--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2007’07.06・Fri

風林火山の私的見方

週末が近付きましたね。
いや~『風林火山』の放送がきますね。

私個人は昔のように大河にあまりのめり込めず…何となく興味があったら見るっていう感じで最近は見ています。
武田と上杉…川中島の決戦
今までに何度となく取り上げられた時代と人物。
今回は軍師の山本勘助が主役…彼を中心に戦乱の時代を描くようですが…。

はっきり言ってそんな難しい事はあまり深く考えない!(笑)

私的には、やはり出演者がその役にどうマッチしているのか?っていうのが一番の興味対象です。

武田信玄
年がばれそうですが…昔、石立鉄夫さんがTVドラマで演じた事があるのですが…その風貌と雰囲気がかなり信玄像に近くて気に入ってます。なのでちょっと感じが違うな~と思ってます。
台詞はやはり歌舞伎の方ですね、前回の大河でも中村橋之助さん同様で癖のある台詞回しですね。
ちょっと力みすぎ、溜めすぎって感じてしまう。
山本勘助
う~ん、舞台俳優さんだから…声の伸びと張りは抜群だと思いますが…TVでアソコまでって思う気持ちはあります。
今までの過去の作品で勘助に対する思い入れが無かったので…比べる対象はないんで…。内野さんの迫力ある勘助を楽しんでいます。
長尾影虎
ビジュアルでは文句なしって感じの存在感。影虎自体がストイックなイメージがかなり強くて無口、無表情ってのが私的に固まったイメージなので役的には面白いと思います。
以前の大河で柴田恭平さんが演じた時もストイックな感じが全面に出ていましたが今回もそんな感じかな?
まだそんなに台詞喋ってないからなんとも言えませんが…彼もかなり台詞は溜めるタイプですね。
影虎にガクトを起用したNHKに拍手を送りたい。(いったい誰の発案なのか?どういう意図なのかが気になる。)

メインに関しては今はこんな感じ…
ただ、私は自分でも思うけど…凄く細かく変な事が気になるタイプです。
そんな私がこの作品の中で一番気になっている事は…
 口元 
誰の?って言われたら…
ほぼ主要な役者さん皆…と答えます。

なぜ?って言われたら…
だって皆それぞれどこか崩れて見えるんだもん…と答えます。

信玄
顎がないのが気になる。髭を生やして視線を上に向くようにたのは正解。でも横からのショットではやはり…
なんか鼻から下が短いのと唇から下が狭いのがとても目に付く。
勘助
口角が…上がってるのか?下がってるのか?
映り方によってかなり違って見えるのが気になる。
影虎
画面向かって左の口角が気になる。なぜか下からの煽りが多くてさらに気になる。
由布姫
頬がポテッと口角にかかって口角がグッと入り込んで見えるのが気になる。
三条夫人
ギュッと唇を引き結ぶ事が多くて…上下の唇の厚さの違いなのかズレなのか…なんか気になる。

こんな感じで…他にも気になる人は居ますが…
凄く細かくてどうでもいい事でしょう?でもなぜか気になるんです。画面を見ると…目に入ると…そこだけがフッと目に入ってきて気になります。
別にどの役者さんも嫌いじゃないんだけど…(笑)
私はこんな変った見方をして毎週楽しんでおります。


                             (ポンチ)

スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie映画・TV
Genreテレビ・ラジオ Theme風林火山

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。