--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2007’12.31・Mon

俺だけな話 電王20

ぴかりさんお勧め☆Dぐれにやっと、今頃、、まんまと、、、ハマってま~す★
黒ア●ンがよか~!!!!
思うツボにどっぷり♪――――お勧めでハズレなしなんですが!今ンとこ最大にして最高のお勧めにハマった=鋼錬:-*新刊出ましたね~イヤ~~プライドが~~~とは!…でもね、、、
「大総統登場してませんよ!?」
キィゝゝゝゝゝ――――な・俺に魂の救済を

今年最後を締める
俺の
俺の
俺の 俺・だ・け★な話!!妄想スタート。。。いくぜ!いくぜ!!いくぜ!!!

45・46話『愛か美学か大人の事情か
死なやきゃ進めない・・・あ・アンタ死相が出てるよ』

本編:ハードボイルド†††††††††

総ては分岐点である野上 愛理の為
愛した人、時間、世界の為
なればこの身を犠牲に!過去すらも捧げ愛の為闘う!!

「ラブリーゼロノス見参!!!」

ヽ(´ー`)ノなんちゃって☆
なんかロマンチック☆な設定やもんね~

姫お憑の四匹もラブラブパワー全開満開満員御礼
サクッ☆と極めてXmasパーティーしちゃおう姫にサプライズ
(; ̄▽ ̄)┛頭ん中ジングルベルな四匹に休みも祝日もイベントもないんぢゃい!たらないいんぢゃい!!

姫がそろりそろりと確信に触れてきました。。。
キーワードは懐中時計一万六千八百円也…高いんか安いのかよく分からん。

すご~~~~~~くヽヽヽヽヽ狭い範囲で抜けた記憶
過去からの良太郎から良太郎への贈り物“懐中時計”
結婚を決めたお姉ちゃんと、多分これが最後の姉弟水入らずの年末の買物にあの桜井侑斗が持っている懐中時計を買ったまでは覚えているけど………
イマジン出現によりその時間に跳ぶ姫と必死に止める若

「なりませぬ!姫なりませぬ!!」
「ええぃ、離すのぢゃ」
「なりませぬ!!なりませぬぞ!!!」

其処にはゼロノスが苦戦の末敗れ消滅する世界、消え逝く姉、、狂気するカイがいて、、、

「姉上~姉上~」
「姫ご乱心!」
「え~い離すのぢゃ」「姫ご乱心!!姫ご乱心!!」
「あ~ね~う~え~っっ」
「姫ご乱心!!!」
――――――――サプライズパーティーどころぢゃありません。。。。。

動揺して、ショックを受けて、、それでも何かを決意しようと勇気をふりいたたそうとする!する前の姫が、、、
そ・そ・る・★

幸せそうに笑ったり、ついつい許してはにかんだり、、何かしら不幸があっても誰かは助けてくれてチョイ照れてるより、、、
姫であるがゆえ気高く、揺るぎなく、、頑固で、、、周りが結局折れるほうが、、、、
そ・そ・る・★

姉が分岐点で、しかも知っていて、、消えると解っているにも関わらず死地に向わんとする姉上に武家の覚悟を知った!そんな姫に、、、
そ・そ・る・★

おデブ△▽△▽実はカイ側のイマジンだったんだけど独り必死に闘うゼロノス=桜井に胸キュン☆(一目惚れ)の裏切り~の桜井の願いで侑斗に出会いストライク☆(直球)の尽くし~の
そんなBLの本が丸々一冊出来る!つーか読んだ気がする!!脳内デ!!!(≧ε≦)その説明クサイ話に!!!!若が「ずっと一緒にいろ」とはにかむ
その、その、、その、、、顔が
そ・そ・る・★

やん★おデブに死相が観えた瞬間86%:-*

予告何気に黄熊死相か?逝くのか??死ぬかよ???
俺の描いた赤鬼青亀のロマンスもよろしくだよ―――――コレが俺の愛のかたち★
おデブは無論正攻法でも侑斗を庇って散ってくれ
雨の中絶叫する侑斗は画になる:-)クックックッ
愛のかたち★★
おデブが逝っても戦わなければならない侑斗にフッとおデブの力を感じる(死んでもストーカー)
愛のかたち★★★
逝ったはずなのにおデブフェードinな侑斗になってたりするヽヽ正に取り憑かれてる
愛のかたち★★★★
知らぬ間に飴があったり…配ってたり…
愛(ホラー)のかたち★★★★★

妄想したまま今年も終わり
それでは皆様よいお年をお迎え下さい<m(__)m>
大晦日は●ッスルマ●アで〆!( ̄ω ̄)=ぶいぶい
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie携帯投稿

2007’12.27・Thu

当然…例の感想です。

萌え不足の私にサンタからの贈り物?今年も吉原さんで締めれるなんて…最高っす!!

ハイ、振られて飛び出てジャジャジャジャ~ン!のポンチです。
いや~ね、ピカさんったら…振られなくても書いちゃうわよ!番外編感想。

私的には内容は満足するモノだけど…以外な展開だった。
まず番外編だから、本編に重要な影響を及ぼす事のないワンシーンだと思ってたから…。
てっきり…例の全プレCDに絡ませた話かな?って想像していた。
ところが…届いた中身は…ビックリですよ!
こんな大事な台詞と場面をこの番外編で済ますの???って感じ

番外編=副題  『二人の告白大会』 まだ信じられない尚人とスッキリ開き直った雅紀って感じ。

手持ちの小説を見直すと…2巻のあとでこの場面が入るから…と続く展開に納得出来る事もあり…
=だって、二人での蜜シーンでは「雅紀兄さん」て呼ぶのがなくなって「まぁーちゃん」って呼んでるだけだもんね。
はじめから…最後まで…(これ大事!!)
急に3巻じゃ甘~くなってるし…。
私としては、3巻で急に尚人が雅紀に対してちょっと見せるようになった甘えの理由が納得出来たのでOK!
雅紀の苛めと泣かせが少なくなったのにも納得…。

さて、攻め好きの私としては…

2巻の後に続くこの番外編展開…に伴い落ち着いたように見えるそれ以降の雅紀の締め付けに物足りなく感じる私。
これが自分の気持ちを口にして…その結果として尚人の気持ちを確認したという一種の雅紀の余裕なのか?自信なのか?
雅紀としてはこれをきっかけにして…今まで以上にガッツリといきたいところだけど…。
まだまだお子様の尚人を楽しみたいって言う「光源氏」的思考の方が勝っているのか?
雅紀的には尚人を手離すつもりなど更々ないから…「時間はたっぷりある。」的感じで初心な尚人をまだまだ楽しむつもりの方かな?
どっちにしても高校卒業後の尚人にさらに自由はない!ってことは決定事項
そして本編3巻は一応…短い???『蜜月』って事なんでしょう。

さぁ、このまま終らないのが吉原先生でしょうから…今後の展開が怖いですね~。
不穏な雰囲気の姉の再登場に(逆キレしてたし…)
ちょっぴりフザケタ勘違い母子…この二組はいや~な感じよね。

そして尚人をかなり気に入っちゃた加々美に…
尚人の中でその存在をさらに増す桜坂…私的には桜坂絡みは大歓迎!(キツイ展開でよろしくって感じ!)
加々美は…所詮は大人の余裕でちょっかいは掛けるけど力にもなるって大人対応で…。

あと…弟の裕太の存在
これがね~なんだかんだと言いつつ尚人には懐いてる。
雅紀との事も尚人がOKなら…容認って感じだし~でも、横恋慕的な感じよね。

高校卒業までは話を引きずらないだろうから…どうなる事やら…。
尚人の学校内で…ってのはもうなさそう。雅紀も認める最強の桜坂ら三羽烏が尚人にはいるからね~。
では、家庭内で…
裕太が動くか?裕太より先に姉だろうな~それに裕太が絡んでくるか???
雅紀の方で何らかの問題が起こるのか??

ねっとりこゆいJUNEと作者が言っているのだから…LOVEハッピーENDはないだろうから…
何らかの代償を払うことになるのかな??

それでも雅紀と尚人が残れば…私的にはOKです。
尚人が○○になっても…雅紀が○○しても…OK!
=結構悲惨な展開なんで…伏せます。(笑)


では、皆様今年もありがとうございました。
来年も懲りずによろしくお願いします。

ぜひ…二重螺旋の4巻を来年よろしくお願いします。
想像だけが膨らんで圧迫されない内によろしくお願いします。


                                             (ポンチ)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genre小説・文学 ThemeBL小説

今年もあとわずか・・・。
拍手やコメントいただいたというのに大放置申し訳ありません・・・気付いてみたら秋頃から放置か!今頃に拍手RESとは!大ばか者の管理人ですみません。

今年はあまり更新できなかったなあ~という思いが強いです・・・年末に少し頑張りましたが来年はもう少し・・・頑張ろうかな~。
二重螺旋・・・4巻でないかな~。
と言うことで今年一年ありがとうございました。来年もお暇なときに覗いてくださいませ。よろしくお願いいたします。



10/2 1:02 陽一の腹黒ぶりがたのしいっす。のあなた様
ありがとうございます。
陽一=確信犯・腹黒・策士。私にとりましては同意語でございます。
ガキ領では広海受けなら相手は誰でもOK!な私でも…陽一様だけは別格と捉えています。
ガキ領の中でも陽一×広海は数ある事と思います。その中でも楽しんで頂ければ嬉しいです。
                       (ポンチ)

11/16 15:49 さすが陽一様ですわ❤ のあなた様
お褒めに預かり嬉しいことです。
陽一の広海LOVEは誰にも負けない…負ける訳ないと陽一様は自覚している事と思います。
そんな陽一様は最高に素敵だと思っています。
これからもそんな陽一様を書いていけたらと思っています。
                       (ポンチ)

11/29 1:23 子供の領分面白いです。ランチャーズと御三家絡みも見たいです。 のあなた様
ありがとうございます。私もぜひ本編でこそやって頂きたいと思っている組み合わせ(ランチャーズと御三家)です。
静かに火花散る広海争奪戦!守りきれるか?御三家!?奪還は出来るのか?ランチャーズ!?
さぁ、ココで新たなる敵の出現は??
私としてはぜひ先輩方…参戦願いますって感じです。(笑)
いつか書いてみたい話です。
                       (ポンチ) 

12/9 4:38 夏休みの続き、読みました。待ってました~。早くCharaの全サ届くといいですよね。続きも楽しみにしています。のあなた様

クリスマス時分に届きましたよね?全サ・・・とても幸せなプレゼントになりましたね~。
「夏休み」遅くなって・・・なんと言うか(恥)もう冬ですもの・・・まだ夏か。
ま~ちゃんの嫉妬編?ともなる次を早く更新したいです、待っていてくださる方が一人でもいてくれると言うことで、やる気出てます~。
ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。(ぴかり)



12/11 23:13 夏休みの続き待ってました!嫉妬してる雅紀がツボです。この後の尚くん大変そう(笑)続き楽しみにしてます  のあなた様

応援ありがとうございます~嫉妬モードの雅紀は・・・ですよね。
(・・・はご想像にお任せです)
尚人はどうなることか!(ヲイ)と言う感じで、いっぱい妄想ぶち込んで進行中です。基本、甘い二人を書きたいので・・・そうなるべくガンバリマス~。
今後ともよろしくお願いいたします。(ぴかり)


12/23 22:50 charaの全プレ届きましたよ。も~幸せですわ。のあなた様

ホント幸せですよね、というか尚人に安心しました。と言うのも変ですが、分かっていたんだけど尚人は(雅紀との関係を)どうなんだろうと思っていたのでそれが読めて幸せでした。そして甘い・・・。
これを糧にまた妄想します~。
コメントありがとうございました。(ぴかり)


22:55 クリスマス小説拝読させていただきました。とっても癒されました。今度はお正月バージョンを読めたらなぁ。のあなた様

わ~こちらこそ癒されました!嬉しい感想を頂き・・・ありがとうございます~。
三人の日常というか、ありふれた光景に幸せを感じる瞬間が篠宮家にはあるのではないだろうか、ということで。鍋を囲むクリスマスにしてみました。
そして・・・お正月バージョンですか!
何か浮かんできたようなこないような・・・!もし纏まれば頑張ってみます・・でも期待はしないで下さいませ。(ぴかり)




マイナーなHP運営をしている私たちにぽちっと押してくださる拍手・・・とても励みにしています。こんなに更新の少ない私たちに温かい応援ありがとうございます。
これからもマイペースですが妄想の垂れ流しは続きます。
今後ともよろしくお願いします。

管理人一同

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie電薔廃園更新記録

来ました、全サ・・・先週末に来ましたがソッコー読んだのは勿論「境界線」。
吉原先生の「二重螺旋」の番外編です。(「境界線」・・・センセのお話ではよく使われる言葉だよね・・・)

しかしこの話って番外編??って位置付けなの?
と思ったのは私だけなんでしょうかね?
この尚人の気持ちは本編で語るべき・・・とか思ったし、雅紀がベット以外でも「ナオのことがすごく好きだってこと」って真摯に告げるシーンもね・・・3巻であって欲しかったなあ~。
その上
「だったらまーちゃんも俺のものになってくれるの」
と尚人もさ、しっかり返事してるじゃない。これって重要シーンだ!!
こんなに幸せな話って!(だから番外なのか?)

と思うのですが。
これがあったから3巻でも「情熱のベクトル」とかでもあんなに甘いのね。

・・・今まで雅紀の尚人への気持ちの描写は結構あって余裕のない様子とかも伝わってきていたんですけど、尚人は本当のところどうなんだろう・・・と思ってたんですよね。
勿論、雅紀に対しての気持ちにブレというか、尚人にとっての雅紀は唯一の人というのが幼少期からずっと変わってはいないし、雅紀を欲しがっているのは自分で雅紀は違う、と思い込んでいたから自戒で雁字搦めになってる、ってのは伝わってきてたけど。尚人の言葉ではここまで描写がなかったからホントはどうなの~と思うところもあったんですね。
尚人にとっては最後の砦なんだよね、快楽に流されないってのは、それがどう変化してきたかって2巻最後の雅紀の告白以後・・・尚人の気持ちを知りたかったの。
今回はその部分がやっと読めました。

しかし流されないと言う尚人の覚悟も雅紀の言葉の呪縛もあって・・・そろそろ限界が近いね。これは雅紀の作戦勝ち、というかこれしかなかったんでしょうけども。
尚人が超えてはいけないと思っていたラインを既に超え始めているんだもんね・・・。
つか。
「ンじゃ、とりあえず誓いのキスから始めようか」
っていったまーちゃん・・・。
尚人の前では出さなかったけど心の中で「よっしゃ~」ってガッツポーズしてたんじゃね(笑)

わ~キタ。

じわじわと甘さがキている状況です。でも甘いといっても吉原センセのはなあ~この幸福はいつまで続くんだろう・・・?と逆に切迫感が・・・。
そして姉来襲まであとどのぐらいかと考えてしまったりします。
あの姉か・・・どうなるんだろ~(もしかして父リベンジとかもないだろうか?)


尚人の気持ちの詳細が語られていたので今回の話は私的には満足&幸せでした。
しかし登校前のあの会話でそのまま登校できたのかって・・・登校前でいいのよね。
絶対欠席だよナオ・・・ってあの後のシーンは繋がっているのかどうなのか?
繋がっているんだろうなあ・・・誓いのキスの後なだれ込んだのか、はっきりしないんだけど~雅紀だもん、ちゃんとしたんだよね・・・?

さてはて相方ポンチはどう感じたよ?この番外編の感想?
・・・とふっておきます。

(ぴかり)




トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Themeボーイズラブ

2007’12.19・Wed

HP更新記録

こんばんは。

クリスマスの近付くこの時期、とにかく世の中浮き足立ってる・・・私もその一人。でも結構好きな時期でもあります・・・終わるまでだけど。

さて、サイトを立てて3回目のクリスマスとなりました。
毎年どこかでクリスマス小説をあげていますが今年こそ別館ではなく本館で、ということで。
やりました!
でも本当はクリスマスのネタを使ったからクリスマス小説と銘打っただけ、本音は二重螺旋コンテンツ&別館での相方ポンチの誕生日小説です。遅れましたがご笑納を~。

で・・・話は二重螺旋です。オリジナルでないのが痛いが・・・吉原センセの二次創作です・・・。篠宮三兄弟のほのぼの。こんなのも時には・・・いいでしょう。
そして「夏休み」ではなくてすいません、けど一応ホットラインEXという位置付けです。

では次回こそ「夏休み」更新できるといいなあ~

WEB拍手いつもありがとうございます、近日中にRESをこちらにあげます。
今後ともよろしくお願いいたします。

(ぴかり)

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie電薔廃園更新記録

2007’12.18・Tue

俺だけな話 電王19

『Xmas前にいさかいがあったほうが燃えるかイベントみたいに喧嘩するんです!
そんなアンタは受だよ★受★★』

大人の階段を〇〇君はまるでシン〇〇ラさ♪
電●コイ●観ってま~す☆終わったから又一からぢゃ~~~ん

43・44話:やっと本題にはいりました。。。
人間の未来かイマジンの未来か。。
過去がないモノに未来はない。現在の人間を助けると云う事はイマジンを消すと云う事
「みんな消えるのさ――こんな風に」
カイが無情にビルを消し真実?を口にしたソレは四匹はとっくに覚悟も決意も決めてたワケで………

「何時かくる別れはとっくに覚悟してました。」

なんて、なんて、、なんて、、、
そりゃ…………いきなりぢゃん?
命ならとっくに良太郎に預けてる。
黄熊も浪花節炸裂☆☆久しぶり
かなり立腹な赤鬼は強くなったからって勘違いすんなと良太郎につっかかる。つっかかる。。
イイ気なんは、、、おめぇだ!!
高々ご指南役に任命されたからってそんな姫にご無体な!!!
なんて観てたら姫の!あの!!頑固さから!!!本音引き出した!!!!yo~~~~~

あ~あ、、Xmas前最大にノロケられちゃったε=┏(; ̄▽ ̄)┛みたいな~ 知ってるよラブラブなのわよ~~
俺やっと恋人とのXmasつーのを過ごしてキスしたらマジゲロされたからよ~※△年前の真実
この時期ナニゲに性格が歪む歪む

大体結果なんて分かってた!知ってた!!「愛してる?
答えはきいてないけど!!!」

苦悩する良太郎の肌がボロボロなのが気になるが傷付いた表情がまたそそるのう~
思い余って皆と(一緒に)は闘わないって無茶な選択チョイスな姫は無論ボロボロなのがそそるのう~
頑固なんで赤鬼ともぶつかるし周りはオロオロだし主従関係ボロボロなのがそそるのう~
だけどだけっど「現在を大事にしたいから~」で、、、
過去も未来も「そんなの関係ね~そんなの関係ね~」****Loveオッ●ピー

桜井侑斗を殺せばイマジンの時間に繋がる――――から狙われてるのは分かったけど…
気になるあのお姉ちゃんが湖で涙に暮れる、あの、、空白の1日は、、、次週。。。。
まぁ、本編だし、、あんだけフリがあれば、、、触れんワケにはいかんだろ~つーかソレこそが総ての始まり?鍵??確信???
さぁ、真実はいかに――――俺的に姉の婚約者桜井侑斗と“好きになっちゃいけない人”をやって欲しい:-*そして広がる妄想( ̄ω ̄)「義兄さん…」

チョモランマも征するあの黄金のスプーン対決是非に決着つけて欲しいわな
そんな駅長実はなんてったってアイ〇ル♪
駅長団扇駅長Tシャツ駅長ポスター駅長…………………どんだけ~いかほど~
これもこれだけふったら決着つけんワケにはいかんだろ~

今年も終わりそ~なんで旬をてんこ盛りにしてみた=ぶいぶい

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie携帯投稿

2007’12.16・Sun

諦めた…

ここ3日間くらい…毎晩のように書き込んでます。
なのになぜUPされていないか???

それは簡単な理由…

やっとこさ書き上げて記事を保存する。
結果=画面真っ白でログイン画面に戻る
当然書き込んだ筈の文字は消えている。

=UP出来たようでブログ画面になる。
しかし確認すると記事は消えている。

この数日この繰り返しでした。
本当は先日手元に届いたドラマCDのことについて感想などUPしたかったのですが…
打ち込むのに疲れました。

何度やっても消えるから…
どうやら…なんかの祟りのようです。

最近萌え不足の上にこれ以上疲れさせないでよ~

次回、出直します。

                                               (ポンチ)

…で、これも消えたらどうしよう??
今回は諦めるか??

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日常雑記
Genre小説・文学 ThemeBL小説

2007’12.10・Mon

萌えなき日常・・・。

最近刺激がない・・・ポンチも記事にしてたけど萌えがないのかもな。
2つほど最近のことを。

・映画「ミッドナイトイーグル」
11月の末に暇を見て見に行きました。
原作の小説に興味があったんですが読まないうちに映画のほうが出来てしまい、こうなりゃ映画が先だ、と思っていったんです。
ここであらすじなど書きませんし詳しい語りはしませんが。
全体的な感想としては、ラスト近く大団円を迎えそうな雰囲気を一転・・・あら・・・とブラック?方向に行った事がなかなか予想を裏切って・・・空しい感じもする終わり方でした。
主役達は死んでしまうわけですが(それも志願死だな)、それがかえってよかったなあ・・・と。
大体映画化されると悲惨な所は美化されていく傾向なんですが、結構盛り込まれていたしこういう裏切られ方?な話のラストは「振り返れば奴がいる」以来感じた・・・。
なかなか後味悪い感覚が残り邦画としては私的に久々のヒットでしたね。

・タクミくんシリーズ
ごとうしのぶのBLのシリーズ。すんげ~久しぶりの新刊。ようやく「夏の残像」完結ということですが。
ギイがね・・・シリーズ当初からスンゲ~王子様振りでまさにファンタジーな攻めだったんですが最近タクミが彼を振り回す感じがよろしいですね。
この話私はカップル同士の恋愛事情よりも友人関係の繋がりが好きです。まあ勿論恋愛あってのお話でそこに絡む友情がいいんですけど。ああ見えて他人を放っておけないタクミとか、その親友片倉くん、またタクミに救われた形の受の子たちとその相手がこっそりタクミを見守ってたり手助けしてあげたり・・・そういうところが好きなんです。タクミの本質を徐々に理解してきている・・・それはギイのおかげ、と言う人もいるかもしれないと思うけど。それだけではないと思うよね、タクミはなかなか洞察力持ってると思うんだ。
真行寺もそういうタクミに心許してる感じで、この二人の先輩後輩関係一番好きですね。
で、タクミの周囲の人でといえば何故か佐智は好きになれない・・・変な私。彼はタクミを成長させてると思うんですが・・・。
そんなこんなで、ギイが佐智を優先させる場面はとても嫌な感じがする。今回もそれがあってタクミが嫉妬して、という場面が印象的でしたが。そのタクミの葛藤に気付いてないような行動?のギイがタクミを「鈍い」的扱いしたりすると、余計こいつムカ・・・とかしたりしてます。
でもどうやったって癒されるんだよねこのシリーズ。JUNEに連載されてる時からさあ・・・。
それにここまで来たら残る赤池もいつか・・・と思う妄想に駆られますが・・・。そこはやはり聖域で。
しかし・・・この話どういう結末が待ってるんだろうとか思うよ。
将来ギイとタクミは遠恋?なのかしらん・・・どこまで行っても高校3年、という感じではないでしょうから・・・。


くだらない日常の妄想つか感想とか・・・ちょこっと書いて見ました。
年末ですね~何やら気忙しいんですけどもそれがいけないんでしょうか。
ああ・・・なんかガツンと萌えが来ないかと期待しますが、ないねえ。
後今年はCharaの全プレを待つばかりです・・・・・・・。


(ぴかり)







トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日常雑記
Genre映画 Theme映画館で観た映画

2007’12.05・Wed

俺だけな話 電王18

41・42話:『大塚祭だ!ド・ドン!ドドン!!
秋だから収穫祭だよ×××が。。』
ハッスル・●ニ●観っって、ま~す。。。。ザ・エス●ランサーに××~~~(爆)

本編:ショックでデネブがキャンディ生み落としました(爆)
一瞬マジにデネブキャンディは体内で生産されてたのかと思いましたがな。。。
頑張って飴ちゃん配ったかいあり「激旨」の声に俺でなくても欲しい!はずだ!!ウヒ~!!!

今話の契約むすんだのは天下御免天晴無敵行け行けGOGOな女子校生
デネブin桜井侑斗に恋しちゃったのよ◇ヤヤヤンヤン♪
まぁ、こんな青臭い恋より、、デネブの深く深くそりゃ底なしの愛の結果巡り会った!だけでよ、、、侑斗を覚えてくれる人間なら「誰でもよかったんです!」●間風―――アンタの愛が歪んでみえる…俺だけ
尽くしきる愛も狂気を孕んでて(*´∇`*)いいよね★
プレゼントに頂いた腐れ本も流石長い付き合いあって変態度高く(≧ε≦)いいよね★
だって、だって、、其処に愛があるから、、、妄想があるから、、、、ン~~~~合体してして凸スイッチON
※説明しよう!俺ことぶいぶいはメガネっ娘でちょっぴりお茶目なドジッコのソバカスだってだってお気に入り♪の(白昼)夢みがちな妖精さんなのだ☆てへっ

コハナはやっぱり‘S’だな。。あっさり若がいない世界にいたデネブの行動バラしゃがった。。。絶対皆気をつかって黙ってたし~後のフォローもかなり空回り~~
アレからおデブに変なスイッチが入ったけど爆死したのを視たらどうなってだろか?ウキウキ♪

そんな焦りからか愛からか
デネブ勇み足の上、嘘つけな~い、、隠し事できな~い、、、結果は裏目~、、、、
で!
俺のハート◇ズキュンドキュン★だよ。狙い撃ちだよ。。レーザービ●ーン。。。≫≫≫≫返し★★★★★

「忘れられるのも辛いが忘れるのも辛い」
若ったら★★そりゃ今のデネブにゃトドメつーかアンタの為だからこんな暴挙にでたんだよ!
お母ちゃんで心配であり!パートナーとして不安であり!!慕う者として歪んでる!!!から、から、、
ヽ(´ー`)ノそんなデネブが好き★★★俺の愛もムーンサルト=ン~10点10点10点10点10点

必死の想いも、覚悟も、、決断も、、、想いを込めたマフラーも、、、、カード使ったら終わりなんだよゝゝゝゝゝ
覚悟決めろなんてデネブに云うたが、
ン・なもんとっっっくについてる!と…思うわけだ。
…………………………………………………………………………………………………………多分死ぬ(¬_¬)
コイツ死ぬ。侑斗の為に死ぬ。。
因みに紫竜もお姉ちゃんのせいで死ぬ。。。
青亀は赤鬼を庇って死ぬ。。。。
「嫌だな~先●そんな顔して…(吐血)
ア~なんか……釣るつもりで釣られちゃたな」(瀕死の青亀を抱上げただただ言葉が繋げない赤鬼に平気なふりして笑う青亀)
とか、なんとか、、臭い台詞はいて死ね。。。。。BMは冬ソ◆

で!

姫は今度こそ自分の無力に打ちひしがれるんぢゃ~~~~~~~~ヽ(´ー`)ノイヤン素敵★

もう誰かやってるネタぽいけど。。。

何気に旨そうだったタコのイマジン
きた!
触手一部INで無機質ではありますが操れます。。ええ設定や!!
赤鬼バイクやられてテメェも何気にセンス昭和な感有***伝染したのか元からか青亀も折角戦闘モードだったが、、そのリアクションは昭和臭いξ

オーナー何者?喰わせ者??達人者???
体育の時間に素敵な二の腕と圧倒的なバランス根性体力観た観ちゃたよ。
マジ超人だなぁ

コレぐらい元気でなくちゃ腐れはやれない。少し体力つくりをしなきゃ…動かずに。

ぶいぶい

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie携帯投稿

2007’12.03・Mon

不足気味…

う~ん最近はピッとくるものが無くて…ちょっとって言うか、かなり『萌え』不足気味です。
最近読んだ漫画や小説では満足するものが無くて…
「Vassalord.」  黒乃奈々絵 著
これ以来、私の胸にガツンと来るものがありません。

その中でも、ドラマCD「三千世界の鴉を殺し」5…が次点って感じかな?
CDレビューとして感想を言うなら…可もなく不可もなくの一言。
=申し訳ないけど…
普段…BLCDは巨匠の作品の中で大好きなものを購入している私にとって本編そのままのドラマCDに対しては声萌え以外の楽しみなどない訳で…。
=それ以上の期待もしていませんが…
なのになぜにこの作品のドラマCDを買い続けるのか?
それは購入時に付く小冊子が目的。
本編終了後の番外編小説…これが読みたいからです。

この作品、本編は随分時間が止まったまま…やっと番外編に出ていたエピソードに触れる場面に来たところって感じです。

そんな本編の中では、色っぽい話しも随分と遠ざかっていて…かなり寂しい私にとって、この番外編でのちょっと匂わすだけの「腐女子向け台詞展開」でもかなり満足してしまう。
それが今回は著者自信が「最近色っぽいシーンがないので…」と書いていた通りちょっと普段より濃い目、本編当初のような感じになっていました。
それだけでかなり満足…
ルシファとサラのちょっと前進した????濃い目の関係を楽しみました。

でもね、その所為で本編での展開をすごく期待する気持ちがさらに高まってしまいました。
番外編で今後の二人に何が起こるのか?それはもう分ってるんです。
その結果がどうなるのか?それも大体の事は分ってる。

なのに実際の細かい場面…
例えは事が起こった後のルシファの反応や言葉…気持ちの変化やそれをどう自覚するのか?
サラの反応や気持ち…ルシファの変化をどう受け止めるのか?
著者がその辺りをどう描いていくのか?それが気になって仕方がない。
期待する気持ちがドンドン高まっていく感じです。
でも、本編はそこまで書かれていない…でもその先は知っている…と言うこの状況がさらにもどかしさを持たせるんだよね~。

あぁ~堪んない!
本編は季刊誌だから私の期待する場面に進むのはまだまだ先のこと。
来年?それとも再来年にはその場面を読めるのかな??

まだまだ番外編で気持ちを納得させるしかないかな?(笑)

萌えが不足気味の今は特にこの飢餓感に似た状況がキツイわ~

これが出版社側の策に嵌った状態なんだね。
悔しいけど…ずっぽり嵌ってるわ!!

この飢餓感…一時的にでも忘れさせえてくれる『萌え』を年内にゲットできる事を望みます。
=無理かも…年内にもう一枚ドラマCDが届く予定なんだよね!6枚目が…(笑)


                             (ポンチ)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(CD)
Genre小説・文学 ThemeBL小説

半年振りの更新なんですって~!自分の馬鹿!

お待たせしたのでしょうか?
二周年記念小説・・・大放置中だった「夏休みⅣ」をUPしました。

タイトルが夏休みって・・・ガクリ。
もう冬休みが来るじゃん・・・。
こんなに期間が開いてしまうと今度は更新に勇気が要りました。今回少し長めになりました。
話的にはあと1回か2回ですから・・・今年中にどうにかしたい気もしてます・・・ガンバリマス。

で。次は・・・ちょっとお仕置きモード・・・?でしょうかね・・・ま~ちゃん??
加々美は??マークいっぱい頭に描いて去りましたが、二人の理解者になるっていう立場になって欲しいなあ・・・。


さて、いつもWEB拍手ありがとうございます。これからもマッタリ更新ですが何卒よろしくお願いいたします。

(ぴかり)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie電薔廃園更新記録

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。