--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

遅ればせながら感想を。
相思喪曖―二重螺旋〈4〉 (キャラ文庫)相思喪曖―二重螺旋〈4〉 (キャラ文庫)
(2009/06)
吉原 理恵子

商品詳細を見る


なんというか、全体的な感想としては次への布石が詰まった一冊だったなあということがまず上がるのですが、なんにしてもこの話に出てくる女性陣の無神経さが・・・痛かった。
痛いと感じるのは多分、女性としてこういう思考がわかるからなんでしょうとも。
姉ちゃんにしても、真山姉妹にしても・・・。
雅紀にしてみればもう視界外になって久しい人で意味のない人だし、切り捨てられてしまって、哀れだったなあ・・・とうとうラスボスは父か!という感じになってきたと思うのですが。
今後は父の逆襲がどう来るか。
感想というか、次巻の予想になりますが、次の話は生々しくえげつない・・・んでしょうね。
だってね、夫婦間のことって当事者しかわからんもんなんですよね。母は死んでしまったからあることないこと書き放題、何でもありで、事実が捻じ曲げられて雅紀を筆頭に兄弟のことがどう捏造されようと、母のことをどう貶めようとも・・・父の声は認められる・・・世間的にはね。
ま、しかし・・・。
普通に考えれば、その暴露本での攻撃相手は妻か雅紀かと想像できるんですが。
父の攻撃相手は尚人、に向くのではないかと私は思います・・・。
血の繋がりは確かであると思うので、尚人だけが腹が違うとかそういうことはないと思いますけど、これまで尚人は親戚関係にもあまり可愛がられていない設定。その辺りがここで生きてくるんでしょうかな?
もしそうなると父は、雅紀の地雷を思い切り踏む。
踏んだが最後・・・だな。
あ~雅紀がどんだけ鬼畜か、期待したい。

さて、その他の展望とか希望。
・裕太が、なんともたくましく復活してきましたなあ・・・。といっても尚人中心なところが(笑)だけど。世界はまだまだ狭いんですがこの子はパソコンで何をするんだろう、したいんだろう。何かのフラグに違いない。父の暴露本への逆襲の一歩??に使用か?

・番犬3人、いいわあ。ぜひこの3人+尚人で同じ大学に進んで欲しいのですが。
しかし尚人にあんなに甘くなるとは・・・桜坂・・・あなどれん。

・加々美はやっぱり独立→雅紀を誘うんでしょうかね?

にしても、尚人ハーレムだよね。いろんな意味で、うん。
そして兄弟の秘密は世間にはバレない方向でお願いしたいなあ・・・う~ん。
これからも困難がいっぱい、わ~わ~な1冊でした。

(ぴかり)




スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Themeボーイズラブ

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。