--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2005’10.12・Wed

トグサ

トグサが誰かというと攻殻機動隊です。士郎正宗。
先日アニメシリーズのスタンドアローンコンプレックスの9巻を借りました。
1、2巻からいきなり9ですが、この手の一話完結物は大筋わかるので楽。
でもトグサが撃たれて、10へ続くとなりましたが…。

この作品は主人公の草薙素子に惚れて
(曰く『俺たちのキンタマはあのメスゴリラに握られてる』と形容される女)
ほも萌えはなかったんですが、こういう見方もあるよ、と
やおい因数分解の方程式をネット上で見まして、
それ以来トグサがかわいくてしょうがありません。

妻子持ちでもっさりしたセミロング。特殊組織に身を置くが
元はただの警察から転属(栄転? 降格?)になった、フツーの人。
電脳ではあるが、素子やバトーのように義体(サイボーグ)ではありません。
撃たれたら大概イタイ。死にやすい。
非情になりきれず、また銃器のTPOが洗練されていないので
素子から半人前扱いされていたときもありました。
その甘さがらしくて、このシリーズの唯一のお花ちゃん(笑)です。
ナイスバディで超美人でも、素子は攻ですから! しょせん造り物だしなー

自分で不思議なのがバトーというガチムチ男になぜ萌えないかということ。
映画イノセントの主人公格ですね。(トグサとダブルで出てましたが)
彼はいじくりたくないです。正体が90歳のジジイとも知らず
ネットのバーチャルリアリティで知り合った美女に惚れ込む、素直さが好きです。
飄々と軽妙で、過去はあっても暗さがないのが付け込めない原因かな。
仕事は仕事と割り切る、有能な素子の良き相棒であって欲しい。

引き換え、トグサはどこかうじうじ悩む部分があり、
仕事にも情入れまくりで、撃たれたり取り逃したりします。
…バトー×トグサが主流派のようですが、眼帯した狙撃手のサイトーとその敵とか、
パズという一見ヤクザ風の細身の男も、細かい部分で見逃せないでしょう。

これ13巻まであって、セカンドギグも13巻まであります。
やっとのことでキンゲ9本を見終わるというのに、いつまでかかるやら…。


私信。ぶいへ。ヘルシングの漫画バージョンOAVが出るね。
今度は平野ワールドを忠実に再現するそうです。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(1) TOP
Categorieアニメ・ゲーム
Genreアニメ・コミック Theme腐女子の日記

Next |  Back

comments

おおっマジっすか!声どーすんだろ?悪役あたりで千葉さん希望(笑)

ぶいぶい:2005/10/14(金) 07:33 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。