--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2009’03.31・Tue

貴腐人の読書

間が開いてしまってすみません~。

①徳間版「間の楔」
買うまいとか思っていたんですが・・・まあ、買っちまいました。
ちょっと旅行に行くので行程のお供と思って。
だからまだ読んではいませんが・・・(まあね、何度も読んでいるからね・・・JUNE本誌も読んだし上製本だって持ってるし・・・クリスタル文庫版だって持ってる・・・)ナカミについてはだいだい、ね?

間の楔 1 (キャラ文庫)間の楔 1 (キャラ文庫)
(2009/03/27)
吉原 理恵子

商品詳細を見る

しかし徳間から出しなおし・・・何があったんでしょうね~オトナの事情?
つか。
前にアニメ化になるって話題で記事書いたけど。その経過でこの出版社に移ってきたんでしょうよ。
メディアミックスっていうやつかい?
でもなんかねえ~。今更かな~と思うの。
色々な人が乗り気みたいだしアニメも原作者脚本だろうなという・・・勘はやっぱり当たっていて。
今こういう作品は旬なの?日本もこういうのが受け入れられたし某ロマンチカはDVD売り上げも好調みたいで海外でもすごい人気、間の楔も一番最初のアニメのヤツが海外で凄い支持を受けたって・・・
あ~まあいいけどね。

再アニメ化は別にいいんだ、OVAだし見たい人が見ればいいと思うから。でも何が悲しいって原作者が脚本書くってことで
「これで二重螺旋はあと何年か発行ないな」
っていう残念なお知らせをいただいてしまったということでしょうね。

さて、この本の帯に若干の違和感を感じてしまったのは私だけでしょうか。
「BL黎明期の古典的作品」ってか??
BL・・・BLね。黎明期って=JUNEって認識?ジャンルでいえばBLとは画して欲しいんですが。
(同じくJUNEに載っていた作品でもしBLの黎明といわれるものを選ぶならタクミくんシリーズでは?と思うんですな。間の楔はなあ~♂×♂はBLっていっちゃえばまあ何でもそうなるのかも知れんけどさ)
あの作品はJUNEというカテゴリーに入っています、私の中では。でもこういう帯がついたってことはそういう方向に?むかうんかな~。大幅の加筆修正でどうなるのか。
まずカット絵でBLチックになってしまっているところがまあ、残念。

つことで・・・まだ読んでもいないのにこんだけ書いてしまった・・・。また旅行中に読んで帰ってきたら語るかもしれませんが・・・うっとうしいと思うので・・・。

②漫画版「茅島氏の優雅な生活」 作画/麻々原絵里依 原作/遠野春日

原作が好きであればあるほど・・・COMIC化とか映像化とか・・・微妙な気持ちなったりします。
名前も語られなかった(と記憶している)攻さん・・・結構鬼畜系(つかツンデレ)でしたよね?
でもヴィジアル含め、リー●出版から出てた挿絵の方よりも好みだった、読んでみたら結構嵌っているな~と。庭師さんもクールワイルド系で茅島さんもシャープな感じの天然美人で・・・二人ともオトナな感じで良いじゃないですか。どことなく澄人さんは高貴な感じでした。そういや・・・二人ともツンデレ?
庭師が嵌っていく感じの流れも原作のイメージ。私としてはアリでした、これはアリ。
と思ったんですが・・・皆さんはどう感じましたか?

(ぴかり)



 






スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Theme腐女子の日記

2009’03.22・Sun

オッサンの作り方

ゲホッゲホッ
ガッガッ

( ̄ω ̄)オッサンはなんらかの音を出す。


で!オッサンの作り方


材料 ぶいぶい♀
特長 花粉症
に大量の花粉

状 涙目 咳 クシャミ 鼻づまり
冒頭に戻る
引きこもり
肩凝り 低周波マッサージ 痙攣
冒頭に戻る
オッサンの出来上がり

m(__)m

トラックバック(0) コメント(1) TOP
Categorie携帯投稿

なにやら家の用事でバタバタ・・・別に子どもが卒業とか入学とか関係ないのにバタバタしてる。
この時期は仕方ないのかな~。
でもようやく気候も春らしく暖かくなってきてほ。
冷え性が少しましになる~ってか?

さて、こんな毎日の中子どもにせがまれ行って来た。
「超劇場版ケロロ軍曹 激侵ドラゴンウォリアーズであります」
4本目のケロロ映画・・・今回は1作目から引っ張っていたキルルネタではないストーリーでした。

ネタばれがない方向で感想。
CM等でもう分かっていると思いますが今回はケロロ小隊の皆さんがドラゴンになります。
その過程はネタバレになるので置いとくとして・・・。
全体的にどうだったかというと、子どもに聞いた感想が一番しっくり来るとおもいますね。
「ケロロがかっこよかった」
・・・そう、そうなんですよね。
話の展開的にケロロ以外早くにドラゴンになってしまい・・・いつものテンションはないわけですよ。
確かにドラゴンになってもそこそこケロロたちはケロロなおもしろさなのですが私としては・・・ケロロ軍曹のハイテンションなギャグがいまいち・・・カラ回りしたんではないかと思うのです。
でもね、ケロロの映画のテーマがこれまでの分全部「友情」「絆」「仲間」という部分に重きを置いているのでその点では十分感動もあり話の流れとしては綺麗に纏っていたと思います。
ただやっぱりね・・・「3」ではガンダムネタがかなりあって親世代が高確率で反応する過去のアニメ作品のパロがあったのでよく笑えましたが、ギャグ的な部分ではこの映画は・・・でした。
それに「あ~これ何かのパロディだが思い出せない・・・!」というところも私なりにあり・・・残念。

それから、声優さんレベルで言えば。
冬樹役の川上さんが復活~これは嬉しかった。(今のTV版の法子さんも嫌いではないがやっぱり川上さんの声のほうが慣れてるからね・・・)
あとケロロキャストではクルルの子安さん、サブローの石田さんが目当てなんですがね。
やっぱりサブローは映画ではおいしいとこもってく・・・。
しっかし石田さんはうまいなあ・・・いろんな意味で(別作品のウラ話で「役が歩いているのはどんな道ですか・・・」とか聞いたらしい。ジャリ道かアスファルトか?とかで声の演技を変えるらしいんで・・・キャラの歩く道質で伝わる振動が変わってくる、だから勿論声も変わる・・・ということなんだろうけど)こういうエピソードを聞くと凄いプロ意識を持った人だと思うしできるんだ~ということが凄いのですが。勿論石田さんだけが↑ではないのでしょうけれども・・・やっぱり同業者の方からも「凄い役者」といわれているだけはあるのだろうと、思ったりでした。
で、この人の少年声はやはり色あせないというか・・・サブローの声質はとても好きなので特によかった気が・・・。
でも今回はそれよりも・・!
最後の最後に出てきたキャラのCV大谷育江さんが・・・さすが世界のピ●チュウ・・・可愛すぎです。
ヒロイン役で話を引っ張り頑張っていた奈々さんを最後の出番ほぼ一言で完っ璧凌駕・・・唸りましたわ・・・。

来年も映画はあるそうで。
またいくのでしょうがいつものドタバタでお願いしたいな~今回はどちらかというとしっとりでしたから。
その分、同時上映「ケロ0(ゼロ)」は・・・まあ、ケロロらしかったので満足ですが。
話のオチ、初代マクロス映画ネタ・・・どのぐらいの人が分かったのだろうと思いつつ。

さ、次のアニメ映画はエヴァ・・・こっちも石田さんに注目か?
・・・カヲル来い!

(ぴかり)





トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie映画・TV
Genreアニメ・コミック Themeケロロ軍曹

2009’03.10・Tue

スッキリ

アアッッ( ̄□ ̄;)!!気付けば一週間放置してた
すみません。。。ぶいぶいです。。



なんかこ~
黄砂が飛んだり、、、花粉が飛んだり、、PTAだったり、

スッキリ感がねぇ(´Д`)



な・中
貴腐人メンバー会合です。
三人集まればかしましい?かしましかったか??かしましいともさ!!!
人間〇十年たつとこんなもんだ
いや、、、、なんか学生時から変わらないような、、、更にパワーアップしたような、、話して、更に話て
「あっ時間…」


なんかずっと話したかった…
なんて気持は思春期のまま
永遠の17歳(爆)
体きっちり〇十歳(苦っ)
ランチだお茶だとはた見は優雅なマダ~ム☆
話の中身はモッチャリ萌系★

ソリャ時間足りませんともさ!!!


チコチコ小さい人が帰ってくる時間に解散
学年が上がる変化の春に
落ち着けるのはいつか会合はいつか
とりあえずエ〇ァだけは一緒に観ようと約束
なにはともあれヽ(´ー`)ノスッキリ




春には俺の運命の人”大総統”に出会える
いよいよ鋼錬スタートするよな
後はスッキリG‐00が終わってくれるのを祈るのみ
(-_-#)抜かさず観た感ではキビシ~な…



ずっと気になってた
仮面ライダーNEX
やっとレンタル
フ~V3がどう演じられたのか…
ソリャ、もう、、気になって、、、気になって、、、、
やっと観て納得
コリャイ↑×横△ワールドに軽くひっくり返りそうになりつつ
も!
観たからスッキリ☆
とりあえず★スッキリ



蟠りありつつも
大人なんで
( ̄ω ̄)スッキリした~~~~~~~~
…風呂入るべす

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie携帯投稿

フレブラ⑫です←何のこっちゃという人もいると思いますがFLESH&BLOOD⑫のことです。
歴史ファンタジーBLですよ!歴史公証大変だろうなあ・・・といつも読むと思うんですよね。
こういう本格的(?)な背景があるものは大変好みです。

さて。
⑪で海斗にまさかのフラグ・・・イメージとしては一昔前の病気なんですが今は難治性のものが結構な勢いですから皆さんもお気をつけて!・・・な結核?ほんとに?なところがあったんですよね~。
そうきたかい、話はそうきたか!
やっぱり罹ってたってたんですかい?
んで、予防接種はどうなってたん?とか読んでるうちにツッコんでいた。

余談になりますが今結核の予防接種(BCG)は生後6ヶ月までにすると自治体負担で出来ます。以前のようにツ反なんてして判定はしません(乳幼児は)。前はね、陰性とか陽性とか擬陽性とかありましてBCGの接種の有無を決めていた時期もあったんですが・・・。
最近の傾向として、以前は自治体が集団で接種をしていたんで接種時期になると葉書でお知らせとかいう形になって啓蒙もされていた分もあって否応なしに受けないと・・・なんてこともあったんですが、今は自分で時期をはかり個人で病院にいって接種を受けるという形になって、接種率がかなり下がってきていたりします。
また多剤耐性になってきて昔の3種の神器的な特効薬が効かない結核っていうものも・・・今の世の中でもこの病気ははびこっていますのでご注意を。
ちなみに子供の頃にする予防接種施行率はどれも結構下がっています・・・だから集団感染(麻疹とかの)とか将来もっと危惧しないといけないと思います・・・。
まあ、こんな話はいいのですが・・・自治体の予防接種業務に関わっていたのでこういうところが気になったりした今回のお話。

やっぱり帰国子女とか海外で長く過ごしているという設定なので色々違ってきてるんだろうなあ~海斗はさあ・・・なんて考えてしまった。
こういう細かいところに引っかかってしまった⑫巻なのでございますが。

ようやくジェフリーに会えてナイジェルも海斗を諦めねーぞ!な状態のハーレムになろうかという恋愛模様もこの病気のために「あれれ」な方向にいくんですな。
ジェフリーも体壊してる海斗に無体なことはしない紳士であると・・・思うし・・・寸止めかな色っぽいシーンは。しかし・・・海斗は死ぬ気でいるので何でも許しそうですよねジェフリーに。どうなるのかな~。
でも病気な部分が立ってきたのでこれは現代に帰る布石なんでしょうな。
現代で治してくる・・・ってな寸法なのか?と思うのです。

現代、といえばこの話で私が一番気にしているのは海斗の友人、和哉なのです。疑われたり海斗のことを必死で探し・・・孤独に戦っている彼を助けて欲しい・・・!
でも今回の話でなんとなく繋がりそうな二人が見えた!
時空は繋がるのかな?
んで和哉が何とか海斗を捕まえて、健康になって・・・色々な折り合いをつけて何とかしてジェフリーたちの時間に帰って来るんだろうけど~その時にたんまり薬を持ってくるのか?ビセンテのためにさ!(間に合うかどうか・・・ん?もう感染を想定してる私って)←これにはジェフリー嫉妬だよな。
とかとか妄想しています。

私なりに久しぶりに盛り上がった・・・フレブラでしたよ~。

(ぴかり)



トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Theme腐女子の日記

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。