--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

BLレビュー「監禁の甘い誘惑」愁堂れな/作 高座朗/画 プラチナ文庫

愁堂れなさんってリーマンモノなら、ってお方だと思う。
今回は、インテリやくざ×リーマンですね。

あらすじ
コピー機の販売営業の仕事をしている香西(受)は営業成績が悪くてリストラ寸前。そんな追い詰められている自分の話しを良く聞いてくれる美貌のバーテンのいるバーに嵌り、週に3回は通って愚痴り、聞いてもらえることに喜びを感じつつ日々平凡に暮らしていた。
しかしある日、店を訪れるとそこにはいかついチンピラ風の男がいて、バーテンの居所を吐けと強要されごたついているうちに、時々そのバーに客として来ていた見覚えのある男が現われる。その男はチンピラを撃退してくれるがその後いきなり香西を車に乗せ有無を言わせずに組事務所に連れて行かれる。そこで助けてくれた男が御堂(攻)という若頭と知り、またここでも美貌のバーテンの行方を聞かれ、知らないといえば仲間ではないのかと問われ、あの店が麻薬の取引場所であることを知らされる。よく通っていたことが仲間ととられバーテンに惚れているのでは?と誤解されたのだ。そして香西が男受けする容貌だと本人だけは気づいておらず、「ここを使うのははじめてか」といきなり御堂に押し倒されて奪われる。
抵抗もできず痛みと快感に喘ぎそのままわけもわからず手錠と足かせ首輪で監禁されてしまい逃げることもできないようになってそして御堂の巧みな指使いに男の矜持も体も陥落。
そして意外と自分を見る御堂の優しい瞳に困惑し、束縛の愉悦をに逆らえず徐々に自ら腕を伸ばすようになって・・・。


流され受けですね、そして傲慢攻めというパターン。何が何でも自分のものにするぜ、って攻め。こういうのってできちゃうと甘甘彼氏の嫉妬大魔王攻めになる・・・、うんそんな感じですね。
私あまり流されうけはイマイチなんですけどね。というか拘束モノをあまり買わないのになんとなく買ってしまった1品?
拘束ものってエロ率は高いよね、これも高かった。
H度高いですからそういうのを楽しみたい方はいいのかもしれません。

(ぴかり)
BLレビューに関しては今後ちょっと評価基準というか☆5つを満点に評価?する表示で表してみたいなあ?簡単にしちゃっていいものなのか悩みつつ。
全体的に、甘甘度、エロ度、といった4~5項目表示で・・・。
他のメンバーとも話し合ってみたいなあと思いますけど、どうかしら?皆でレビュー書くときの指標にするってのは?
(いやそういうレビューBLOGじゃないので、気負わないようにね。言ってみただけっす)
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(2) TOP
CategorieBLレビュー(小説)

Next |  Back

comments

縛!!!
あ~いいですね~読む分には甘いのがいいんですが辛口を目指したらむっちゃ行き詰まったわ。

ぶいぶい:2005/09/18(日) 22:37 | URL | [編集]

今回のプラチナ文庫はそれが気になっていた。だが…買えてないので読んでません。
愁堂さんは個人的に好きなので多分この内容なら…好きかも…。

BLのレビュー指標には賛成です。基準作る??
適当に…。

ポンチ:2005/09/19(月) 00:06 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。