--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

すっかり週一BLOGになってしまって申し訳ないです・・・。
日常ネタばかりを書いていいものか・・・とか思ったりするとネタがね・・・。

でもその日常でちょっとした変化。
goodな情報をリアルにいただけて、私は幸せ者です。
これも拙い二次創作を続けているからこそなのでしょうか・・・。

HPの拍手で、メールフォームで、「二重螺旋」の4巻発売情報をくれたぽにゃこん様をはじめ皆々様がた、本当にありがとうございました。
こんな形で反応があった事も含めちょっと驚きでした・・・皆さん(涙)ほんとにありがとうぅぅぅ!
続きを早く出して!とか作者には届かないだろうボヤキを書き続けたかいもあった!
んで、こりゃ、6月までに中途半端な連載を終わらせねえと!
とも思ったりしたのでした。

そうですか、二重螺旋出るんだ~じわじわと喜びがこみ上げ中。
どんな兄とどんなナオちゃんが・・・読めるんだろう。
今から期待度↑↑です。

さてそんな吉原さん原作な「幻惑の鼓動⑱」を読みました。
雑誌派ではないので初見だったわけですが、いよいよ過去の情念が深~く絡んでキレてきた淳くんです。
こわいなあ~どかん、とキタが最後。葉月やべぇ・・・喰われそう。
あと、どっか家族的な晃一塔谷葉月の言い合いシーンに和んでしまった私・・・兄弟っぽいというか小姑的な葉月が(←そんな可愛いものでもないけどなあの執着はよ~)・・・おもしれえ。
しかし岡島・・・ホント~におかあさんだ!
だがこんな日常が続くわけもない。淳があの通りだし、一族の存在価値なんて既に意味なし、と断ち切ってしまったところが塔谷にどう影響するか・・・。
話は佳境なんだな・・・多分・・・な。
過去を客観的に見れている晃一がどれだけ冷静にいられるかが鍵のような気もします。晃一からみる3人への想いの違い・・・土壇場でどうなるんでしょうか。全部を救済(という言葉を使うべきかどうか悩みますが)できるわけでもないので、そこは見所でしょうね。

ではまた(ぴかり)



ぽにゃこんさま(以下RESです)
ぽにゃこんさま、こちらこそはじめまして。
情報をありがとうございます。フレブラも楽しみですがやっぱり二重螺旋4巻・・・嬉しいです。
「相思喪曖」
想像するとなんだか切ないタイトルですね~おねえがやっぱり出てきて二人をかき混ぜ、ナオちゃんは罪の意識に苛まれ・・・でも兄のことは・・・だったり・・・。兄はナオ以外を切り捨てに掛かってまた・・・的な?なんでしょうかね(↑抽象的ですみません)
楽しみでなりません・・・鬼畜兄。けなげなナオちゃん・・・。
来月の発売までに自分の下手な話はとっとと終わらせ禊を済ませた感覚で待ちたいと思います。
本当にありがとうございました。
(ぴかり)





また、これまでに拍手画面等でコメントを送ってくださった方、ありがとうございます。RESが本当に溜まっていて・・・申し訳ない気持ちです。半年といわず溜まっている・・・ごめんなさいです。近日中に「夏休み」の連載を再開して遅ればせながらRESを付けさせていただこうと思っております。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie漫画・小説の感想
Genreアニメ・コミック Theme腐女子の日記

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。