--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

ショコラティエの恋愛条件/水上ルイ 著/角川ルビー文庫

超有名ショコラティエ、一宮雅人が経営するカフェに甘い物好きな大学生葉平がそこでチョコを食べたことから始まった物語。
もう一度食べたい葉平だが周囲には、自分が子供に見られたくないからと甘いものは苦手だと言っており、また女性ばかりの集まるそのカフェになかなか行く勇気もない。だがある日葉平のバイト先に雅人が現れる。葉平は「あなたのチョコを直接買いたい」と申し出るが、その返事は「チョコレート一つにつきキス一回、勿論唇以外にも」の条件を出す。

さあて、水上ルイ先生の王道ですね。
出会ったその時からお互いがほぼ一目惚れの構図。今回もそうでした。
あり得ない!と思うんですがこれがまたいいんですよ…。戸惑いながらでも惹かれてる葉平は、代価だといわれたキスに嵌る羽目になり…最後は大甘ダーリン&姫カップルの出来上がり…。
攻は常にセレブな水上先生の攻め、これがまたファンタジーでいいんですけれど。
葉平は実家がカフェを営んでいてバリスタになりたいと願っていてその感覚のよさを雅人に認められ、雅人経営のカフェに移るんですが、そこで厳しいバリスタの師匠となる人に出会う。その師匠もやっぱりお相手がいて、とホ○ワールド繋がり…。ストーリーの中ではこの人と雅人がいい関係だと誤解し葉平は落ち込んだりもしますが、結局この一幕でゴールイン…もちっと派手なイベントが用意されていて結ばれると思っていたのでちょっと残念でしたが。この師匠が女王様受けのようで、多分次回はこの人のお話かな?との伏線。それに期待しておきます。

しかし庶民なのでおいしそうなチョコの配合だのカカオの生産地だの…今の流行チョコ専門カフェなどこんな田舎にはないので今ひとつそのうまさが書面上ではわからなかった…(涙)。
あ~美味いチョコ食べたいな。(ぴかり)
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Themeボーイズラブ

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。