--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

行ってきました。
簡単に感想を(ネタバレあり)

原作とは色々違う点多々ですが、面白かったというべきか予想よりはよく出来ていた。
というか。
藤原竜也演ずる「夜神 月」の黒さのパワーが原作よりも増していて…良かった、という印象ですかね。藤原くんが思い入れのある役だと言ったので気合も入っているんでしょう、歪んでいく正義感が良く表に出ていました。
だからか、Lがなあ。
原作に忠実な感じで飄々として不思議ちゃんなところを出したかったのかな?、イメージなんですなんですけれど。月が徐々に黒さを増していくのでもう少し押しの強い感じでもいいとか思いました。

そして問題のリュークですが。
CGの出来はいいでしょう、とても。CVの獅童はいいんだけど可も不可もないといった感じでした。

ミサミサも次にはでてくるぞ、という布石があって。お馬鹿にノートを使うだろうな、という感じの子が出ていてこれもなかなかに雰囲気でした。

お話は。
原作で言う2巻辺りの南空(元FBI女捜査官)と月の対峙が前編のラストになっているんですが、映画のオリキャラとしてでて来る月の恋人詩織がその南海に脅されて月をおびき寄せ、南空が逃げようとした詩織を誤って撃ってしまう、そして詩織は死ぬ。南空は自殺。

というシナリオ、これは月がデスノートに書いたものだったんですけれど。

(詩織はキラの裁きには否定的でして)彼女は今はキラに否定的だが自分がキラだと知ったら必ず認めてくれる、と信じていて。二人は相思相愛の知的な恋人同士と描かれていたのですが。
目的(キラとして自分)のために結局キラはノートに恋人の名前を書く・・・。

そのキラとしての冷静さ、それと本当の自分、月がキラだとを知らないうちに彼女を殺してしまったこと。それを考えると、結局知られるのが怖かった、このまま自分を愛している彼女でいて欲しかったという気持ちがあるような…そんな演技で引き込まれましたね。
そしてLに負けたくない、自分の野望のための傲慢な黒さが際立っていて見ていて小気味良い感じ。

そこへキラを突き止めるためなら自分の部下を死なせても構わない、ある意味キラと同じのLがやってきて・・・。

後編は「キラ対L」だぞ、という引きで彼らが出会い終了。

ラストは「誰も知らない」お話に。という予告がありましたので、さてどうなるかですけれど。
次のキラ対Lではさらにドキドキする感じの追い詰め合いがいいなあ、と思う次第にございます。
原作を知っているせいか今回は緊迫したドキドキ感が得られなかったかなあと思うので。(ぴかり)
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie映画・TV
Genre映画 ThemeDEATH NOTE

Next |  Back

comments

見に行けそうにないので…DVDを待ちます。
獅童が死神と聞いて楽しみだったのに…声だけだと個性が光りませんかね???
ライトは望み通りの藤原君なのでメッチャ嬉しい!よかったのね…やっぱり…見るのが楽しみです。

ポンチ:2006/07/09(日) 01:06 | URL | [編集]

さて、私にはどう感じるかしら?私もDVD待ちですな

ぶいぶい:2006/07/09(日) 18:20 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。