--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2008’03.06・Thu

D灰14巻

アニメから入った漫画は読んでいるとどうしても脳内で「声」がついてしまっていけません。
特に神的キャスティングの場合には・・・。

D灰はキャスト豪華だし皆さん演技派でばっちりあってるし、脳内変換しつつ今回も読みました・・・特に千年伯爵のインパクトって鮮明だから。滝口御大・・・脳内でばっちりアノ声になります。活躍されるほどにディープに再生されてしまうので出番の多い所は特にアニメになるのが待ち遠しかったりしますね。

そんなこんなでコミックス派の私、14巻を読みました。

江戸に至るまでの話も箱舟の話も何気に痛かったのですが、「奏者」の謎を抱えたまままた新しいステージで更なる悲劇の幕開け・・・といった感じの話で・・・ほんと大変だな皆。
いつまでも痛いや・・・。

ですが一度皆教団に帰ってきたので、その時のホーム的なほんわかさが・・・今回はよかった。
過去がまだよく見えない神田とリナリーが幼い頃から教団にいたことや、ティエドール元帥のおやじっぷり、教団の暗部も見え隠れしてきてキャラの関係性がもっと親密に見えてきたので話に深みが出た気がしました。

で、私的萌えキャラはアレンの師匠クロスなんですが。
女好きで酒豪であの傲岸不遜ぶりな大物度が・・・想像通りキタ~。
あの師匠の下で何年か一緒に暮らしていたアレンが黒くなるのもあたり前・・・。
師弟コンビ・・・ツボった。
珍道中つか破天荒だったろう旅、過去編が読みたいぐらいだって!

その弟子のアレンでさえ何考えてるか分からない師匠・・・敵に回したくないキャラだわ。監察に来てる人もやなオッサンだが、ああいう人が身近にいると確かに疑いたくもなるだろう気も分からないではないね。

収録のラスト・・・攻め入られてしまった教団、戦える人が少ない状態なのに・・・。
ラビも神田もイノセンス粉々だよ・・・クロウリーは寝てるし・・・リナリーのイノセンスは休息(というのかな)中だしな。まあ元帥がいるけどね。
んで、展開的にはどう転んでもリナリーは寄生型のイノセンス適合者になるんだろうし・・・そうか寄生型は寿命を削っちゃうのか。
アレン~クロウリー~も寄生型~悲しいなあ。フラグが確実にたってるよね・・・。ま、エクソシストは皆そうだけどもさ。

何にしても先が見えないと思う展開だから今一番続きが早く読みたい漫画なのです。
ですがまとめてじっくり読みたいから、ジャンプで読むのはなるべく自重・自重。
早く次の発売月(6月)になって~!

(ぴかり)







神的キャスティングといえば。
ジャンプ繋がりで銀魂もそう思います。(ワンピもそうだけど(リボーンやアイシールドは分からん、見てない)ああ、ネウロもか・・・ジャンプのアニメ化作品はどれも結構・・・やるなあ)
銀さんに杉田くんを配したのは素晴らしいね、新八もはまり役だが。
特にちょいキャラでの豪華声優の無駄使いっぷりが好きです、銀魂。今日はオッキーが・・・(笑)


スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie漫画・小説の感想
Genreアニメ・コミック ThemeD.Gray-man

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。