--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

最近どんなBLを読んでも「これは・・・!」と刺さる感じのものもなく、なんとなく惰性で読んでる気がします。
「アーッ」なシーンばかり多くてもアレだし。どれだけ精神的に繋がっているか、という♂同士の話が読みたいわけで・・・なかなか自分の好みと合致するものに出会えなかったりするんで、アレコレ物色してるって言う可能性もありますが・・・なんだか最近は新しい作者さんのものを買ってみようかと言う冒険もしなくなりました。

あ~枯れてる?


そんな中GWは、移動が多かったりネット生活から少し離れるダンナの単身赴任先にいたりしたので、「何か読む本~」と書店をふらふらして崎谷はるひさんの小説を買ってみたりしました。
ルビー文庫刊「ブルーサウンド」シリーズだっけ?(本を引っ張り出して確かめようと思ったが・・・見つからない。たぶんベッドの下の萌え書庫的な空間のどこかにあるかな・・・)あのシリーズ以来この方の本を手にしたわけです・・・。

ルチル文庫、作者曰く「信号機シリーズ」。
それの最終巻。
ヒマワリのコトバ―チュウイ (幻冬舎ルチル文庫)ヒマワリのコトバ―チュウイ (幻冬舎ルチル文庫)
(2009/04/15)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る


このシリーズ3冊目出てるとは知らず、まずこれを一番に買って読んでしまったので、先に出てた2冊は後追いで購入、したわけですが・・・。
なんかね~これが濃厚な恋愛模様に感じたせいか、先に出てた2つはちょっと霞んでしまいました・・・。

「成りは大人」だけど「心は・・・」な受けのあーちゃん(昭生)がえらいネガティブなんですわ。
思春期に犯した攻めの一回の浮気がどうしても許せず、どんどん意固地になっていることさえも気づかず。けれども相手が自分の唯一だからこその裏返しな、憎しみに似た愛をこれまた意識できずに、感情をぶつけ、重ねてしまった10年。
受けが鬱陶しいといえばそこまでなのですが、複雑な環境で生きてきた彼の屈折した愛情表現、ツンデレのデレが殆どなしのツンツン・・・で幼い思考がまた・・・性悪。
惚れた弱みだったんでしょうか攻めさん。そのツン10年耐えた、成長して男っぷりをみるみる上げた弁護士になった攻めの心の広さは愛が故。
紆余曲折なエピソードはとても切なくて、淀んでいたりもして、暗い雰囲気で話は進むのですが最後はかなりデレ、だな。
内容が殆ど分からんレビューになってしまいましたが、私的に久しぶりにいいものを読んだ気がしています。

シリーズは全3冊で話はLINKしていますが、後の二つは受け子ちゃんが「ちゃん」的な年齢(私にとっては)貴腐人的には物足りない若さ。というか、初々しいのはとても素晴らしいことなのですが、なんというか、どこか「眩しい」恋愛でしたからね。
ウエッティさ??つか。オトナの不器用で偏った感じの心情がこもった恋愛、それがどこに嵌って刺さるんだなあ。
と感じた1冊でした。

(ぴかり)



トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Theme腐女子の日記

2009’03.31・Tue

貴腐人の読書

間が開いてしまってすみません~。

①徳間版「間の楔」
買うまいとか思っていたんですが・・・まあ、買っちまいました。
ちょっと旅行に行くので行程のお供と思って。
だからまだ読んではいませんが・・・(まあね、何度も読んでいるからね・・・JUNE本誌も読んだし上製本だって持ってるし・・・クリスタル文庫版だって持ってる・・・)ナカミについてはだいだい、ね?

間の楔 1 (キャラ文庫)間の楔 1 (キャラ文庫)
(2009/03/27)
吉原 理恵子

商品詳細を見る

しかし徳間から出しなおし・・・何があったんでしょうね~オトナの事情?
つか。
前にアニメ化になるって話題で記事書いたけど。その経過でこの出版社に移ってきたんでしょうよ。
メディアミックスっていうやつかい?
でもなんかねえ~。今更かな~と思うの。
色々な人が乗り気みたいだしアニメも原作者脚本だろうなという・・・勘はやっぱり当たっていて。
今こういう作品は旬なの?日本もこういうのが受け入れられたし某ロマンチカはDVD売り上げも好調みたいで海外でもすごい人気、間の楔も一番最初のアニメのヤツが海外で凄い支持を受けたって・・・
あ~まあいいけどね。

再アニメ化は別にいいんだ、OVAだし見たい人が見ればいいと思うから。でも何が悲しいって原作者が脚本書くってことで
「これで二重螺旋はあと何年か発行ないな」
っていう残念なお知らせをいただいてしまったということでしょうね。

さて、この本の帯に若干の違和感を感じてしまったのは私だけでしょうか。
「BL黎明期の古典的作品」ってか??
BL・・・BLね。黎明期って=JUNEって認識?ジャンルでいえばBLとは画して欲しいんですが。
(同じくJUNEに載っていた作品でもしBLの黎明といわれるものを選ぶならタクミくんシリーズでは?と思うんですな。間の楔はなあ~♂×♂はBLっていっちゃえばまあ何でもそうなるのかも知れんけどさ)
あの作品はJUNEというカテゴリーに入っています、私の中では。でもこういう帯がついたってことはそういう方向に?むかうんかな~。大幅の加筆修正でどうなるのか。
まずカット絵でBLチックになってしまっているところがまあ、残念。

つことで・・・まだ読んでもいないのにこんだけ書いてしまった・・・。また旅行中に読んで帰ってきたら語るかもしれませんが・・・うっとうしいと思うので・・・。

②漫画版「茅島氏の優雅な生活」 作画/麻々原絵里依 原作/遠野春日

原作が好きであればあるほど・・・COMIC化とか映像化とか・・・微妙な気持ちなったりします。
名前も語られなかった(と記憶している)攻さん・・・結構鬼畜系(つかツンデレ)でしたよね?
でもヴィジアル含め、リー●出版から出てた挿絵の方よりも好みだった、読んでみたら結構嵌っているな~と。庭師さんもクールワイルド系で茅島さんもシャープな感じの天然美人で・・・二人ともオトナな感じで良いじゃないですか。どことなく澄人さんは高貴な感じでした。そういや・・・二人ともツンデレ?
庭師が嵌っていく感じの流れも原作のイメージ。私としてはアリでした、これはアリ。
と思ったんですが・・・皆さんはどう感じましたか?

(ぴかり)



 






トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Theme腐女子の日記

フレブラ⑫です←何のこっちゃという人もいると思いますがFLESH&BLOOD⑫のことです。
歴史ファンタジーBLですよ!歴史公証大変だろうなあ・・・といつも読むと思うんですよね。
こういう本格的(?)な背景があるものは大変好みです。

さて。
⑪で海斗にまさかのフラグ・・・イメージとしては一昔前の病気なんですが今は難治性のものが結構な勢いですから皆さんもお気をつけて!・・・な結核?ほんとに?なところがあったんですよね~。
そうきたかい、話はそうきたか!
やっぱり罹ってたってたんですかい?
んで、予防接種はどうなってたん?とか読んでるうちにツッコんでいた。

余談になりますが今結核の予防接種(BCG)は生後6ヶ月までにすると自治体負担で出来ます。以前のようにツ反なんてして判定はしません(乳幼児は)。前はね、陰性とか陽性とか擬陽性とかありましてBCGの接種の有無を決めていた時期もあったんですが・・・。
最近の傾向として、以前は自治体が集団で接種をしていたんで接種時期になると葉書でお知らせとかいう形になって啓蒙もされていた分もあって否応なしに受けないと・・・なんてこともあったんですが、今は自分で時期をはかり個人で病院にいって接種を受けるという形になって、接種率がかなり下がってきていたりします。
また多剤耐性になってきて昔の3種の神器的な特効薬が効かない結核っていうものも・・・今の世の中でもこの病気ははびこっていますのでご注意を。
ちなみに子供の頃にする予防接種施行率はどれも結構下がっています・・・だから集団感染(麻疹とかの)とか将来もっと危惧しないといけないと思います・・・。
まあ、こんな話はいいのですが・・・自治体の予防接種業務に関わっていたのでこういうところが気になったりした今回のお話。

やっぱり帰国子女とか海外で長く過ごしているという設定なので色々違ってきてるんだろうなあ~海斗はさあ・・・なんて考えてしまった。
こういう細かいところに引っかかってしまった⑫巻なのでございますが。

ようやくジェフリーに会えてナイジェルも海斗を諦めねーぞ!な状態のハーレムになろうかという恋愛模様もこの病気のために「あれれ」な方向にいくんですな。
ジェフリーも体壊してる海斗に無体なことはしない紳士であると・・・思うし・・・寸止めかな色っぽいシーンは。しかし・・・海斗は死ぬ気でいるので何でも許しそうですよねジェフリーに。どうなるのかな~。
でも病気な部分が立ってきたのでこれは現代に帰る布石なんでしょうな。
現代で治してくる・・・ってな寸法なのか?と思うのです。

現代、といえばこの話で私が一番気にしているのは海斗の友人、和哉なのです。疑われたり海斗のことを必死で探し・・・孤独に戦っている彼を助けて欲しい・・・!
でも今回の話でなんとなく繋がりそうな二人が見えた!
時空は繋がるのかな?
んで和哉が何とか海斗を捕まえて、健康になって・・・色々な折り合いをつけて何とかしてジェフリーたちの時間に帰って来るんだろうけど~その時にたんまり薬を持ってくるのか?ビセンテのためにさ!(間に合うかどうか・・・ん?もう感染を想定してる私って)←これにはジェフリー嫉妬だよな。
とかとか妄想しています。

私なりに久しぶりに盛り上がった・・・フレブラでしたよ~。

(ぴかり)



トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Theme腐女子の日記

2009’02.07・Sat

貴腐人の読書。

先日久しぶりに本屋にいったりしたので・・・買って読んだ本の感想?でも。

①裏僕⑤巻
裏切りは僕の名前を知っている 第5巻 (あすかコミックスDX)裏切りは僕の名前を知っている 第5巻 (あすかコミックスDX)
(2009/01/26)
小田切 ほたる

商品詳細を見る


思い出した頃に出るので・・・いちいち前巻を読み直さないといけない本の一つですな。
といっても、年1回は出てるだろうかな。4年ぶりのガ●スの仮面よりは・・・(自粛)
ASUKAの方でも結構プッシュされてる?シリーズみたいですね。本誌の方はCDとか付いてるんでしょ?人気もあるのでしょうが・・・。
冬水社で描いていた頃の小田切さんも知ってるので・・・家族の話ね(知ってる人いるのかな?)角川から漫画が出たときはびっくりしたんですのよ(古い話)。こんなに売れっ子になるとはねw。
さて、話のコンセプトに「裏切り」ということがあるのでしょうから、奏多さんとかルカだけが裏切り者だったってことはないのかな。うん。
過去のことも分かってきたしこれから本格的な戦いなのかと思うのですが・・・。
というか、この話。
角川での連載だしドラマCD化もされて(豪華なキャストだよな・・・売れっ子声優ばっかりキャスティングされてるが)もっと話が進んだらアニメにでもするつもりなのかと勘ぐってしまふ。小田切さんの繊細な絵をアニメにすると某ヴァンパイア的な仕上がりになる・・・可能性もありそうな・・・ちょっと引くわ・・・。
ま、メディアミックスしやすい作品傾向ではあると思うけれども、と思いながら読んだりします。


②アーサーズ・ガーディアン 4冊目。
やっといいなあ・・・と思えるお話がUnit Vanillaで出てきたとか思ったのは秘密。
↑って言うとるがな。
追憶の獅子 アーサーズ・ガーディアン (SHYノベルス)追憶の獅子 アーサーズ・ガーディアン (SHYノベルス)
(2009/01/29)
Unit Vanilla

商品詳細を見る


著者あとがきにも「誰が書いたかは想像にお任せ」的なことが書いてありましたが確かにそう。
文面から想像して自分の好みの作家であることを願うばかりなのですが・・・。
さてお話の内容はいつものごとく詳しくは書きません、分かる人だけ・・・な内容ですみません。
シリーズ最終作ということでしたがこのガーディアンシリーズを通じていえるのはカップルの年齢層が割りに高かった(ですよね・・・)こと、これは良かったなあ・・・と思います。
今回はガーディアンの創設者の一人である日本人のお話でしたけれど、こういう受け子はとても大好きですね~。ツンデレまではいかない(と私は思いますが)突っ張っている素直になれないタイプで誘い受・・・最強じゃねぇか(私的に)
で、攻がヘタレ系か・・・こっちはちょっと苦手なのですがでもカップル的にはバランスが取れてるかな、うん。静かに熱く盛り上がっていった恋愛で純愛でした。



他に銀魂とかも買ったりしたが。
将軍様の話は・・・腹捩れたな。作者ほんとにいいセンスしている・・・もう色々凄すぎて語れない銀魂・・・。

今回はそんなところで(ぴかり)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genreアニメ・コミック Theme腐女子の日記

2009’01.21・Wed

どうして?

今月は自分的に注目している本の発売がない・・・。
そういう月もあるでしょうが最近読みたい作家のは過去に出した新書→文庫化とか。
だ~か~ら・・・。
文庫化はいいが大体書き下ろしがついていて買うかどうかを店頭で悩むハメになって困る。だけど最後には「この商法には乗らん」と一人ツッコん出る自分がいたりします。
あと困るのは雑誌と本を買って全員サービス応募、っていうやつと、少女漫画系の雑誌にドラマCDが付録となるとき(これは声優と作品によるけど)。
ン年前には考えられなかった付録がつくし、メディアミックスっていう展開がね。
漫画や小説がドラマCDになると次はアニメになるかドラマになるのか?とか考えてしまうのね。
しかし近頃はオリジナルのアニメもドラマも少なすぎる。80年代によく似たロボットアニメが乱立していた頃の方がおもしろかった気がする。

ま、そんな回顧録はいいとして、最近読んだBL.
intermezzo 間奏曲 (幻冬舎ルチル文庫)

この作者がデビューする前にHPでも読んでいた作品。
愁堂れなさんの作品でまともに読んでいるのはこれだけです。
最近は妙に甘くなりすぎてしまった桐生×長瀬なのですが。HPで読んでたころ長瀬の流され受けっぷりに軽く引いたりしたこともあったなあ・・・。でも商業誌になってからはそう感じなくなった・・・・洗練されたからかどうなのか分かりませんが。作風も特に変わってないのにな~なんか不思議な感覚を得た作品です。
流され受けが主役なだけに、同僚の田中くんガンバレ!もっと横槍いけ~!と声援をいまだに送ってる。作品傾向的には三角関係になりそでならない・・・主人公ハーレムが好きだからなんですが、田中くんは海外赴任になってしまったからな~。でも一途に長瀬を遠い地から想っていてください。
今カップルの二人には何か大波乱的なエピソードがあればおもしろくなるとかまた鬼畜なことを考えつつ、田中くん帰国したら想いを大爆発!チャンスはきっとある!でどうか作者様お願いします。



ま、そんなこんなで来月。
吉原センセはどうして「陽だまりに吹く風」の方を先にを出すのよ。
二重螺旋お願いしたいよ、とここで叫んでおこうっと。

(ぴかり)



トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieBLレビュー(小説)
Genre小説・文学 ThemeBL小説

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。