--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2006’04.03・Mon

懐かしくもあり…

先日、子供と一緒に一年ぶりの映画「ドラえもん」を見てきました。
ご存知の通り今回の作品はリメイク版、それもあの記念すべき第一作となった作品のです。
リニューアルドラえもんの第一作としては無難なのか、冒険なのか微妙ですが…。
元々の前作自体の人気も完成度もいい作品としての評価のあるものを再演するわけですから…でも、新しいドラえもんをまた同じ作品から始めるって言うのもありかな!?って思ったりしました。
運よく、子供に大人気のカードゲームも恐竜はかなりの人気ですし…後押しをもらえたかしら?なんて冷めて考えたり…大人はいかんですね。

さて、作品ですが流石にOP恒例のび太の助けを求める「ドラえもん~」の叫び声で始まる事も無く、素直にOPが流れて本編スタート…テレビみたいって思ったりしました。
内容は大筋は変わりなくって、一部チョット追加していました。特にラスト前でのび太達が恐竜ハンター達に捕まりピンチになった時から後の展開が追加された場面が多かったですね。
キャラ的には…一番違ったのはやはりドラえもん。
今までのように積極的に助けるのではなく見守るって感じでしょうか?映像としても面白かったですよ。家族内では大うけでしたね。
あの…ドラえもんの「温かく見守ろう。ってどんな目だろう?」って言って色々と一人で百面相をしてくれました。いや~良かったよ、あの温かい目って到達した結果が…。
後はピンチの時ジャイアンが落ち着いたリーダでしたね。
シズカちゃんは今風リアル少女に近い感じでしょうか?
スネオは相変わらずですね。
そうそうこの作品の中で昔は近所に居そうだった雷オヤジ的なキャラ、のび太が穴掘る家の人ですが…随分変わってた。でも、そんな人居ないだろう的な感じですけどね。

話の内容としてはやはり子供向けとはいえ「ドラえもん」良い事言ってるし良い事を見せてる。その点では前作も同じですし内容も大きく変えた訳ではなので結果的には見た人の好き好きかな~と思います。
涙ウルっとさせるのは当然ですけどね。
ただ、映像は流行り時代には勝てません。今回のモノはかなり見せてくれる。映像としては面白い場面を多く見たように思います。
後は描き方かな?UPになった時にラインが太くて細い線を何本も繋げた様な書き方で…ソフトな印象を受けました。

子供との一日映画鑑賞…あっちコッチに付き合い、食べるのに付き合わされ大変疲れました。
次回はGWですかね?どうやらそろそろ兄弟で年齢差による好みの違いが出てきたようで…それぞれが違うものを見たがっています。
一人はコナン、一人はしんちゃん…さぁ~どっちのどう別れて付き合おうかね~正直言うと…

「息子達よ!次回の場合は母は『コナン』が見たいぞ!」

今から子供を丸め込んで…旦那をしんちゃんに付き合わせよう。
そうだ!そうだ!今回だって私は「ブロークバックマウンテン」が見たかったのだぞ。

と言う事で…春休みの映画報告でした。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(1) TOP
Categorie映画・TV
Genre映画 Themeのび太の恐竜2006

Next |  Back

comments

今でも覚えてる。最初のドラえもんの映画…あれは〇年生 アワアワ
やはり時代背景にはかないませんか…
次はオリジナルしてほしいですな。。

ぶいぶい:2006/04/04(火) 20:12 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。