--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2009’01.28・Wed

湯を持て!!

いやあ・・・すげぇ演出でございました。

何かってあれですよ。ウチの地方では見れない深夜アニメ。
ま、見ようと思えば見れるんですよね、どういう方法なのかってのはご想像にお任せして、皆さん間違いなく当てられると思いますが・・・ここには明確に書けない方法で見ました。

アレですよ「源氏物語千年紀Genji」の話です。
原作なんてものは中・高校と教科書でぽろ、ナナメに端折り読み的な感じで細かいところは覚えてないのもあって・・・結構新鮮に見ました。
1話はね、幼少時代中心。淡い恋心を引きずったまま成長した光サン。
わ~一途なんだけど、心は一途なんだけど。
体はね(はぁと)みたいな?序章でしたね。
それにメロドラマ調な雰囲気いいよ・・・イイ!昼のメロドラマより来るものがある。

んで2話になって今度はこっちに萌えた・・・。
何に?
頭×光よね。
まあ、ね。
その要素は原作からあったんだが・・・頭の中将ってば・・・ネタにされがちな登場シーンばかりで・・・いやはや、まいった。
まず馬のシーンね。
それからモテる人だったはずなんだが「やーいお前振られたけど光はうまいことやってるべ」みたいなからかわれ方が憐れだったし。また光の君がまだ藤壺を気にしてるくだりでも結構・・・。
いや、おもしろいわ・・・。頭→→→光な構図で光の君って天然ぽいしな~(なんとなく)気づかないだろうなどんな熱視線も、とか思えた。

色々他の人の意見を見てみると絵がね現代風ではないとか言われてるらしいけど、雅な世界観は十分でているし演出もさすが。出崎風の濃さと話の時代を考えるとあの絵はマッチしているのではないかと私は思います。(いかんせん美術の美しさとかが見きれない視聴方法なのでこれ以上絵についてのコメントは出来ませんけど・・・)

それにしても六条さんが光の君に惹かれて行く描写は凄かった・・・。火照った体の解消法。
「湯を持て!もっと!!」
怖いよ・・・。でもすんげ~伝わった。オトナな表現でしたな~。

そして。私注目の声の役者さんたちですが。
光の君・・・口説き文句の時の声・・・破壊力ハンパねぇ・・・。当初もっと低音でくるかと思ったんですが、いや~さすが。高貴な?落ち着いた音域の声でイイと思いました。女は声で惚れるらしいですがあの時代に御簾の外からあんな艶声で迫られたらどうだろうと考えてしまった・・・堕ちるよね・・・うん。
また頭の中将の杉田さんがあの低めのお声なのでね・・・二人のシーンはバランスが取れててよいですね~。女性キャストはベテラン勢の女性陣という印象なんですがしっとりとそして激しく、女性の嫉妬とかそういうのも滲み出る演技・・・いや引きずられてしまいました。

意外に(といってはなんですが)おもしろい展開です、原作を知っているので分かっているのですが次はどう来るのか、と思うと楽しみです。

公式でWEBラジオ(帝役の賢雄さんがパーソナリティ)もやってます。第一回のゲストが(未更新の次回も)櫻井さん&杉田さんでカオスな内容。おもしろかったわ~興味あったら聞いてみてくださいませ。

(ぴかり)


スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieアニメ・ゲーム
Genreアニメ・コミック Theme見たアニメの感想

2009’01.26・Mon

明けぬ夜 ②

                                                         ①はこちらから


「イクってか?」

 気配もなく現れたのは最初に影から出でた青年だ。
無造作に掴まれた髪が引き千切られた辺りで白濁した汁を飛ばしてしまった。
「ハッハッハッハッハー!!
残念だったな~俺でイって・ん?」 底意地悪のが彼の本性に違いない。
 楽しくてしかたない。そんな嘲りに羞恥心から面を上げれない。 「あーアイツはやめとけ
ソレ以上触って貰えね~ぞ?俺にしとけっ
なっ」 若い外見通りの軽いノリで誘いをかけているのにゾッとする程の冷たさに逃げれない。 「へぇ~痛いのがいいのか――」 コレか?無遠慮に指を閉じたままの扉を無理に割り入る。 「…ッ」 痛い。もしかしたら伸びてた爪が引っ掻いたかもしれない。チリチリした皮膚が引き連れる痛みと、只闇雲に動く指は痛いだけだ。 「なんだ?コレにはえらく反応してたのによっ」 苦痛で歪み無言で耐える顔が当たり前過ぎて、背中に大きく走ったみみず腫した後を指でなどる。 「ヒッ………やっ」 「フン!なるほど?」 明らかにキュッと絞まったソコに数回動かしただけで途端尖端がヌルヌル濡れてきた。 「ヘェ~痛いのがいいのは鞭だけです。ってか?」
大錬金術師様は随分なご趣味で。小馬鹿にした口調に言い返す事も出来ず叛けた顔に先程飛ばした体液を塗られた。 「ハッ!どうだ!?旨いか?」 まだ付いてる指を口に入れられ、謀らずも味わされる目に合う。 「フーグウウッウッ」 「噛まなかったな?ククッ――ご褒美だ」 只力任せの侵入だ。いきり起つソレが考えていたより太すぎだ。メリメリッと内側から引き裂かれ、何度も奥を突かれ脳天まで衝撃が連打する。 頭の内から叩かれて口から出てくるのが悲痛な喘ぎ声
違う――――誰かが遠くで泣いている。

「…て…やめて…やめて下さい…お赦しを…」 小さな声で赦しを請う。 泣けば余計打たれるのは早くに覚えた。
 鳶色の髪に蒼い眼、異様に色素の薄い肌が周りと違うから鬼っ子と物心付いた時から苛められ、少し大きくなってからは質の悪い親方に拾われ毎日の様に打たれた。
父親と名乗る者から金で買われた。殺されそうになり逃げ出した。逃げ込んだ村外れのあばら屋で、薬の調合をしていただけなのに何故か魔人と揶愉された、錬金術師に匿って貰えたがそれも銅銭一枚で役人に売られた。 抵抗する気持など最初に殺されていたから
父親に犯され、村人に犯され、役人に犯されても、何も思わない。何も痛くはない。――― 生きていない。 最初から生きていない。 私はまだ始まりの記憶のまま。
 痩せっぼっちで、ボロボロで。
星すら見えない真っ暗な夜、木の虚で、寒さに震えながら雨宿りをしている―――――ソレから先は私じゃない。
 私じゃない。

 こんな風に無理に侵入られた時は凄く疲れる。だったら心だけでも―――逃避が巧くなったのは何時からだろう。
 嫌な事があれば何時も夢だと思い込むことにしていた。………私じゃない…
か弱い少女と重なるのはあの時の眼が、眼が、眼が、
あまりにも印象的で忘れられないから……
深く闇に堕ちそうな程………深く
 だから…

「私じゃない……」

 小さく呟いた言葉に闇雲に動いてた腰がやっと止まった。
「正解!
オマエじゃない」
 「…えっ……?」 先ずは混ぜてしまえとばかりに内壁を何度も擦られ、かき回されて無理矢理何度も達されたから血と体液でグチャグチャだ。
ズルリ抜かれてももう、感覚がない。頭の中まで無茶苦茶な動きに麻痺したようだ。
 何を云っているのか分からない。そんな呆けたままでいると「この辺だな」と、背中に手がつぷりと痛みもなく沈んで何かを引き出された。
ソレだけでも怪異なのに、背中からドロリ出てきたのは半透明の膜に包まれたみずぼらしい少女だ。

「――ッ」 あの師匠の部屋に居た少女だ。 儀式で犠した少女。 あの雨の日に、誰も…生きている者が誰もいないはずだった―――雨の日に現れた少女。
 あぁこの少女こそ、雨宿りしていたあの日から明けぬ夜を歩いて来た少女ではないか!
今度は本当に息が出来ない。苦しい。
急に世界が狭まったようだ。ブクブクと足掻きたい手すら融けてなくなりそうな―――総てが融けそううな――――そんな喪失感
 時間の彼方に置いてきた真実がゆっくり眼を開けて此方を視ている。
 怖い。
怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。その暗い瞳で、視ていた。視ていた。視ていた。視ていた。
 彼方に置いてきた深淵の住人が灯の光に誘われて闇から抜け出そうとしている。

「オマエは影だ!
このガキが創った影だ!」 楽しいなと、笑い声がもはや違う次元から聴こえるようだ。

 寝起きの悪い幼子がやがて光を受けて、ユルユル動いた手が膜を破りまだ少し付いた血を拭う。
それはまるで羽化。卵から孵る小さな命のように、儚くあどけない仕草に惑わされそうな愛らしさに似つかわしくない痛々しく傷付いた、痩せた手が大の大人である自分に近付き優しく頭を撫でてくれる。
 あぁ…あの小さく狭いフラスコの中を思い出して私が融ける。
 もう…全部融けるから………繰り返し繰り返し、貌が出来ては又繰り返し。
そんなにかき回さないで欲しい。
フラスコに居た。私はフラスコに居た。
 世界は気泡で包まれていた。

「………辛かったの…
寒くて寂しくてひもじくて……みんな、みんな意地悪で………」
 泣いても許して貰えない。殴られても許して貰えない。
壊される。壊されていく。
 こんなの私じゃない。
 「アナタ――――アタシにならない?」
挙げるね。全部、全部挙げる。
ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。

 ごめんなさい。アタシ…
 私が私に謝る。
「いいんだよ……私…やっと
やっと雨があがった…………」
 躰を貪られ、心を貪られ、力を貪られきた。 常にひもじく常に暴力に怯え震えていた雨が止む。
 木の虚から顔を出し満天の星空が路を照らしてくれる。
影は木の虚に置いて行こう。フラスコに過去と影を置いて、さあ歩こう。この路の先に日が昇る。
 あの儀式は世界に殺され続けてきた二人の祈り。
 歩いて行く為の祈り。

 もう……思い出せない程……前の話だ。
アレから二人は別々の路を歩いて来たはずなのに…。過去は水底に置いてきたはずなのに…。どうかそんなにかき回さないで欲しい。折角沈んで綺麗になった水が澱むから―――水底に沈んだはずの私が私を視ている。

 「そう、…やっと…やっと歩けたの……
ありがとう」
バイバイと小さい手を降り、目の前で少女が瞬く間に大人に成長した。
程よく焼けた肌、鍛え抜かれた四肢、強い意き思を持った眼、気難しげな眉、ソレは、ソレは、その人は、

「大佐。大佐の背中は私が守ります。」 そう約束を交わした―――

「―――中尉!!」

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie明けぬ夜

2009’01.21・Wed

どうして?

今月は自分的に注目している本の発売がない・・・。
そういう月もあるでしょうが最近読みたい作家のは過去に出した新書→文庫化とか。
だ~か~ら・・・。
文庫化はいいが大体書き下ろしがついていて買うかどうかを店頭で悩むハメになって困る。だけど最後には「この商法には乗らん」と一人ツッコん出る自分がいたりします。
あと困るのは雑誌と本を買って全員サービス応募、っていうやつと、少女漫画系の雑誌にドラマCDが付録となるとき(これは声優と作品によるけど)。
ン年前には考えられなかった付録がつくし、メディアミックスっていう展開がね。
漫画や小説がドラマCDになると次はアニメになるかドラマになるのか?とか考えてしまうのね。
しかし近頃はオリジナルのアニメもドラマも少なすぎる。80年代によく似たロボットアニメが乱立していた頃の方がおもしろかった気がする。

ま、そんな回顧録はいいとして、最近読んだBL.
intermezzo 間奏曲 (幻冬舎ルチル文庫)

この作者がデビューする前にHPでも読んでいた作品。
愁堂れなさんの作品でまともに読んでいるのはこれだけです。
最近は妙に甘くなりすぎてしまった桐生×長瀬なのですが。HPで読んでたころ長瀬の流され受けっぷりに軽く引いたりしたこともあったなあ・・・。でも商業誌になってからはそう感じなくなった・・・・洗練されたからかどうなのか分かりませんが。作風も特に変わってないのにな~なんか不思議な感覚を得た作品です。
流され受けが主役なだけに、同僚の田中くんガンバレ!もっと横槍いけ~!と声援をいまだに送ってる。作品傾向的には三角関係になりそでならない・・・主人公ハーレムが好きだからなんですが、田中くんは海外赴任になってしまったからな~。でも一途に長瀬を遠い地から想っていてください。
今カップルの二人には何か大波乱的なエピソードがあればおもしろくなるとかまた鬼畜なことを考えつつ、田中くん帰国したら想いを大爆発!チャンスはきっとある!でどうか作者様お願いします。



ま、そんなこんなで来月。
吉原センセはどうして「陽だまりに吹く風」の方を先にを出すのよ。
二重螺旋お願いしたいよ、とここで叫んでおこうっと。

(ぴかり)



トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genre小説・文学 ThemeBL小説

2009’01.16・Fri

②について

チョリ~ッす
* ̄0 ̄)ノ病んでました。

もう覚えてない方もいらっしゃると思いますが
次回SS「明けぬ夜」流します。
②は①の続きだよ~(当たり前か)③で終る予定だよ。。。
因みに〈燻る焔〉やるよと(-_-#)何年も前に言って今更のタイトル変更&書き上りなワケ
ε=┏(; ̄▽ ̄)┛わ~~~前に鋼錬がアニメ化してから一年後ぐらいに書き出したから
随分な話ですわ
その数年の間に、、、、、携帯変わったし、、、、引越ししたし、、、入院したし、、入学したし、
ハァ~ン練った割に酷い出来だから読まないよ~に!!!!

コレはもうヽ(´ー`)ノ自己満と意地みたいなモン★

内容は…エ~と…
つまり、アレだ、、
大総統万歳、、、
な・ワケ
〇イが中心にみえるけど★俺的には大総統が主役ですから!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ちょこっとしか出てなくても!!
コミックの方も
( ̄~ ̄)ξちょこっとしか出てなかったけど………………………………………ヤハリ
カッコイイo(≧∇≦o)ギニャ~っっ渋い

《長くなるので略》

で・年内には③垂れ流そうかと(;^_^A
ハァハァハァハァハァハァ読まないに!!!!!

コレでちょいネタ仕込んで次々回ブログらしいネタ落ちてたら拾っときます。
=ぶいぶい

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie携帯投稿

2009’01.13・Tue

開放感!?

懸案事項の一つが今日スキッと終わりました~あ~良かった。打ち上げはまだか!という状況で嬉しい限りですな。


巷の話題、つか、政治の世界では渡辺さんが離党・・・いいんではないのかな?
アレほど真剣にやってきていた天下り問題を覆されてしまったら腹も立つと思うし、孤立してたんだろうね。いじめは政界でもあったらしいし・・・も~そんなことより国民生活考えろよ官僚も政治家も(怒)
国会もまともに機能してないんじゃ・・・あほらしいわ。
ま~そんなお腹立ちな感覚もここ数日頭を悩ましていたことからやっと解放され現実に戻った感じでふとつのったりしたのですが。朝はワイドショーなんぞを見て一人TVと会話していたりしたんですよ(笑)
そのあとは正月明けてから、日々の生活とPTAのことにかかりっきりで見ることが出来ず溜まっていたHDを今日一気に見たり・・・BL読んだり・・・久しぶりに充実感を得ました。
しかしOO最新話まで追いつかなかった、実は年末から溜まっていたから。う~ん日曜5時はリアルではなかなか見れん・・・ギアスは見てたがね(好きな声優がいたからだ、OOでもいるが2期になって兄貴にはいまいちまだ感情移入できぬ)でももう今日は色々見て見飽きた・・・。

そして気づく・・・色々バタバタしていてしばらくアニメ情報のチェックをしていなかったので・・・好きな声優さんのゲスト情報を一つ録画し忘れ見損ねていて(泣)雄たけびをあげていたわけです。
こんなときの週遅れ放送CS!頼む間に合ってくれ!
と願いつつ番組表を見てみると・・・ありがたやありがたや・・・間に合ってたぜ俺。
この木曜に放送があるそうで・・・それは何かというと#1以来見ていなかった「ゴルゴ13」なんですが・・・ね。
見た方に質問!#38のテロリストの話に出てたかしら?櫻井くん・・・・。
ドルアーガの2ndシーズン開始は忘れずに録画してたんですが、ゲストは注意していないとこういう目にあうね・・・とほほ。ノイタミナのGenjiが見られない地方ということが本当に悔やまれ・・・あ~悲しいね。しかしこの話題何回言ったか。余程悔しいらしい私。マ王も終わるしな・・・。

さて。
冥愛の鎖 (SHYノベルズ)冥愛の鎖 (SHYノベルズ)
(2008/12/11)
華藤 えれな

商品詳細を見る
を読みました。
この作者の本を買ったのは初めて。公安*SP・・・キャラの年齢設定もまあ高めな方でカプの(職業)設定も私の好物でしたのでふらりとレジに・・・。
実はこの作家には興味はあったのですが既出のシリーズは結構巻数が重なっていてとりあえず読みきりなモノを手にとってみたのですが。強い受サンでした、この作者はこういうのがお好みらしく・・・
いいですね(ニヤリ)。
SPな受は精神的には攻だし包容力があって大変好みでした。
攻もなんだか「お前を飼ってやる」とか言いつつ、ひどいことをしつつも、数年したら尻に敷かれている(いやもう敷かれている感じかも)、将来ベタあまタイプになりそうですがその自覚はきっとなく・・・という。だけどピリリとした関係のカポーでした。うん、良かったです。

そんなこんな今日でした。
さあ、明日はOOの最新話を見て世間に(←??)追いつかなくては。

(ぴかり)


トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日常雑記
Genre小説・文学 ThemeBL小説

2009’01.10・Sat

ゆる~くゆるく

皆様
あけましておめでとうございますm(__)m
本年もよろしくお願い致しますm(__)m

(●д●)今年も垂れ流すぜぃ(o≧∇≦)oなんせ鋼錬はじまるしな
な・んて
まだ!まだ!!G-00終わってないがなっっ
ツ~かどう?どう終わらせる気?
スッキリして鋼錬観たい。。。。。。

スッキリしたいと言えば
なんや、かや、、で・いまだ終わりを迎えてない漫画、、、
「ガ〇スの〇面」「王〇の〇章」等々
何かにつけて口に出るんだよ、、、、コレが!
確か…俺が××の頃にはもう数巻出てて…アニメ化とか、レコード化(時代や…)とか、(; ̄▽ ̄)┛…………アレから××年
「もういいでしょう」
って、俺、、黄〇門様かっっっ
でも、、、もう最終回みたい…

最終回みたいと言えば
数々のアニメ漫画を齢を重ねながら観てくとな(-_-;)…
あれ?あの話最後どうなった?
コッチのアニメとアッチのアニメがぐっちゃり、、、(?_?)忘れたり、、こんがらかったり、
ア~俺の最大の謎はかつてN〇Kでやってた人形劇「プ〇ンセス☆プリン×2」
( ̄▽ ̄)一部歌える…………それより最終回~!!プリン×2の故郷はどこや~!!!(ノ>д<)ノ

歌えると言えば
ぶっちゃけ今のアニソンより昔のアニソン
ぴかりさんが
「昔はオリジナル多かった…」
と・嘆いてましたが
(◎o◎)あ!そうか!!確かにそう!!!
話も歌もそのアニメの為に描かれ、、、、歌われてきたんだよ!!!!忘れてた★

でも( ̄▽ ̄)昔も今もアニメから離れられない!
俺の場合は特撮からも離れられない!!
後10年は100%確実だ!!!
年末たまたま伝説のイ〇が放映されてた!!!!
惜しい事に気付くのが遅くて話は正にクライマックス☆
ι(◎д◎)ノコレが!コレが!!伝説の〇野監督ジエノサイド!!!
そして魂の目覚め
「アレは強い子だ」

か~~~~~
俺イ〇観たの初めてデスネン
もう20年は確実にこの路にいますわ
息子が大人になってもオカン仮面〇イダー…………………………………( ̄▽ ̄)…………………孫と遊ぶか…

そんな俺今年もユル~く・頑張ります<m(__)m>ぶいぶい

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie携帯投稿

2009’01.06・Tue

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

昨年は皆様にとってどんな一年でしたか?
何かと世の中庶民にとっては浮き沈みの激しい一年でしたが…今年はもう少し落ち着いた一年になる事を望みます。

私にとっての昨年は…
波乱万丈…特に夏からの日々は怒涛の日々でした。
一言で言うと「疲れた~。」という一年でした。
そして今年は…
すでにどでかい嵐を迎え打つ事が決まっております。
=マジでここ数年分を一掃するような日々です。
昨年もこのブログも…拙い文章も…かなりブッチして我が友に迷惑をかけたんですが…
今年は…
全国皆休日を過ぎれば私は嵐を迎え撃つために行動開始となるために今年もおそらく同様の展開になるかと…(苦笑)
=申し訳ないです。

それはさておき…
貴腐人としての一年を振り返りますと定期的な『腐会』も行って結構満足のいく年だったと思います。
そんな私に『萌え』を提供してくれるネタ元で言えば…これぞ!という物にはちょっと出会えなかった一年でした。
暮れになって期待したものも…期待しすぎの反動か?不完全燃焼となりましたし…。

この新しい年にむけての期待は…
ピカさん同様…『巨匠、お願いですから…今年こそ新刊をお願いします。』って感じです。
私的にはやはり雅紀とナオとのインモラルラヴの続きも気になりますが…ガキ領の方も少々不足気味になってきましたのでお願いしたいところです。
他にもガツンと期待したい作家さんはいるのですが…
私好みのお素敵な攻めを幾人生み出してくれるでしょうか?
もろにストライクゾーン(=古いね)の攻めが私の心臓を鷲掴みにしてくれる事を期待して過ごしたいと思います。

皆様にとってこの一年が実りある素敵な一年でありますように…
本年もよろしくお願いします。


                                                (ポンチ)



                                  



トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日常雑記
Genreアニメ・コミック Theme腐女子の日記

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。