・。

②吉原センセの腐れ縁の法則⑤「情動のメタモルフォーゼ」感想

読みました。
読んだんですが・・・読みが足りないのか理解力か足りないのか・・・。何処がメタモ??とぶっちゃけ感じてちょっと悩み中なのです。(大体は掴めていますよ?)
出版される前タイトルからして、絶対に
「よっし、やっとあの天然バスケばかがやっと哲史への感情に目覚めやがんのか」
と一人意気込んでいたのでガクっと来た気もしますが・・・角川ノベルでハード路線を求めていた私が悪いのか。
①が「トライアングル・ラブ・バトル」ってサブタイだったので・・・当然翼と龍平が哲史を取り合う(近く取り合いになる)展開なんだろうと思っていた私。
しかし、哲史は翼と結構いい感じのラブぶり同棲生活で、龍平とは完璧親友状態。哲史の中の線引きはしっかりあるし・・・でも龍平は自覚なしで肉体込み哲史ラブなんだ、いつか絶対化けるんだ~いつよ?早く!と感じていたからこそ・・・アレ?なんですが。
このまま恋愛と友情、そんなところで落ち着く?みたいな感じに進んでしまったらちょっと待った!的な物足りなさが・・・。
いや、哲史ハーレムはOK、生徒会の上級生もそうなりそうな感じでいいんです、OKなんですが・・・キチクな翼と本気の龍平の哲史への溢れんばかりの想いとか、独占欲のぶつかり合い、それがみたい!
泥沼化カモン、でも哲史が二人とも選びそうな気もしますが・・・ハード路線が読みたいなあ~。
主人公は高校生トリオだって!!
私やっぱりアダルト過ぎますか?考えが・・・。

ま、今後の龍平の脱皮に期待しましょう、ね?ポンチ!

(ぴかり)

トラックバック(0) コメント(3) TOP
Categorie携帯投稿

2007’09.10・Mon

俺だけな話 12

31・32話「正義は何時だってピンチな時程強くなる!
力も仲間の絆も!!」
昭和、昭和、、昭和、、、

本編:ミルクディッパーいきなり差押えからスタート
天然お姉さんヤッパリ何時かあるんぢゃないかと思ってた保証人の判子押しちゃた。やっちゃった。。それどーよ。。。
しかも“顔よし地位よし金あり性格悪し”が仕組んだ事でプロポーズするもやはりフラレる………あぁ、昭和のラブコメ?
そんな昭和な彼に憑いたのは未だ嘗てなく強いイマジン=二匹
リュウタロスがボコボコでっせ
ありえね~二匹目ってなんでバカなんか、、ありえね~なんやかやとモモタロスに敬語なウラタロスって狙ってね~!?

ま、最終的には殺られるけど最期まで目立ってたよ。流石だよ。。
出来ればてんこ盛りン時は独り跳ねて悪態ついてと〃〃はたから見たら「見ちゃいけません!」やって欲しかった=お気に入り

意外で地味で大活躍
常連二人がスクープあげたのにワンカットだけ……………後も触れなかったし…
チョイ役って…

俺だけ副タイトル「愛の為に生きる!」

緑烏はヒタすら若の愛に生きる
合図があるば直ぐに駆けつけるし橋の下に隠れる隠れる
攻撃も体を張ってうけちゃう
最後のカードは使わせない!たら使わせない!!
ま、若は使うんだけどさヽ「カードはお守りじゃないんだ。」

ン~強がる若を緑烏がみたらノタウツよ゜゜

ここで色々想像…妄想した桜井侑斗の実態一部判明

カードを使うと大事なモノを失っていく

ヘ~ヘ~ヘ~ヘ~ヘ~ヘ~ヘ~ヘ~ヘ~ヘ~ヘ~ヘ~
あったな、この前フリ

僅かに残っていた姉ちゃんも昭和男も“桜井侑斗”の記憶を無くして、ソレは存在を意味するから緑烏は必死
必死で飴作り…あいや、友達作りをしてたのネンネンネン☆

愛や!(T^T)
愛アレバこそ!!
これぞTHE愛!!!
最近は気を使って憑いたり着ぐるみが………………そのまんま
もしくは!タオル一枚頭にかけただけで街は歩くし、病院に入るし、、溶け込んぢゃってるし、、、そんなに反応されてないし、、、、「見ちゃいけません」って言われなくなってるし~、、、、、
イヤン★天然ヽヽ
そんな緑烏に、そんな緑烏、、そんな緑烏、、そんなデネブに、、、

自分が…自分が覚えているから…」
なんて、独占欲丸出しで後ろから抱き着く!って
やれ~
「お前を誰の前にも晒したくない!」
って手錠とか足枷とかして軟禁
しろ~
反抗的な侑斗に口移しで飴ちゃん食わせて!舌を噛まれて!!血を流して!!!
みろ~

あ~頭んゞゞゞゞ中はブラック★デネブでいっぱいいっぱい

ぶいぶい

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie仮面ライダー電王

2007’09.05・Wed

呪われてる??

残暑厳しいですね~それでも幾分か朝や夜は過ごしやすく感じます。
でもやっぱり暑いのよ~体はキツイのよ~
その上、さらに懐も厳しくなってきました。

最近になって我家の大型家電に危機が迫って来ています。
それも一台だけでなくあっちもこっちも…

まずはプレイヤー関係
子供の扱いも荒いのでしょう…まともに録画再生出来ない。
我家にまだビデオもあるんですよね~だからかなり消耗しているって感じです。

そしてTV…
こっちはゲームなどと接続して遊ぶ事が多いからでしょうか?
出力や入力端子の部分がグラ付き上手くオーディオやゲーム機が作動しない。
挙句に画面に異常が…一台はそろそろ寿命だと思うんで諦めですがもう一台は…まだ一年くらいなのに…。

とどめにエアコン…
まだ使わないと夜は寝れない!
上手くリモコンと連動しなくて本体が動きません。
リモコン自体には問題ないようで…問題なのはエアコン本体のようです。

まったく、どれもこれも金額的にも大きいものばかりで…
先日はDVDプレイヤーが一番だと思い(色々今後の番組予約もあるしね!)チェックしに行きました。
ビデオとDVDが一体になったヤツで安い物で大体決めていた。
(今高いもの買うのは損だしね!新型出るまで待たないと…)
なのにエアコンが来たよ~
ウ~(涙)DVDプレイヤーを諦めてエアコンが一番だね!
(悲しい~でも何が何でも秋の新番組に間に合わせないとDVDプレイヤー)
その前にTVが逝ってしまったらどうしよう?
目も当てられない…

一気に買うにはかなりの勇気がいるわ。
昔のオヤジがしていて様に叩いたり蹴ったりして直らないかしら?無理??

この際覚悟を決めるしかないかしらね~
とりあえず…家計のやりくり頑張るわ!!

                        (ポンチ)


トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie日常雑記
Genre日記 Theme日々のつれづれ

2007’09.02・Sun

真っ只中…

何の?というと
大阪の祭典の真っ只中です。

暑いですね…うだります。
昨日はポケモンパルシティに行き、今日はインテ。
2日連続の人混みと長蛇の列に死にかけ…
でも今日は待ったかいもあって色々な刺激を受けました。

オンラインでとにかくお世話になっている方との生トーク…旧友との再会ともう下火と思っていたジャンルはまだまだ熱くて…やる気がでました。
昨日の夜は執事カフェというものにも行って…
楽しく脳内妄想を…
その話は後日。
ではもう少し独身に戻ったような時間を満喫します~。

(ぴかり)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日常雑記

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。