--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2005’11.16・Wed

貴腐人の読書

1周年記念で力の入った作品を書き上げた御三方…お疲れ様でした。
ポンチは…逃げました。=スイマセン。

さて、気持ちを新たに本日からまた新たな一年目指して頑張ろう!

今日は以前レビューを書いた作品の第2弾が出版されたのでご紹介したいと思います。

ルチル文庫 「不機嫌なエゴイスト」 高岡ミズミ 著

この作品は前回の「野蛮なロマンチスト」とシリーズ物になります。
(男三兄弟の恋愛がそれぞれの話として取り上げられます。)
今回の主人公は男3兄弟の次男=夏海(攻め)と夏海の親友の弟=洸(受け)の二人です。
(ちなみに前回の主役の片割れは長男でした。)

海が好きでサファーで…波に乗る事が一番好きだった夏海。
親友でライバルで…いつか二人で世界の海を制覇すると誓い合っていた友であり洸の兄=輝。
そんな彼にある日「好きだ」と告白され、それを拒否した自分…その後いつもの日常に戻れると思っていた。それが、その友人がその日…夜の海に出て亡くなってしまう。
自分が拒否したから…あの時、彼の手を取っていれば…そう思って悔やむ。いつの日かそれは彼を蝕んで…誰にも本気になれない…誰も求められないようになっていた。
彼を慕っていた洸さえも遠ざけてしまう程に…。

洸はそれでも求めていた。自分を見ないと分かっていても…他の大勢の人と同じにしか思ってくれないと知っていても好きで…好きで諦めきれなかった。

そんな二人の転機は…三男=朋春がサーフィンを始めたいと洸に指導を頼んだ事だった。

友人を失ってから海にも人にも背を向けるチョット臆病になった男と、そんな男を思って悩んで、泣いて…それでも求めてしまう初心な少年。
夏海は親友の死への贖罪のように洸を受け入れようとするも、その面影が親友と重なって…苦しむ。洸はそんな相手の気持ちに気付いて…自分から離れようと決意する。

そんな二人は…

その後はお読み下さい。なんせ出たばかりのものですし…読んだ方が胸に来ます。
ハッピーエンドは当然なんですが…痛く、切ないです。受けに感情移入する方には特に…。
でも、私のように攻め好き!鬼畜系好き!自分勝手な臆病者OK!な人には一読して頂きたいと思います。

次は、三男の番ですが…兄二人は攻め、彼はどうなるのでしょうか?
今までの2作品の出演場面から想像すると(受け)ッポイ感じですけど…。これで下克上ときたら…それはそれで楽しいかも…。
次回も期待してます。
なんなら、次男編番外でもいいです。その後の二人…きっと「好きだ」と次男が意識したら…結構怖いと思うんだけど…ネ。

                      (ポンチ)
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Themeボーイズラブ

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。