--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2007’10.21・Sun

何度見ても・・・

何回も見た、ということはないんですが見ると残念な
『機動戦士Zガンダム』の劇場版・・・新訳の方ですね。
今日、つか今Ⅱの「恋人たち」をCSでしていたので見ました。
色々思うことはあったが放送してると見てしまう・・・隙あらば"ガンダム祭り!”な自分・・・もう性だね。

さて、映画については絵の方の切り替わり(TV版と新訳書き下ろしの差)については見た方は「なんでぇ~」と十人が十人は(笑)唸ったと思うんですが、全部新しくしなかった、ということにも意味があるらしいので、(かなり残念だけど)置いといて。

50話を超える話を3本に、というのだから尺は足りないの分かってるけど、ファーストがよく纏まっていたからね、期待があったが・・・。
今日見たⅡの「恋人たち」含め・・・もうちっとどうにかならなかったのか、といつも思うわけ。(Ⅰはまだよかったからね)

映画でこのⅡ「恋人たち」を見たとき、フォウとカミーユのエピソードがね・・・なんつか省かれっぱなしの気がして辛かった。カミーユの意識の改革というか人間としての深みや人間関係の構築についてとかも、このフォウとの色々で変わったわけなのに、さらりと流した感じがあって、それがあまり描かれてないところがガク、なわけ。フォウの登場もTVではもう一回再会するのに映画版ではこのⅡの登場で終わりなところも・・・なんでぇ~だよ。
(詳しくは映画の感想へ 過去記事アリ→こちらに)
見た人は知ってると思うが、その他にも
・クワトロの演説はない
・2度目のカミーユの地球降下はないのでフォウは既に死亡?と言う扱いでなんだか忘れさられ気味
・↑同時にアムロの再登場もないのでカミーユとの接触もない。
という流れで行ってしまうのでなんだかキャラの心情に重みが出ない結果になったと思うんですよね。
あ~もうそれが残念でならない。

『恋人たち』というテーマでカミーユが主人公なんだから・・・フォウとのエピソードって重要だと信じていたのに、サラが重要なのかよっ!と思わせる目立ちっぷりのザビアノフ・・・。
つくづく残念つか分かりにくいよ。

ああそうそう。映画で思い切り失笑したクワトロ氏のレコアとのサングラスしたままのキスシーンは・・・始め見たときは「不誠実なヤツ」な感想だったが、今回見ると「嘘をつけない人が必死の虚勢」と哀れな気がしました・・・。やっぱかの人ってちっせぇ(ファンの方すんません、が私の彼に対する評価はこんなもんです)

とまあ・・・。
語らせると長いのでこの辺で。

(ぴかり)
余談ですがこれからのCS放送で楽しみにしているといえば・・・「シュヴァリエ」ですね~同志の方いますかね~。
スポンサーサイト

トラックバック(1) コメント(0) TOP
Categorieアニメ・ゲーム
Genreアニメ・コミック Theme機動戦士ガンダムシリーズ

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL

Zガンダム劇場予告


ゼータガンダム劇場版予告。ゼータガンダムめっちゃ好き!!連ジやるまでは普通のガンダムとはフォルムが違うのがなぜか気に入りませんでしたが、カミーユの名台詞の数々と、連ジでの強さで一気に好きになりました(^^)新訳Zガンダムどうなんでしょう?賛否両論ですね・・・

2007/11/22(木) 19:56:18 | ガンダムっぽい


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。