--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2009’01.26・Mon

明けぬ夜 ②

                                                         ①はこちらから


「イクってか?」

 気配もなく現れたのは最初に影から出でた青年だ。
無造作に掴まれた髪が引き千切られた辺りで白濁した汁を飛ばしてしまった。
「ハッハッハッハッハー!!
残念だったな~俺でイって・ん?」 底意地悪のが彼の本性に違いない。
 楽しくてしかたない。そんな嘲りに羞恥心から面を上げれない。 「あーアイツはやめとけ
ソレ以上触って貰えね~ぞ?俺にしとけっ
なっ」 若い外見通りの軽いノリで誘いをかけているのにゾッとする程の冷たさに逃げれない。 「へぇ~痛いのがいいのか――」 コレか?無遠慮に指を閉じたままの扉を無理に割り入る。 「…ッ」 痛い。もしかしたら伸びてた爪が引っ掻いたかもしれない。チリチリした皮膚が引き連れる痛みと、只闇雲に動く指は痛いだけだ。 「なんだ?コレにはえらく反応してたのによっ」 苦痛で歪み無言で耐える顔が当たり前過ぎて、背中に大きく走ったみみず腫した後を指でなどる。 「ヒッ………やっ」 「フン!なるほど?」 明らかにキュッと絞まったソコに数回動かしただけで途端尖端がヌルヌル濡れてきた。 「ヘェ~痛いのがいいのは鞭だけです。ってか?」
大錬金術師様は随分なご趣味で。小馬鹿にした口調に言い返す事も出来ず叛けた顔に先程飛ばした体液を塗られた。 「ハッ!どうだ!?旨いか?」 まだ付いてる指を口に入れられ、謀らずも味わされる目に合う。 「フーグウウッウッ」 「噛まなかったな?ククッ――ご褒美だ」 只力任せの侵入だ。いきり起つソレが考えていたより太すぎだ。メリメリッと内側から引き裂かれ、何度も奥を突かれ脳天まで衝撃が連打する。 頭の内から叩かれて口から出てくるのが悲痛な喘ぎ声
違う――――誰かが遠くで泣いている。

「…て…やめて…やめて下さい…お赦しを…」 小さな声で赦しを請う。 泣けば余計打たれるのは早くに覚えた。
 鳶色の髪に蒼い眼、異様に色素の薄い肌が周りと違うから鬼っ子と物心付いた時から苛められ、少し大きくなってからは質の悪い親方に拾われ毎日の様に打たれた。
父親と名乗る者から金で買われた。殺されそうになり逃げ出した。逃げ込んだ村外れのあばら屋で、薬の調合をしていただけなのに何故か魔人と揶愉された、錬金術師に匿って貰えたがそれも銅銭一枚で役人に売られた。 抵抗する気持など最初に殺されていたから
父親に犯され、村人に犯され、役人に犯されても、何も思わない。何も痛くはない。――― 生きていない。 最初から生きていない。 私はまだ始まりの記憶のまま。
 痩せっぼっちで、ボロボロで。
星すら見えない真っ暗な夜、木の虚で、寒さに震えながら雨宿りをしている―――――ソレから先は私じゃない。
 私じゃない。

 こんな風に無理に侵入られた時は凄く疲れる。だったら心だけでも―――逃避が巧くなったのは何時からだろう。
 嫌な事があれば何時も夢だと思い込むことにしていた。………私じゃない…
か弱い少女と重なるのはあの時の眼が、眼が、眼が、
あまりにも印象的で忘れられないから……
深く闇に堕ちそうな程………深く
 だから…

「私じゃない……」

 小さく呟いた言葉に闇雲に動いてた腰がやっと止まった。
「正解!
オマエじゃない」
 「…えっ……?」 先ずは混ぜてしまえとばかりに内壁を何度も擦られ、かき回されて無理矢理何度も達されたから血と体液でグチャグチャだ。
ズルリ抜かれてももう、感覚がない。頭の中まで無茶苦茶な動きに麻痺したようだ。
 何を云っているのか分からない。そんな呆けたままでいると「この辺だな」と、背中に手がつぷりと痛みもなく沈んで何かを引き出された。
ソレだけでも怪異なのに、背中からドロリ出てきたのは半透明の膜に包まれたみずぼらしい少女だ。

「――ッ」 あの師匠の部屋に居た少女だ。 儀式で犠した少女。 あの雨の日に、誰も…生きている者が誰もいないはずだった―――雨の日に現れた少女。
 あぁこの少女こそ、雨宿りしていたあの日から明けぬ夜を歩いて来た少女ではないか!
今度は本当に息が出来ない。苦しい。
急に世界が狭まったようだ。ブクブクと足掻きたい手すら融けてなくなりそうな―――総てが融けそううな――――そんな喪失感
 時間の彼方に置いてきた真実がゆっくり眼を開けて此方を視ている。
 怖い。
怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。その暗い瞳で、視ていた。視ていた。視ていた。視ていた。
 彼方に置いてきた深淵の住人が灯の光に誘われて闇から抜け出そうとしている。

「オマエは影だ!
このガキが創った影だ!」 楽しいなと、笑い声がもはや違う次元から聴こえるようだ。

 寝起きの悪い幼子がやがて光を受けて、ユルユル動いた手が膜を破りまだ少し付いた血を拭う。
それはまるで羽化。卵から孵る小さな命のように、儚くあどけない仕草に惑わされそうな愛らしさに似つかわしくない痛々しく傷付いた、痩せた手が大の大人である自分に近付き優しく頭を撫でてくれる。
 あぁ…あの小さく狭いフラスコの中を思い出して私が融ける。
 もう…全部融けるから………繰り返し繰り返し、貌が出来ては又繰り返し。
そんなにかき回さないで欲しい。
フラスコに居た。私はフラスコに居た。
 世界は気泡で包まれていた。

「………辛かったの…
寒くて寂しくてひもじくて……みんな、みんな意地悪で………」
 泣いても許して貰えない。殴られても許して貰えない。
壊される。壊されていく。
 こんなの私じゃない。
 「アナタ――――アタシにならない?」
挙げるね。全部、全部挙げる。
ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。

 ごめんなさい。アタシ…
 私が私に謝る。
「いいんだよ……私…やっと
やっと雨があがった…………」
 躰を貪られ、心を貪られ、力を貪られきた。 常にひもじく常に暴力に怯え震えていた雨が止む。
 木の虚から顔を出し満天の星空が路を照らしてくれる。
影は木の虚に置いて行こう。フラスコに過去と影を置いて、さあ歩こう。この路の先に日が昇る。
 あの儀式は世界に殺され続けてきた二人の祈り。
 歩いて行く為の祈り。

 もう……思い出せない程……前の話だ。
アレから二人は別々の路を歩いて来たはずなのに…。過去は水底に置いてきたはずなのに…。どうかそんなにかき回さないで欲しい。折角沈んで綺麗になった水が澱むから―――水底に沈んだはずの私が私を視ている。

 「そう、…やっと…やっと歩けたの……
ありがとう」
バイバイと小さい手を降り、目の前で少女が瞬く間に大人に成長した。
程よく焼けた肌、鍛え抜かれた四肢、強い意き思を持った眼、気難しげな眉、ソレは、ソレは、その人は、

「大佐。大佐の背中は私が守ります。」 そう約束を交わした―――

「―――中尉!!」
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie明けぬ夜

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。