--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2006’05.06・Sat

デスノ11感想

コミック派ですので、現在のジャンプ進行はどの辺まで進んでいるかは知りませんが、終わりが見えてきましたね・・・。


しかし・・・。
始まった当初は稚拙だけれども”キラの正義”が感じられたけど、今は傲慢な考えで保身ばかりに終始する、そんな感覚がある、顔も犯罪者じみて見えるけどネ~。
これも終盤に追い詰められているが故か?
いつの間にやら死神と対話する場面もなくなり・・・。
死神との絡みが結構面白かったのに、今やL対ニアの腹の探りあいが中心・・・態と魅上を泳がしてみたり、高田とミサミサを操ってみたり、キラは忙しく動いて、ニアは手足の捜査員を使い・・・。お互い追い詰めていると信じて進める作戦をすすめてきましたが。
私の本心的には、キラ勝利、が面白いだろうと。
でもそうなると強いものに撒かれていく、そんな今の日本とかを認めるような気がして癪。
と思うわけですが、青少年が読んでいるジャンプなので色々影響を考えると・・・。偏った正義感のキラが強い力で正義を貫く、ってのはまずいんでは?と思います。また、初代Lへの憧憬と復讐や初代Lへの対抗心、ニアの対キラの動機も・・・う~ん。
勝敗がどちらについてもなんとなく後味悪そうな、そんなラストを予想していますが・・・。
どうでしょうね。(ぴかり)
6月公開の映画、キラ役の藤原君はとてもイメージです・・・。予告編を見た限りでは楽しみな作品・・・ただ小説・漫画のアニメ化映像化は原作と比べてしまう・・・別作品として見れる眼が必要だといつも思うんだよね・・・。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie漫画・小説の感想

Next |  Back

comments

うっかり読んだよ先週号こーなるのは分かってたような別展開して欲しかった様な…
映画は楽しみ。。

ぶいぶい:2006/05/07(日) 12:57 | URL | [編集]

最後ね…大人は物足りないかも…でも、確かにライトを勝たせる訳にも美化する訳にもいけませんね。
しかし、あの状況は…ちょっとって感じですよ。
=ラストね!!

実写は藤原君だから見るかも…L役の人がよく知らないんで…彼だけを今は楽しみにしてる。
ライト役をして欲しいと思ってた人がやってくれるから嬉しいよ。

ポンチ:2006/05/08(月) 22:39 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。